京都に来たら必ずといって食べに行くラーメン。


『新福菜館・本店』である。


真っ黒なスープが特徴の、京都を代表する中華そばである。

見た目こそ黒いスープのインパクトのあるラーメンだが、濃いめの味かと思わせておいて、あっさりとしたしょうゆ味。ここに中太麺が見事に絡み合っている。

また、トッピングの九条ねぎの爽やかな風味が、味を引き立ててくれます。


そしてラーメンと共に、この店で一緒に注文したいのが、


この『やきめし』である。

新福菜館ではチャーハンの事をやきめしと呼んでいる。ご覧の通り、こちらも黒い。ラーメンのスープで炒めてるんじゃないのか?と思うくらい、見た目とは裏腹な優しい味。


小野大輔君がオススメされて行って以来、ハマって京都に来た時はほぼ行っている。最近は秋葉原とか、都内にもお店が出店しているそうなので、そっちも行ってみたいな(^_^)