20180824_212225.jpg



珊瑚も魚も買い揃えている時に病気を持ち込みRTNや白点病を発生します。私の大型ヤッコ乱舞水槽はここ5年以上は魚を買っていないので(我が家の珊瑚水槽の魚を入れる事はあります)サーモが壊れ水温が5度上がっても白点病は出ませんでした。雑菌を持ち込まないと言う意味では調子が良い水槽にライブロックや天然海水を使うのも若干リスクが伴いますので基本的に市販のバクテリア(ケミカル)と人工海水を推薦致します。ただ奥の手として天然(無殺菌に限る)を使うのは大有りです。



20180824_212238.jpg



海水魚水槽では水槽が立ち上がればバクテリア剤の投与は基本的に必要としませんが、BPシステムのリーフタンクとなれば話は別です。炭素源というバクテリアの餌を強制的に与えるのでそれに見合うだけのバクテリアが必要になるからです。つまり栄養塩(特にリン)を抜き取るための使い捨てバクテリアとも解釈出来ます。



20180824_212132.jpg



あまりバラしたくないのですが色揚げの基礎となる金属イオンは、鉄イオン、カリウムイオン、モリブデンイオン、バナジウムイオンの4種です。これさえあればグリーン、ブルー、レッド、パープルの色素タンパクが作り出せます。ただし蛍光タンパクはUVやバイオレットなど波長で補う方が手っ取り早い。

 

鉄イオン、カリウムイオン、モリブデンイオン、バナジウムイオンの4種は人工海水にも微量に含まれていますが直ぐに消費されます。定期的な換水では微量過ぎて十分に補う事が出来ないので白ボケや色落ちの原因になる事もあります。現在、綺麗なリーフタンクでは90%の方は何らかの添加剤を使用されているハズです。近海の珊瑚ならライト(波長)だけでも色は出ますが。





P8240363.JPG



ノーマルマフラーです。サイド出しで純正でも良いサウンドでしたが。



20180824_155521.jpg



でも見た目がもっと良くなるSP忠男のパワーBOX(車検対応)を取り付けました。20分で取り付け完了。



べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。


dd
べっぴん珊瑚公式サイト