ob4aCDJbSh.jpg

「ラディオンG4ProはUVありますよ。」
「ラディオンは駄目なんですか。高かったのに。」

とLINE@来ましたので昨日の続きを。


Screenshot_20191025-122617_Internet.jpg

ラディオンG4の本サイトから抜粋。図では確かにUVが8個あります。G4からHEIレンズを採用し白チャンネルが減り青チャンネルが増えています。


201708151334441-72-25.jpeg.jpg
グラフを見るとUV(400nm以下)はなくバイオレット(420nm)の素子が搭載されています。ラディオンの言うバイオレットがロイヤルブルー(450nm)で後はDEEPブルー(460nm)、ブルー(470nm)と青素子が搭載されていると思われます。





Orphek-DIF-100-XP-LED.jpg

海外のようにメイン灯具だけて飼いたい場合はフラグスタートが前提になります。理由は少ない光源に向かって成長するから。レイアウトにフラグや割った珊瑚を180度光を当たるように固定させるとスポットLEDが不要になります

ケシルやCanonやREEF90(50)はCOB素子(マルチチップ)なので波長が混ざり易く、しかも100Wも出せるのでハイパワーです。最近のモデルは散光性も良くなりました。


r.jpg
0ttt.jpg

REEF90(50)は青チャンネル90%で白チャンネルが10%。波長もUV(400nm以下もあり)と青チャンネルに特化しています。

本来、この波長はLPS向けなのでSPSが生息する珊瑚礁の白い水景が出来ません。なので青かぶりする。また非蛍光たんぱくを持つブルー系やピンク系やイエローの維持が難しくなる恐れも。珊瑚の種類を選ぶ必要があるでしょう。

メリットとしてLPSにはとても良く、リーファー水槽にデザイン的に合い、メーカー保証がしっかりしている点があります。←結構これ重要。



dab16464.jpg

海外の実績の順で言えば(R2R参考)メタハラ〉T5(ATI)〉ラディオン〉ハイドラ〉イリューマジック〉PHILIPS>
アトランテックになるかと。

なのでUVが必ず必要という事ではありません。現に私はATIでUVが無くても問題はありませんでしたから。(アクトロニック420nmはあり)

ラディオンは5W駆動という強みがありPARが確保出来るので水深のある大きな水槽に向いています。ラディオンG4は設計が古く(インドネシアのブリード全盛期に)オーストラリア主体のリーフタンクには若干厳しい面もあるとは思いますが基本的にオールマイティーなLEDライトです。

P1121528.jpg
ハイドラは海外の実績はとても多く人気のあるLEDライトで先日新型も発表されました。2W駆動の素子なのでパワーが弱いのですが(少し暗い)UV(400nm)もあり波長的には優秀で白水景も綺麗です。




3nj3Q6q85q.jpeg.jpg

ヤフオクのブラックボックスは素子が豊富なので波長不足はないと思いますし3Wの素子なのでパワー(PAR)不足も考えられません。ヤフオクの出品者さん(岐阜)はアフターも良いです。(修理が早い)でも大人の事情でイチオシは致しませんが。

178e23e0.jpg


海藻リアクターと海藻のリフジウムは目的が違います。海藻リアクターは栄養塩除去が目的でリフジウムは生物層の確保が目的です。海藻はダイノスの予防に重宝します。なので海藻リアクターは毎月トリミングしてホソジュツモが10%に減りますが、リフジウムは殖え過ぎた分をカットするだけです。


マイブームのべっぴん珊瑚公式twitter

---------------------------------------------------------------------------------



べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@「べっぴん珊瑚オンラインサロン」で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。 
--------------------------------------------------------------------------------------


べっぴん珊瑚  別サイト
http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/
-----------------------------------------------------------------------------------

アクアブログ更新RSS募集♪

dd



べっぴん珊瑚公式サイト