月別アーカイブ / 2017年11月

IMG_2357.JPG 

べっぴん珊瑚やゼオビットなど低栄養塩環境を作るBPシステムはT5と相性が良く実績があります。T5(蛍光灯)は散光なので影が少なく暖かく包み込むような光なので置き易い。

デメリットと言えばメタハラに比べて省エネ感が殆ど無く、また高価な蛍光管を定期的に交換をしなければならない点です。メタハラ同様に年々廃れて行くアクア器材でしょう。

1509629578391.jpg
(↑画像 べっぴん珊瑚ユーザー石垣まんた氏)

べっぴん珊瑚ユーザーさんのリーフタンクでライトはATIのT5です。世界的に見てもT5の実績は多く好きな色の管をただ並べるだけで良いです。スポットLEDとかUV管やアクトロニック管と併用も出来ます。

IMG_2355.JPG
IMG_2356.JPG

アトランティックや安っすいヤフオクのLEDは大容量の3Wタイプの素子をランダムに配列させています。このタイプはT5みたいに影を作らず満遍なく照らせますので強光障害に成り難いと言うメリットがあります。

デメリットとしては水槽上部が覆い被さるのでメンテナンスが不便になります。また素子の混ざりも雑になり波の揺らぎもやや落ちるせいかやや鈍よりした明るさになります。

coral-farm-LED-light-1.jpg 

光の性質としてはT5に近いLEDです。 画像引用はここ

 15fdf851-s.jpg
http://blog.livedoor.jp/minimini340/archives/1701704.html

6年前の私の珊瑚水槽です。バーテックス・イルミナ(lss)というシステムLEDで当時は25万円と高価でした。(今思えば青白素子のLEDで良く頑張った)

radiong4_topimg.jpg

173802-1.jpg 

スポットLEDが並んだ様なサークル素子タイプのシステムで特殊レンズを使って波長を混ぜるのが特徴です。
光源が集中しているので非常に明るくギラギラとした真夏の海を再現出来ます。ボディもコンパクトなので水槽の上がすっきりします。

デメリットとして強光障害に注意しなければならず調光のプログラミングが重要になります。

proxy-12.jpg



3192-1.jpg
ケシルやピクシーなど大容量のマルチチップは水槽上部が広くなる事でスタイリッシュなリーフタンクになります。

デメリットとして吊るしが必要だったりと取り付けが難しいかったり影が出来やすいなどありますが、パワーがあるので水深がある大きな水槽には向いていると思います。

Orphek-DIF-100-XP-LED.jpg


NCS_-1251395437-1.jpg
6E7NA2IRMl.jpg
20171129162653f59.jpg
IMG_20171129_181407.jpg
コルベットC7のZR-1がとうとう出るようです。スーチャー搭載で755馬力になり車両価格は1.400万円~だそうです。最後のFRコルベットになり次のC8からはミッドシップになるようです。


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

IMG_2350.JPG

従来のサンゴ砂からべっぴんサンドCA99に敷き直しましたが少し白くなっただけで変化はありません。ライトは近くT5+LEDのハイブリッドのワンボディになります。嫁の水槽を見ているとLEDが綺麗やわ。


IMG_2352.JPG

フルLEDも考えたのですがT5→LEDに突然変えると多くのリーファーが色落ちさせています。それで完全LED化は避けました。と言っても今のKZのT5にシステムLEDを埋め込むだけです。埋め込むLEDですか?そりゃーアレですよ。流行の黒いボディのヤツですよ。とうとう来ます!


IMG_2354.JPG

どんどんと成長して来ましたね。ここは照度が弱い位置なのに。


IMG_2349.JPG

嫁さんの水槽を見て「LEDでも行ける!」と確信しました。


IMG_2344.JPG

もう直ぐリフジが届くのでお楽しみに!既に安かったら買いたいと数名の方からオファーが来ています。まだ売るかどうかは解りませんが^^;


IMG_2345.JPG

仮リフジです。到着したら即完成させたいので。


1511935342891.jpg

アクアギフトのスキマーなど多くのアクア器材を激安でネット通販をしている違法サイトがありますので注意して下さい。許可も無く画像と商品説明を転用し価格だけ30%にしています。

アクアギフトの楽天
https://item.rakuten.co.jp/aquagift/c-3900/

手口は前回と同じです。
http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/archives/47514607.html

「1,000円(消費税込)以上購入で全国どこでも送料無料でお届けします。価格と品質で勝負する大蔵です!」
※お振込みの場合は「前払い」となります。クレジットカード支払い、代金引換不受付!
と記載されています。

税込み1.000円以上買うと送料無料とは非現実であり、カード、代引き不可という通販業者はありえない。まして電話番号も載ってない通販業者など怪しいにも程がある。



Screenshot_20171129-172701.png

ヤフオクも注意して下さい。




dd
べっぴん珊瑚公式サイト 



IMG_2334.JPG
 


嫁さん水槽のスギとか成長点が増えて良い感じです。と言いながら時々白化させていますけど(^-^; 我が家のSPS水槽は3本で珊瑚総数が150個オーバーの全てを絶好調にさせるのは至難の技です。

IMG_2341.JPG


べっぴん珊瑚のカルシウム+、KH+マグネシウム+は飽和溶解の状態の超高濃度タイプで2リットルボトルを使えば大抵の水槽は1年以上持つでしょう。毎日1mlの方だと2.000回も投与出来ますから(*^^*) 食品添加物の最高ランクを原料にし価格は2.000円(税別)と大変リーズナブルです。

IMG_2343.JPG 

嫁さん水槽は立ち上げて当時からカルシウムは添加です。インスタントオーシャンで添加するとカルシウム濃度380ppm、マグネシウム1200ppm、kh5-6と低空飛行気味ですが色揚げモードには十分だと思います。もっと上げたい場合はレッドシープロソルトを使うと良いです。KHが高いので石灰藻も良く増えます。


IMG_2335.JPG


90センチ未満の珊瑚水槽だとカルシウムを添加させる方が楽ですが、水槽が大型になるほどカルシウムリアクターにメリットが増えて来ます。

カルシウムリアクターは設定が大変で中々安定が難しいですが一度バシッと決まればメンテフリーになります。海外ではトリトンも含め近年は添加でカルシウム(カルクワッサー含む)を補う傾向があります。

IMG_2336.JPG


ヤフオクの安っすいLEDよりも予算があればラディオンをお勧めします。あんなに高いのですからもっともっと綺麗になるのでしょう。知らんけど。安物買いの銭失いにならないようにヤフオクで高級なアクア器材を購入する際には注意して下さい。人気機種の新品が大量に0円スタートで出品される事など無いですから。

IMG_2337.JPG


バヌアツのパープルのウスエダが少し大きくなりました。5年目になるので大事に育てたいです。

IMG_2340.JPG


カッコ良い珊瑚水景を作るのにはバリ・ブリードとワイルドの数を同じにする事です。大きなワイルドが多いと並べた感が強まり不自然になりますしブリードだけではボリューム感と形が整いません。

ブリードは出来る限り様々な色を購入し上手く飼える固体の種類のワイルドを探して購入します。ブリードがあれば親株もありますので。あとトゲ、ショウガ、ハナヤサイはフィジー、トンガを選び他のワイルドは薄くて平たいテーブルとかユビとかスギにします。分厚くて高さのある珊瑚は飼い難い、影が出来る、置き難い、デザインが悪くなるといった感じで早くレイアウトが埋まるだけのメリットしかありません。


6a5ccc78.jpg

小さめの珊瑚を詰め込み白い底砂を広く見せる事で盆栽チックになっています。高さのあるゴツイ珊瑚は使わずに小さめの平たい珊瑚を上手く使っています。

https://www.reef2reef.com/

50d4829c

これはべっぴん珊瑚+ZENI-NAIYOシステムのテスト段階の時ですがワイルドとブリードは半々にしています。直ぐに成長してどれがブリードなのか解らなくなります。

651451d3

デスロック+セメントを使った私の5年前の水槽です。LPSとオレンジのコモンなど今でも生きています。イシナマコはこんなに細かったんだぁ。ゼオライト(モンモリ)を使うと鮮やかになるでしょう。

gazoufa.jpg

べっぴん珊瑚のテストで添加ブーストさせていた時の画像です。初期はZEOV○Tを意識した配合でしたのでパステル寄りでした。

2bc78520.jpg

べっぴんのアミノ酸は良く咲きます。

a049b76a.jpg

f95eacdb


3ae425e8.jpg




Screenshot_20171128-152706.png

バリの噴火で飛行機が飛ばないそうです。インドネシアの珊瑚は来ないのかな?来ても噴煙の被害で海中の珊瑚にダメージ来ない?


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

IMG_2332.JPG

珊瑚飼育とは水質7に照明3と言われ、照明が少々悪くても色落ちしても直ぐに死にはしませんが水質が悪くなると直ぐに死にます。特にコヤツらは水質変化に弱い。

R2Rのフォーラムでも光に関して大半のリーファーは実績のあるライトを吊るし、水面付近の光量を400×100luxに合わせるだけです。そもそも個人で波長やPERを計測する事が出来ないので拘りようがありません。

ラディオンとかアトランテックなど名門の高性能ライトはメーカーが日々の研究結果を元に全世界へ販売しています。それにスポットLEDなど追加して波長を換える事は三ツ星フランス料理にマヨネーズを付けて食べるような物なので海外にはウケません。そこまでして喰いたい(色揚げ)のか?と。

でも珊瑚個々の要求する波長は様々なので専用に当てる事は色揚に有効だとは思います。特にOGのストロベリーはどんな手を使ってでも色彩を保持したいですからね。日本人はストロベリーとかスパスラータとか魚だとブラバンとかキャンディーなど好きですが難しくて高価な生体は海外(R2R)では好まないようです。

それで私は水槽立ち上げて1年未満の初心者の方にOGのストロベリーやスパスラータのワイルド個体の購入をお勧め致しません。試しにフラグで試してみて大丈夫そうなら次に大きなワイルド個体をお勧めしています。アクア業者の立場では死んでも良いからどんどん高価な珊瑚を勧めて利益を上げたい所ですが、それではユーザーが離れてしまうかと。

IMG_2323.JPG
珊瑚の色揚げは添加の仕方でどーにでも出来ます。添加ブーストさせると発色は良くなりますが着いて来れない個体は白化します。それは車のブーストアップと同じ。比重を上げる行為も添加ブーストになりますが、ナトリウムイオンが邪魔になり高くする事が出来ません。

「珊瑚は褐虫藻が大事」です。が、我々は褐虫藻を飼いたいのではなく珊瑚虫というポリプを飼いたいのです。アミノ酸やビタミンや植物性プランクトンフードを与えるとポリプ食化して給餌にアドバンテージするのでライトへの依存性が減り飼いやすくなる事を確認しました。

IMG_2324.JPG

添加で一番難しいのがスッピンの炭素源の投与です。炭素源は量を増やすと魚が苦しそうに横たわり直ぐに死に弱っている珊瑚は溶けます。もし栄養塩を多く落としたい場合、炭素源は規定量を変えずに土壌バクテリアを増やすと良いです。

IMG_2325.JPG

土壌バクテリアとスッピンを与えていると白い綿藻が出る事があります。水垢とも言いますが白い綿藻が出ている時は脱窒の能力が高く魚が多くても栄養塩が出な環境になるようです。現在、意図的に綿藻を発生させる方法を模索中です。尚、綿藻はタカラガイやシッタカは好物なので良く食べます。


IMG_2326.JPG
水面の臭いでバクテリアの様子がわかりますね。生臭いと負のオーラが。

IMG_2322.JPG
ヤフオクの安っすいLEDで私が実績を作った所で誰かよー知らん出品者を喜ばせるだけですが、べっぴん珊瑚ユーザーさんの一部の方はきっと喜こんでくれると思っています。上記の理由でヤフオクの安っすいLEDは立場上お勧めは致しませんが、フル波長のタイプなら何でも良いという証明になれればと。近年のシステムLEDは光量(Per)と波長(nm)と散光(レンズ)が進化して来ましたよね。

IMG_2320.JPG
スキマーがジョボイので徐々に生体を増やします。

IMG_2331.JPG
今日のみねちゃん。


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

IMG_2305.JPG

今日もべっぴん水槽は良好です。ただ今、アクアギフトにて魚の入荷待ちです。

IMG_2309.JPG

ヤフオクの安っすいLED+べっぴん珊瑚2018年バージョン(現在発売物)で色が揚って来ました^^2万円もしないライトで色が揚るのですからラディオンpro使うと・・・きっとヤバイですね。ただ120水槽にラディオンproを使おうとすると・・縦に並べるので4台は必要・・wifiコントローラーと専用アームを足すと50万円はします。ライト如きで50万は払えん・・・。

IMG_2311.JPG

嫁さん水槽用のべっぴんサンドをライブロックと土壌バクテリアをほり込んで熟成中。

IMG_2310.JPG

底砂の寿命は4~5年で魚が多いほど寿命が短くなるようです。砂の無いリーフタンクの寿命は長くなりますが水質の安定は悪くなるので、強制濾過やリフジやライブロックを増やすなどバクテリアのスペースを確保する必要があります。

IMG_2312.JPG

珊瑚飼育はイジルとイジルほど大抵は悪い方向へ向うものです。しかしエラーは放置すると悪化しますので日頃のメンテが重要になります。「良かれ!」と思ってやった行動が裏目に出るという一筋縄では行きませんよね。

20171126144414.jpg

あずきさんが魚馳走さまでチョウチョウウオを餌付けされていました。元々は釣り餌用の添加剤なので(防腐剤無し・無着色バージョン)喰いは良くなるハズですが、それでも釣れない時はあるように喰わない固体もあります。

あずきの日記
http://asumizu.hatenablog.com/entry/2017/11/26/144137

IMG_2294.JPG

BMWを擦ってしまった(><)

IMG_2295.JPG

ここも。傷は浅いので磨こうっと。

IMG_2296.JPG

電動ポリッシャーで細め極細と変えて磨きました。

IMG_2297.JPG

元に戻った^^

IMG_2301.JPG

塗装はしなくても大丈夫でした。

IMG_2302.JPG

エンジン付き自転車のモペットがパンクしていたので直しました。自転車のパンク修理は中学生以来です。

IMG_2304.JPG

点検をして完了~♪

1f5f5286.jpg

モペットは3年前に組み立てました。フレームの塗装も。

28d1011d.jpg

エンジンは国内の芝刈り機の物です。本体はフキプランニング製。

44ed01c3.jpg

クランクが壊れていたので新品と交換してオーバーホールして耐熱塗装しました。

5506bbf6.jpg

サスが無いのでハーレーよりも振動が大きいです。ブレーキはチャリンコ用なので止まらんし。ガソリンは芝刈り機同様に混合オイルです。

7b8bbe0b.jpg

お洒落でしょう^^


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

20171125_202529.jpg


土曜の今日はエキゾチックアフリカさんへ添加剤を運びに伺いました。沖縄のウミキノコのLサイズが綺麗な蛍光グリーンで綺麗でした。価格は8千円?ぐらいでしたがこんなに蛍光なウミキノコは滅多に見ません。ただデカイので注意^^切ってブリードさせると得かも!


20171125_202552.jpg


綺麗なマメスナとホンケヤリです。昔はホンケヤリとかイバラカンザシとかハードチューブとかワーム系は人気ありましたが。


20171125_230040.jpg


海藻を買ったので玄関のリフジ水槽(仮)に保管しました。


XE7j42e7Kh.jpg




来週には30センチの巨大リフジが来ると思うので検証して見ます。




Screenshot_20171124-225002.png


2メートル80センチのリーフタンクを持つベッピンユーザーのはまちゃんからモンモリロナイトを使い始めて飼育水の透明度が上がり珊瑚の発色が良くなったと公式LINE@で報告を頂きました。水槽の奥行きが60センチある場合はラディオンを横置きせずに縦置きして灯具数を増やすようにとアドバイスをさせて頂きました。



proxy-12.jpg
水槽の奥行きが45センチ以内であれば横置きにしますが60センチ超える場合は縦にします。つまり台数が必要なのでラディオンだとお金が掛かります。


20171125_164830.jpg


今日は夕方から富田林市にある藤原タイヤさんへハーレーのタイヤを前後交換しに行きました。ところがトラブルが発生しベルトドライブのリアホイールが複雑でしかもシャフトが固着して1時間ほど油を注しながら叩いてもビクともしないようです。


「お客さん、すみませんが当店では無理ですね。リアシャフトが抜けないので前のタイヤだけ交換になります」


と。で、


「私がシャフト抜きますので工具借りて良いですか?」と尋ねると快く「どうぞ」と言って下さりました。



20171125_174922.jpg


ワタシ失敗しないので。(大門風)で無事に抜けましたがホイール際のカラーが抜けたのでこれもワタシが叩いて直しました。結局、50分で済むのが2時間半も掛かりました・・。工賃は手伝ったので少しマケテくれました^^穏当に藤原タイヤさんには感謝します。昔からタイヤはここでしか交換していません。




最新RSS


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

IMG_2287.JPG

今回はプラスチック縛弾と瞬間接着剤(アロンあるファNO5)を使ってブリードサンゴをアクロバティックに固定させます。

IMG_2277.JPG

バリ・ブリードは土台に共肉が巻いている場合は土台ごと固定しますが、巻いていない個体は台は邪魔なので切り離して固定します。
ブリードの場合、キモガニや土台にヘビガイをチェックして居たら除去します。ボキッと折ったワイルド珊瑚は切口から雑菌が入り根本から白化しやすいのでべっぴんディップで減菌させます。
IMG_2280.JPG

珊瑚に瞬間接着剤を少し着けレンジでチンしたプラスチック弾縛を団子状し接着面にも瞬間接着剤を少し着けます。

IMG_2281.JPG

垂直の壁に横向きに接着させてみます。練るタイプのアクアパテだと固まるのに数時間掛かりますが、プラスチック縛弾だと1分程度で冷えて固まるのでとても便利です(*^^*)
IMG_2282.JPG

固まるとプラスチックになるので接着後の強度もあります。従来のアクアパテだとポロリと外れやすくしかも水が濁りスキマーが噴くというデメリットがありました。プラスチック縛弾はそれがありません。1袋(1500円)でブリード台がレイアウトに10個ぐらい貼れます。

IMG_2285.JPG

レイアウト完成~♪ミューカスが出て少し濁りましたので土壌バクテリアを投入。ペットボトルスキマーが有機質を除去してくれるでしょう。入れる魚が決まりましたのでアクアギフトに入荷したら連れて帰ります。

IMG_2283.JPG

翌日には透明に戻っていました。苗類は邪魔になりマングローブを数本だけ残して庭に植えました。新しいリフジが来たら交換します。来週かな。物が良く価格が見会えば販売致しますね!
IMG_2288.JPG
これからアクロバティックなリーフタンクを完成させたいと思います。

IMG_2293.JPG

 現在、べっぴん珊瑚全特約店さんに置いているべっぴん珊瑚は2018バージョンです。金属イオンの結合による沈澱を減らし濃度を更に上げて効力をアップさせています。それでボトルの色が濃くなりました。マイクロアルジェ(植物性プランクトン)リーフチャージも濃度が上がりバージョンUPしました。

べっぴん珊瑚を使用されたユーザーさんのブログ記事
http://blueglassocean.blogspot.jp/2016/12/39.html

リーフチャージの記事
https://lineblog.me/minimini/archives/1059274163.html



IMG_2292.JPG

ヤフオクの安っすいLEDの設定と添加量も解って来たのでもう少し色揚げを確認してから公開致しますね!相性は良いです。このライトで色揚るんだからラディオンpro使うともっと楽に色が揚るでしょう。


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

544404b1.jpg

30年以上アクアリストをやっているとアクア器材により発火された方を7名ほど聞いていますが皆さんOAタップ(テーブルタップ)が原因でした。家電でもOAタップ、スマホ充電器、コンセントのトラッキングは火災原因のトップに上げられています。特に海水系のアクアは消費電力も高く海水に電気が流れるので要注意です。(ホコリに塩分が付きトラッキングが起こりやすい)

http://www.yukawanet.com/archives/4657444.html

IMG_2256.JPG

OAタップ(テーブルタップ)は1~2年で全て新しく交換しています。ブレーカー内臓タイプは避けて(ヒーターや照明のON/OFFで落ちる)コンセントの多いのをチョイスしています。空いているコンセントにはセロテープ等で蓋をします。

IMG_2255.JPG

コンセントを全部引きずり出しコードを綺麗に拭き取り配線を組み直しました。jabeoのウェーブポンプを毎年トラブルで買い換えるために配線は簡単にしています。

IMG_2257.JPG

危なかった!ATIのT5の調光機能付きはコンセントが一つ(他のT5は複数本あり)で54WX8を長時間点灯させているのでコンセントが焦げるようです。あと、容量の大きなヒーター&クーラーやマグネットポンプも要注意です。これだけ焦げていたら何時発火してもおかしくはありません。

8d952016.jpg

過去に私が水槽を作った時の画像です。タップは電源BOXを設置していました。
http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/archives/41067111.html

53789a2b.jpg

ホムセンで5千円くらいで販売しています。

0b511c50.jpg

水槽1本で12個のコンセントが使えるので十分です。

IMG_2261.JPG

OAタップを交換し配線を組み直して完了しました。この水槽は透明のアクリルの扉なので中が見えます。
https://lineblog.me/minimini/archives/1062429082.html

IMG_2262.JPG

添加剤を運びにアクアギフトに行きました。本日、バリ・ブリードが入荷したとの事です。

IMG_2266.JPG

オーストラリアのストロベリーやトンガのトゲ、ショウガも良い感じに仕上がっていました。

IMG_2267.JPG

バリ・ブリードも大量に入荷していました。このブリードの並びが3本あります。

IMG_2268.JPG

紅海の魚とオーストラリアの魚が大量に入荷しています。巨大なスクリッブルドも沢山居ました。

IMG_2269.JPG

レインフォーズバタフライも沢山居ました。次回、売れ残っていたら買おうかな。

IMG_2270.JPG

パソニファーも良いサイズで居ました。クィーンやゴールデンバタフライやマルケサスも入荷。

IMG_2273.JPG

ブラバン、ゴールドフレーク、グリフィスも先日入荷。

IMG_2274.JPG

今、グリフィスって10万円ほどするみたいです。以前は5万円くらいでしたが。画像の様に粒餌は良く食べていました。

IMG_2271.JPG

売り上げは好調なようで連日のように爆入荷しています。アクアギフト、アフリカ、クリエイトザシーさんを見ているとアクア業界の景気は良いようです。明日はレイアウト講座をUPしますね!


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 






IMG_2243.JPG


ソファーから鑑賞するとT5が眩しいのでカバー&揺らぎ目的にゼンスイのLEDを付けました。魚水槽に使う凡庸の青白素子なので(総出力で22W)珊瑚の色揚げ効果は期待出来ません。

394175-2.jpg

表面がステンレスで高級感があり超薄タイプなのでATIやKZの目隠しカバー(キャノピー)としては丁度良いです。SPSの場合、とてもメイン灯具としては使えませんが・・。

recurve5.jpg

最新型のMaxspect Recurve LED が可変ウイング付きなので私も同じ様にしました。このシステムLEDはアメリカやオーストラリアでは評判が良いそうです。
https://reefbuilders.com/2017/06/16/maxspect-recurve-led-light/

IMG_2247.JPG

まるでワンピース物みたいに一体化感があります。ただLEDが弱くギラギラ感が思っていたよりも出ませんでしたが・・。1個0.2Wの素子じゃね・・。

IMG_2253.JPG

5年も使っていた底砂をホースで抜いてべっぴんサンドCA99を敷き直しました。苔防止の為に予め砂は別で熟成させました。https://lineblog.me/minimini/archives/1062430477.html

IMG_2254.JPG

画像UP。古い底砂も少し混ざりましたがどうせ汚れるので気にしません。

IMG_2249.JPG


嫁さんからメイン水槽だけは珊瑚にボンド貼ったり砂換えたりライト触ったりイラン事するな!と怒られました(><)確かに・・。何か変更すると調子落としますからね・・・。放置が基本です。3本ともあれやこれやと触っているからなぁ。


IMG_2251.JPG

ミドリイシ水槽に大きな魚がいると中々炭素源では低栄養塩環境が作り難くなります。数年経って大きくなると捕獲して小さい固体と入れ替えるようにした方が良いみたいですね。

IMG_2241.JPG

嫁さん水槽はプチリセットしたみたいな物なので毎日嫁さんがコケ掃除をしています。


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

68cb071b-s.jpg

バリ・ブリードで良く見るブルーのスギです。

4c6779f1

べっぴん珊瑚+ZENI-NAIYOシステムを使ってからバリ・ブリードのスギが。↑

f72db7ef

ニョコニョッキと育ち。↑

20160417_201522

べっぴんが炸裂し。↑

IMG_2237.JPG

こうなりました。


急に冬になって来ました。電気ファンヒーターなど火を使うと炭酸ガスが増えて水槽のPHが落ちて来るので4時間置きに換気を致しましょう(*^^*)

IMG_2236.JPG

ミドリイシとは成長モードに入れば恋する乙女のように綺麗になります。水質を安定させ珊瑚に触らない事でストレスを無くし免疫力を上げます。

ペーハーを上げたい場合、アルカリ成分の添加剤を使うよりも酸化物質を減らす方が良く、生体の排尿が有機となりフミン酸やフルボ酸と言った酸化物質に変わります。透明度が落ちる=低PH・低ORPとなるわけです。

フミン酸やフルボ酸は黄ばみの素なので活性炭でも減らせるし土壌バクテリアの投与でも有機酸を捕食してスキマーに廃棄します。もちろん水換えも有効です。多くは魚の餌が原因なので少し減らすだけでも良くなるでしょう。

IMG_2234.JPG

下記のデーターによるとミドリイシの色を出す場合はリン酸濃度を0.00~0.05ppmが良いのですが成長モードに入れる場合は0.5ppm付近が良いそうです。私が観察している限りではリン酸は0.5~0.05ppmの間であれば問題ないように思いますが。

参考

http://jp.reefbuilders.com/2011/12/06/%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%A1%A9%E5%80%A4%E3%81%8C%E9%AB%98%E3%81%84%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8C%E6%9E%9D%E7%B3%BB%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%81%AE%E6%88%90%E9%95%B7%E9%80%9F/









最新RSS

  • もずくとアーサNEW!
  • 超小型水槽用リアクターPicoCal設定備忘録

  • dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 

    ↑このページのトップへ