IMG_8251.JPG
オージーのストロベリーを1年半飼育し2倍の大きさまで成長させましたが今年の1月16日に添加実験で大きなダメージを。2016年12月22日の画像です。

IMG_8235.JPG
エキゾチックアフリカさんのオージー初ロットだったので元々シアンはありませんでした

IMG_8455.JPG
今年の1月16日に水酸化カルシウムの実験で画像のようになりました。

2017/01/16 https://lineblog.me/minimini/archives/1062410184.html
IMG_1878.JPG
本日、EOS-KISS F3.5 1/13 マクロで撮影。まだポリプの咲きは弱いですが色彩は戻って来ました。もうチョイです。

IMG_8452.JPG
ストロベリーのフラグから成長させたのにご覧の様な有様です。それから立て直して現在↓

IMG_1817.JPG
回復して来ました。オージーのストロベリーとウスエダは水質の調整で何とかなるもんです。

IMG_8475.JPG
3年近く掛けて育てたブリードのハイマツですがこれもダメージを。

IMG_1882.JPG
でも完全復活して良かったです。と言うかブリードのハイマツってグローブみたいになるんだ^^;

IMG_1879.JPG
OGのウスエダは水流弱+リーフチャージで上手く飼えます。アクアギフトさんもアフリカさんも在庫1ヶ月経っても状態はバツグンですからね。

IMG_1873.JPG
これはヒメマツですがこの手のポリプがボーボーなタイプ(ヒメマツ・ハイマツ・ウスエダ等)は光(波長)よりも給餌(サンゴフードや汲み立ての天然海水)+有機海水が効果的です。その為のポリプの触手なので。

IMG_1880.JPG
アクアギフトさんの初オージー(1年8ヶ月前)の珊瑚です。一番下の広告画像の真ん中のパープルですが3つに割って其々の水槽に入れました。3つとも元気です。

IMG_1864.JPG
ブリードのスギも水面へ。

IMG_1883.JPG
2年前に関東のアクアショップさんで購入したコエダのスギです。毎年関東ではアイスブルーのコエダミドリイシが夏過ぎに大量に入荷されます。(関西では見ない)購入時は白化しそうなアイスブルー(一番下の広告画像に映っています)なのですが飼い込むとブルーグリーンへ。

IMG_1884.JPG
レッド系のハイマツは蛍光タンパク(赤)が乗っている固体は色が容易に揚がります。(UV無しでもOK)ただソリッドカラーのハイマツは直ぐに茶色になるので購入を避けています。つまりスパスラータに似たハイマツが良いですね!

IMG_1881.JPG
ポリプを咲かせる事は良い・悪いと国内では賛否両論ですが、閉鎖された水槽の環境だと咲かせて給餌もさせた方が良いと私は思います。R2Rのフォーラムでもポリプを咲かせるとダメなんて聞いた事ありませんので。

IMG_1813.JPG
インドネシアの珊瑚(バリ)もブルーは綺麗です。T5もLEDでも添加剤を使うとブルーの維持は楽ですね。アイスブルーは餓死直前ですので(褐虫藻飛びの状態)濃いブルーの維持をお勧めします。

IMG_1855.JPG
ここからは90㎝の嫁さん水槽の本日の画像です。ブリードの蛍光グリーンのスギは根元が白化しライブロック化して上へどんどんと成長します。画像の様に大変面白いのでお勧めします、

IMG_1853.JPG
アクアギフトさんの初オージー(1年8ヶ月前)の珊瑚です。一番下の広告画像の真ん中のパープルですが3つに割って其々の水槽に入れた1つです。T5だけのせいか蛍光のポリプが無い。

IMG_1852.JPG
パステルのフィジー産も飼い込むと色彩が濃くなりネシアと同じになります。結局数年経つと我が水槽に染まるので産地など解らなくなるね。

IMG_1838.JPG
オージーのパープルのウスエダですが色が濃くなりました。擬岩に活着したのでもう大丈夫です。

IMG_1822.JPG
パープルクィーンも元気です。アクアギフトさんもアフリカさんも魚は安いのに状態が良いです。

IMG_1804.JPG
オージーのイエロー系のウスエダ。ウスエダは触ると直ぐに調子が落ちるので絶対に触れないでね。コロンと底砂に落とすと直ぐに白化するから。それでレイアウト変更は駄目なんです。余程絶好調で無い限りレイヘン=崩壊を意味します。

IMG_1802.JPG
オージーのストロベリーはバナジウム(レアメタル)に少量の金属イオン(OG-1)が有効だと確認しました。シアンを保つ為に420nm付近の波長も有効です。(R2Rでも書かれています)

IMG_1794.JPG
えらいブルーのスギが伸びたなぁ。

dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


3ae425e8

 
べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。