20180826_174115.jpg

本日、底砂の毒抜きをバケツ1杯(18L)して水換え完了。私は1回でバケツ1杯以上の換水はしない主義です。(換水の量は各水槽で異なります。還元力のあるシステムを組むと換水量は少なくて済みます)換水の目的は微量元素の補充より、フミン酸など有機酸化物を減らしORPを上げる(PH回復)事だと思います。水換え後にポリプが良く咲くでしょう。微量元素の回復を喜んで咲いているは思えないから。(ORPの値が350mv付近になると最も良く咲きます)


P8260370.JPG 


画像は全て本日撮影しました。(オリンパスTG-5)2013年からべっぴん同じFRP擬岩なので5年間リセットしていません。べっぴん珊瑚も5年間使用しています。


P8260372.JPG 


珊瑚の色は添加剤でどーにでも出来ます。が、水槽を安定させるのはとても難しく、色揚げの前に水質を安定させる事が大事です。小さな水槽の場合はベルリンよりも強制ろ過のシステムを組み炭素源で栄養塩を落とす方が水質は安定するでしょう。ベルリンシステムは本来、海外のような大きな水槽向けに感じます。


P8260373.JPG 


珊瑚の色揚げは添加剤により相性があります。べっぴん珊瑚はオージーのハリエダ、スパスラータの色揚げには対応していません。ストロベリー、ブルーやグリーンのスギ、パープルやグリーンのウスエダ、蛍光レッドのハイマツ、ピンクのクシハダ、ヒメマツ、クロマツ、ホソエダ、トゲ、ショウガ、ハナヤサイ、グリーンのユビ、コモン(レッド、グリーン)、エダコモンは対応済みです。


P8260374.JPG 


我が家のOGストロベリーは4年経過しましたが良い感じに仕上がっています。そもそもべっぴん珊瑚の色揚げ調整にストロベリーとブルーのスギとグリーンとパープルのウスエダを実験(指数)にしていたので特に相性が良いと思います。逆にスパスラータマニアには向かないかと。(現在もスパスラータは育っていますが残念ながらインドネシアのハイマツと変わらない色彩になりました)


P8260375.JPG 



アミノ酸とビタミンでポリプを咲かせて色揚げの金属イオンを投与します。それだけでは波長に頼るので植物性プランクトンフード(リーフチャージ)を与える事でポリプ食化し光の依存が減ります。そうなるとメイン灯具のみでもOK!

べっぴん珊瑚のリーフチャージは高品質・高密度を宮古島のファームで培養された純国産の植物性プランクトンフードです。
https://lineblog.me/minimini/archives/1062425217.html


20180826_174023.jpg 


ここからは嫁さんのリーフタンクです。オージーとかフィジーとかネシアとかバヌアツとか近〇産とかありますが添加して色揚げさせるとどれも同じような色になります。産地による色彩の違いは初めだけ。

私のリーフタンクを見て産地解りますか?私は添加剤で色を揚げたい。けど天然珊瑚の色彩を維持したいとは思っていません。


P8260367.JPG 


ブルーのスギはUVで弱るのでT5では楽に飼えますがLEDでは厳しいく感じます。グリーンを上の段に置いてブルーのは下の段に置くと良いと思います。逆にするとブルーが持たない。


P8260368.JPG 


ブルーのスギは画像のスギのように濃く色揚げさせないと長期飼育は出来ません。ウスエダはポリプ食化が出来ると何年でも飼えます。波長は特に拘る必要はないでしょう。


P8260369.JPG 


ヒメマツは強い光は厳禁です。照度が丁度良くポリプが咲くような場所が必要。ポリプが長いのでアミノ酸は有効です。


20180826_143145.jpg 


新車の無料初回点検を行いました。マフラー換えた時にエンジンチェックランプが点灯しましたので消して貰いました。


20180826_143154.jpg 


無料点検なのでノーマルのマフラーに戻しました。2日前に換えたばかりですが。


20180826_180239.jpg


帰宅したら速攻でSP忠男のマフラーに戻しました。このマフラーは車検対応だけありノーマルと変わらない音量だし過激なテイストではありませんが、車体が軽くなり見た目が良くなったかと。あとパーツを10個ほど個人輸入しているので届き次第に装着致します。



べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。


dd
べっぴん珊瑚公式サイト