本日動画を加工無しでアップしました。白チャンネルも上げているので見やすい。実際は動画よりもっと明るくて綺麗です。(⌒‐⌒)


pebuT3XbXr.jpg


添加剤やべっぴんレンズもですがプロデュースはσ(^_^)の趣味なので自分の欲しいと思う理想の商品しか販売していません。これが本業だったり社員が居たら金儲け的な営業戦略を取るのですが。アクアショップに営業した事がないや。


OjmFg9Mn2B.jpg

ポリプが満開ですね!水槽が小さくて水量が少ないと高濃度なべっぴん珊瑚を投与した際に珊瑚がびっくりしてポリプを閉じる事もあります。その場合は入れる前に飼育水で薄めるかサンプに投与して下さい。アミノ酸、炭素源のすっぴん、植物性プランクトンのリーフチャージの3つが特に濃いので。


8cx0wBFeKe.jpg


初心者の方にお勧めなミドリイシは八重山のユビサンゴです。
20190211_164950.jpg

こう言うヤツね。グリーンを濃くしたい場合はべっぴんグリーン(Fe、Mg、Zn)を入れます。イエローに傾きたい場合は鉄イオンとUVの波長を切ります。明るさや栄養塩の許容範囲が広くて飼いやすい。もし色落ちする場合は光が弱いと思います。只今、アクアギフトに数個販売中。

他の種類では初心者の方は色の濃い個体を選んで下さい。ストロベリーやスギでも同じです。大きくハイマツやスパスラータで良く見るゴッツイ珊瑚は大型水槽のメタハラ向けなので避けた方が無難でしょう。スギだと蛍光のある細いタイプを勧めます。尚、オーストラリアのスギはベテラン向け。





20190212_130206.jpg


べっぴんレンズ付きでMAX青チャンネル100%、白チャンネル80%を3時間当ててカラリと色を揚げてます。この3時間ほどの強めの明かりが色揚がに有効ですが下手すれば焼けてポリプが咲かなくなるので観察して調整します。添加も含めこの調整こそが技術でありそれは運転や調理と同じです。こればっかりは当blogやSNS仲間に聞くだけでは解らず五感で感じて学ぶしかない。



20190212_124325.jpg


嫁さんの90水槽はライト位置が30センチと低いので青チャンネルも白チャンネルも75%を3時間ほどMAXにしています。


dIAVKCz1iF.jpg



嫁さんの水槽も絶好調です(⌒‐⌒)レイアウトの質問が来ましたのでここでも。

Screenshot_20190212-213826_Internet.jpg

先週にもべっぴんセメントでライブロックを使ってレイアウトを作られた方を紹介致しました。量も1500gramとたっぷりあり、30分で硬化するので作業がしやすいと思います。

過去のリーフセメントの記事もアップします。





cf657173.jpg



KDNIa7J4xA.jpg
べっぴん珊瑚公式twitter
https://twitter.com/ghXO87fqwYVN3e0

べっぴん珊瑚公式サイト