この所、ご時世的に出かける事も気軽に出来なくなったので、何か、自然を感じるという、華やかさを日常に取り入れたいと思って、花を買って飾るようになりました。


全く花を飾る方法とか、知識が無いのですが、とにかく『見た目が良い』感じを目指して、あーでもないこーでもないと、うんうん唸りながら花を飾る。


まるで、シチュエーションだけ与えられて、台本も無く始める即興芝居のような感覚だ。

「ここ、ちょっと長いかな…?」と思って茎を切って短くする。ピッタリハマって上手く行く時もあれば、短くしすぎて取り返しのつかない事に。切ってしまった以上、当然元に戻る事は無く、バランスが悪ければ場所を変える。そうすると他のバランスがおかしくなるので、今度は違う花の場所を変える…


有限の物をどうやって扱うか、結構な緊張感。


軽い気持ちで始めたが、これは相当奥が深い。


花の名前も覚えないとな…