私は相談が苦手だ。
愚痴はいくらでも言えるんだけど←


昨日、心臓が飛び出るような気持ちで、人に相談に乗ってほしいと助けを求めた。
相手は快く受け入れてくれて、さっそく今さっきまで、長く私を縛っていた事象について吐き出した。

頭の中の霧が少しずつ晴れて、縛っていたロープが解けていくような感覚だった。
なにもない素に戻るのが久しぶりすぎて、逆に戸惑いむず痒い。
でもこれが正解なんだと思えた。

昨日までの自分のある思考やある行動が、理解はできるけど、今同じことをしたいとは思わない。
理解はするけど、バッカだなぁ〜とも思うし、サイテーの人でなしとも思うし、よしよし頑張ったねとも思う。
同じことを、自分にだけでなく他人にも思う。

今の私には、もっと選びたいものがある。
本来の私には、もっと選びたいものがある。
同じような行き詰まりを感じている人たちにも、きっと。

明日が少しでも明るくなるように、ちょっとでも暗いところから抜け出せるように。
そう思って臨んだ相談。
気づけばもう明るかった。快晴!

さっきまでの自分よりも、今の自分は自分と他人に優しくなれる。
そうしたいと、身体が自然と動くのような感覚。

そして、昨年まで関わってくれた全ての人に感謝したいと思えた。
一人ひとり、誰一人として欠けず。
あの人のおかげで楽しかった。この人のおかげで心が動いた。その人のおかげで挑戦できた。
感謝や尊敬を述べた相手に感じたものは偽りがなかった。
どれだけ、お返しができているかはわからないけど。
今日改めて沢山の愛情を受け取れた気分だった。

貰ったものを、今日からまた出会う人たちに循環していけたら、とても嬉しい。

私は私が幸せになる事に妥協しない。
いつか幸せになるためではなく。
今幸せである事に妥協しない。
その積み重ねが、未来もきっと明るくする。

特攻しなかった特攻兵の話を思い出した。
命令に何回も逆らって、何回も生き残った特攻兵の話。
ちゃんと見なかったから、彼がなにを考えていたのかは知らない。
でも、彼が未来の事を考えて、命令に逆らっても罰せられるとか、家族に良くない事が起きるとか、もし考えてしまっていたら、同じ行動を取れなかったかもしれない。
今、生きていたい。
それの積み重ねだったんじゃないだろうか。

私もそれを選びたい。
平気なフリするのも、歪んで傷つけるのも、もうおしまいだ。

長く彷徨った代わりに、誰かの助けになるかもしれない経験を得た。
さいっっっきょうの武器だ。

気づかせてくれた人も、これまでを構築してくれた人も、さいっっっきょうの武器だ。

自分の人生が一段と面白くなった。
今度はそんな私で、お客さんの前に立つ。
どこまでも、面白くしたい。

うっわー!
あっという間に2017年も終わりますね。
そわそわしている、キノミキ主宰の会原です。

2017年は2月に開催した「かつてない音楽会」のみだったのですが、私が最高だと思うキャストと、沢山のお客さんに恵まれて、最初から最後まで笑顔溢れる公演になったと思います。

即興だからさ、本当に誰一人欠けてもできなかった空間なんだよ。
キャストも、スタッフも、お客さんも。
改めて、心から感謝ビックバンです。

そして私がキノミキを始めた理由。
①インプロを広めたい
②私が尊敬する人たち(キャスト)を伝えたい
以上の2点でした。

2月のキノミキで初めてインプロを観たというお客様と私が別に主宰した脚本公演で偶然再会した事がありました。
キノミキの時は確かお話できなかったのではないかと思うのですが、お客様の方から私に声かけて下さって、「またやって下さい!絶対観に行きます!」と。
あー、初見さんにもちゃんと届いたんだと嬉しくなりました。

また、2月キノミキで初めて観て以来、あるキャストさんのファンになったというお客様もいました。キャストさんの別の公演で再会し、そんなお話をして下さったお客様。そして、私が受付をした時に名前を発見した方も。
もーびっくりするのはね、本人がいない場所でも、キノミキ観たお客様やスタッフさんから、「あの人良かったよね!」「忘れられないね!」って話を聞くんです!
私の話題は出ないよ!キノミキの話題というか、個人の話題って感じの話し方だよ!!笑

なーんて、最高じゃないですか!
それだけキャスト一人ひとりが愛される公演になっていたのならこれ以上の幸福はない。

私は大好きな役者さん達のお陰で、観劇という楽しみや、こうやって企画を打ってお客様に出会う事もできていて。
役者達のお陰で、人生が豊か〜になっています。

でもさ、「最低限必要ではない=社会的価値がない」って言って、自ら蔑む役者さんチョイチョイいるんだよね。
私が素晴らしいと思うものを提供していても、沢山のお客様に囲まれていても。

私は、最低限しかない味気ない社会は嫌です。
公演から、役者さんから、お客様から、これまで貰ったものがもし無かったとしたら、とても日々がつまらない。
たしかに、代わりの手段は山ほどあるけど。

その中で自分が「面白い!」と自信を持って人に伝えられるもの。それが演劇であり、インプロだった。
他の役者さんもきっとそのはずだ。

複雑な事は置いといて、シンプルに「面白い!」を伝えていく。「笑顔」を作る。
そんな場所に「キノミキ」を育てていきたいと思います。
来年、実はとても規模が大きくなるので、どきまぎしています。詳細は来月にも!

そして、書類整理していたら、2月の公演で付けたキャストのキャッチコピーが…!
そういえばこの人気になってた!
なんて人がいたら今からでも情報見に行ってね!!
みんなツイッターとかもやってるよ。
素敵な時間プレゼントしてくれる人たちです。

みんなみんな、ありがとう!!!!
存在に感謝。

戸草内淳基(じゅんき)
舞台上で誰よりも遊び、誰よりも楽しむわんぱくオトナ。
次はどんなに世界に連れていってくれるのか、期待感が止まらない…!

忍翔(おしょう)
シーンにドラマを生む男。何度も思い出したくなるような興味深さを残し、観た者は即興であることを忘れる。

奈良翔伍(奈良ちゃん)
インプロライブ初参戦!今公演未知数No.1。やんちゃ関西人な彼の生み出すお話は…?その場にいる人たちだけのお楽しみッ!

齋藤雅樹(まさくん)
安定した演技となんとも愛くるしいキャラクター!台本のない世界で見つかる新たな魅力は…?きっと観ている人たちをニンマリさせてしまうことでしょう。

下平光咲(だいら)
マイナスイオンと若さを振りまく、ピュアな大学生インプロバイザー!目をキラキラ輝かせながらシーンを作る彼女から目が離せない…!

手塚優希(てづねぇ)
最近ぶっとび具合に磨きがかかる、見た目しっかり者お姉さん!活き活きと舞台上で動き回る彼女に、周りも楽しくなっちゃうことでしょう。

村田貴章(むらむー)
この人なしでインプロの音楽を語れるか!どんなジャンルもいけちゃう安定感と、溢れる遊び心と、ちらっと覗かせるドS心でおもてなし!




うっわー!
あっという間に2017年も終わりますね。
そわそわしている、キノミキ主宰の会原です。

2017年は2月に開催した「かつてない音楽会」のみだったのですが、私が最高だと思うキャストと、沢山のお客さんに恵まれて、最初から最後まで笑顔溢れる公演になったと思います。

即興だからさ、本当に誰一人欠けてもできなかった空間なんだよ。
キャストも、スタッフも、お客さんも。
改めて、心から感謝ビックバンです。

そして私がキノミキを始めた理由。
①インプロを広めたい
②私が尊敬する人たち(キャスト)を伝えたい
以上の2点でした。

2月のキノミキで初めてインプロを観たというお客様と私が別に主宰した脚本公演で偶然再会した事がありました。
キノミキの時は確かお話できなかったのではないかと思うのですが、お客様の方から私に声かけて下さって、「またやって下さい!絶対観に行きます!」と。
あー、初見さんにもちゃんと届いたんだと嬉しくなりました。

また、2月キノミキで初めて観て以来、あるキャストさんのファンになったというお客様もいました。キャストさんの別の公演で再会し、そんなお話をして下さったお客様。そして、私が受付をした時に名前を発見した方も。
もーびっくりするのはね、本人がいない場所でも、キノミキ観たお客様やスタッフさんから、「あの人良かったよね!」「忘れられないね!」って話を聞くんです!
私の話題は出ないよ!キノミキの話題というか、個人の話題って感じの話し方だよ!!笑

なーんて、最高じゃないですか!
それだけキャスト一人ひとりが愛される公演になっていたのならこれ以上の幸福はない。

私は大好きな役者さん達のお陰で、観劇という楽しみや、こうやって企画を打ってお客様に出会う事もできていて。
役者達のお陰で、人生が豊か〜になっています。

でもさ、「最低限必要ではない=社会的価値がない」って言って、自ら蔑む役者さんチョイチョイいるんだよね。
私が素晴らしいと思うものを提供していても、沢山のお客様に囲まれていても。

私は、最低限しかない味気ない社会は嫌です。
公演から、役者さんから、お客様から、これまで貰ったものがもし無かったとしたら、とても日々がつまらない。
たしかに、代わりの手段は山ほどあるけど。

その中で自分が「面白い!」と自信を持って人に伝えられるもの。それが演劇であり、インプロだった。
他の役者さんもきっとそのはずだ。

複雑な事は置いといて、シンプルに「面白い!」を伝えていく。「笑顔」を作る。
そんな場所に「キノミキ」を育てていきたいと思います。
来年、実はとても規模が大きくなるので、どきまぎしています。詳細は来月にも!

そして、書類整理していたら、2月の公演で付けたキャストのキャッチコピーが…!
そういえばこの人気になってた!
なんて人がいたら今からでも情報見に行ってね!!
みんなツイッターとかもやってるよ。
素敵な時間プレゼントしてくれる人たちです。

みんなみんな、ありがとう!!!!
存在に感謝。

戸草内淳基(じゅんき)
舞台上で誰よりも遊び、誰よりも楽しむわんぱくオトナ。
次はどんなに世界に連れていってくれるのか、期待感が止まらない…!

忍翔(おしょう)
シーンにドラマを生む男。何度も思い出したくなるような興味深さを残し、観た者は即興であることを忘れる。

奈良翔伍(奈良ちゃん)
インプロライブ初参戦!今公演未知数No.1。やんちゃ関西人な彼の生み出すお話は…?その場にいる人たちだけのお楽しみッ!

齋藤雅樹(まさくん)
安定した演技となんとも愛くるしいキャラクター!台本のない世界で見つかる新たな魅力は…?きっと観ている人たちをニンマリさせてしまうことでしょう。

下平光咲(だいら)
マイナスイオンと若さを振りまく、ピュアな大学生インプロバイザー!目をキラキラ輝かせながらシーンを作る彼女から目が離せない…!

手塚優希(てづねぇ)
最近ぶっとび具合に磨きがかかる、見た目しっかり者お姉さん!活き活きと舞台上で動き回る彼女に、周りも楽しくなっちゃうことでしょう。

村田貴章(むらむー)
この人なしでインプロの音楽を語れるか!どんなジャンルもいけちゃう安定感と、溢れる遊び心と、ちらっと覗かせるドS心でおもてなし!




↑このページのトップへ