IMG_0712.JPG

今回はバリ・ブリード珊瑚の選び方と特徴についてです。画像は一部アクアギフトの過去の出品を使いました。

IMG_20170922_142302_976.jpg
今日もREEF2REEFの公式で紹介されました。2日連続は初めてです。

27117275-s.jpg

人気なのがパープル&ポリプがイエローのスゲです。基本的にツートンカラーの珊瑚の色揚げは難しいのですがこの種類に限り楽です。


IMG_0452.JPG

入荷直後は濃いパープルですが次第に薄れて来ます。T5だとボディが白っぽくなりますが先端はパープルになります。ただ栄養塩が出ていたりライト(波長)が合わないと色が揚りません。飼育レベルは中級クラス。


imgrc0075882358.jpg

ネシアは色落ちして入荷することがありますが種類とベースの色さえ知っていれば問題ありません。この固体は直ぐに↓


IMG_0215.JPG

蛍光グリーンになります。ブリードで一番色揚げと飼育が楽な珊瑚です。飼育レベルは初級クラス。


38_07270005r.jpg

グリーンのホソエダです。水槽に合う合わないが分けれますが合うと色はこのままで成長が早くなります。成長点が脆く崩れやすいので基本的に台を持って移動させてください。飼育レベルは初級クラス。


imgrc0075882403.jpg

ブリードで多いパープルのスギですで飼育は容易ですが色揚げは難しいです。避けた方が無難。飼育レベルは上級クラス。


8_05152152r.jpg

ホソエダですが生セメントの状態の固体は出来れば避けたいです。石灰藻が付いている台がお勧め。ブリードはキモガニが良く付いているので注意して下さい。


50_07270006r.jpg

レッドのエダコモンですがとても綺麗で人気があります。メタハラだと色が維持出来ますがT5やLEDでは中々難しい。飼育レベルは上級クラス。


85_06232320r.jpg

蛍光グリーンのウスエダです。とても鮮やかなグリーンでT5だとイエローに傾きます。色落ちも無く人気がある珊瑚ですが年単位の飼育は非常に難しいです。飼育レベルは上級クラス。


136_06232320r.jpg

ブリードで時々入荷するオレンジ&イエローのハイマツです。色揚げはスパスラータ並みの飼育スキルが要りますが飼育自体は容易です。照度の高い場所に置くと色は変わりますが赤系のハイマツで楽しめます。飼育レベルは上級クラス。


a41_03162338r.jpg

ウネコモンですが初心者でも飼え色持ちも良いです。強い光は必要ではありません。飼育レベルは初級クラス。


a52_03162338r.jpg

蛍光グリーンのエダモコンです。キャピタタかもしれませんね。飼育に癖があるので環境に合う合わないが分かれます。栄養塩が少しある方が色が濃く成長します。ミノウミウシに注意。飼育レベルは初級クラス。


imgrc0071366943.jpg

良くスギと間違えられますがこれはヤスリサンゴです。色揚げはやや難しく成長は遅めですが丈夫な珊瑚です。先端が白く鱗状になりグリーン、ブルー、パープルがありますが最終的にはどれもグリーンになる事が多いです。飼育レベルは中級クラス。


imgrc0071367238.jpg

こちらもヤスリに仲間ですが先端が白く出ていないタイプです。飼育は楽ですが色の維持は難しく茶色に遣り易いです。UVを当てると良いでしょう。飼育レベルは中級クラス。


imgrc0071367239.jpg

サボテンサンゴです。スギに似ていますがポリプが良く咲いて成長点は橙色の輪が出来ます。飼育も色揚も容易なので初心者にお勧め。飼育レベルは中級クラス。


imgrc0071371465.jpg

被覆系のコモンですが直ぐに茶色になります。墓石みたいな形状が多く色彩も豊富ですが色揚げは無理に近いかも。稀にメタハラで維持が出来るようです。飼育レベルは上級クラス。


imgrc0075882350.jpg

油断すると茶色になり易い。この作り立てのブリード台の場合は外してレイアウトに固定する方が良いでしょう。


IMG_0216.JPG

ブルーやパープルで非常に美しい色彩ですが深場のサンゴ(ロリペスとか)なので飼い難いです。初心者の方はスルーするのが賢明。飼育レベルは上級クラス。




dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。