IMG_0612.JPG
本日も撮影しました^^。更に色揚げさせるのにはUV(400nm)が要るかも!? 波長に頼らなくてもこの程度の色揚げは可能性だと分かりました( v^-゜)♪天然の太陽光スペクトルや天然海水のパラメーターに拘るのも良し、べっぴんやゼオみたいに添加ブーストさせて楽しむのも良し!(#^.^#)

IMG_9715.JPG
7月3日に撮影したOGのストロベリーですが水質を整えると僅か2ヶ月で⬇

IMG_0615.JPG
ピンクとシアンが復活しました。GWからべっぴん珊瑚をブースト添加させていますので、色揚げの効果は早いのですが添加ブーストに着いて来れず白化した珊瑚も2~3個出ました。なので添加ブーストは自己責任でお願いします。

IMG_0617.JPG
OGのパープルのウスエダも色彩が濃くなりました。私なりに珊瑚の色揚がりの構造と理屈が理解して来ましたので、添加剤も定期的に改良して更に完成度を高めたいと思います。

IMG_0618.JPG
ウスエダはアミノ酸とマイクロアルジェ(植物性プランクトン)が有効だと確認しました。波長や水流はそこそこで大丈夫なようです。ウスエダは元々ポリプが良く咲くタイプなので給餌にリスペクト致します。

動物性のプランクトンフードや魚の排泄物も珊瑚の給餌になりますがリン酸が多く、栄養塩が増え珊瑚が褐色に偏りやすくなるのでSPSにはマイクロアルジェが向いているでしょう。それで海外でもマイクロアルジェが使われているようです。べっぴん珊瑚ユーザーを紹介致します。

downloadfile-24.jpg

石垣まんた氏

downloadfile-34.jpg
1.jpg

じゅんや氏

d1095da6-s.jpg

にぃにぃ氏
2016-03-29.jpg

パパス氏

Screenshot_20170708-231041.png
むつよし氏

Screenshot_20170524-222330.png
luna氏

1495936882360.jpg
KOTO氏

まだまだ居られます↓べっぴん珊瑚ユーザーさんも色揚がりしていますp(^-^)q
https://lineblog.me/minimini/archives/1062420173.html

IMG_0613.JPG

この嫁さん水槽はカルシウムリアクターを付けていませんが添加で十分だと思います。ただ90水槽でもワイドとか120水槽の場合はカルシウムリアクターの方が有利になるでしょう。ベルリンsystemだとKHを11前後に保つ必要がありカルシウムリアクターが必要になりますが、BPsystemは6~7あれば良くその程度なら添加で十分です。

IMG_0614.JPG 

ライトは波長も大事ですが光の混ぜ方が最も大事です。T5も大した波長では無いそうですが3波長の混ざり方が良いので珊瑚の色揚も有効になっています。ラディオンやハイドラも波長は完璧では無いそうですが特殊レンズが優秀なので非常に良い実績が多く出ています。システムLEDは拡散させるレンズが大事ですね!スポットLEDなどは位置を上げる事で拡散出来るとR2Rのフォーラムで良く書かれていました。

IMG_0619.JPG 

OGのストロベリーも良好です。5年前は中々上手く飼えない珊瑚でしたが今では上手く飼われている方が増えて来ましたね。

IMG_0620.JPG 

バリ・ブリードは蛍光グリーンがお勧め。

最新RSS


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。