IMG_0867.JPG


一昔前までは小型のNANO水槽ではミドシイシ(SPS)の飼育は出来ないと言われていましたが近年はR2Rを見ても増えて皆さん楽しまれています。ただアメリカでは90cm以下をナノ水槽と呼びますが^^;

最新RSS

IMG_0869.JPG

小型水槽の場合は外部フィルターを使ったゼニナイヨシステムなど強制濾過又は半強制濾過をお勧めします。理由はバクテリアベット(生物層)が豊かになり水質が安定するからです。嫌気を作くった上で炭素源を使うと強制濾過でも栄養塩を落とせるのでメリットは増します。

IMG_0870.JPG

海外でもマングローブを使ったマリンアクアリウム・テラが流行っていますのでこれで楽しむのも良しです。

IMG_0871.JPG

溜池のようなフリジを作りましたがここが微生物のチャンバーになれば良いなぁと。

IMG_0872.JPG

小型水槽はどうしても水換えに頼りますので珊瑚を水質変化に馴らす必要があります。なので入荷直後の固体よりアクアショップで売れ残っている固体が向いているでしょう。

IMG_0873.JPG

オージーの直輸入するアクア業者が随分と増えましたよね。ユーザーには喜ばしい事です。ただ良く動く価格帯は1個4.000~8.000円で1万円超えると動きが悪くなるようです。ゾゾタウンの洋服も4.000円を2枚という売れ方が多いそうなのでそうなるとブリードや近海物になるかな。

IMG_0874.JPG



IMG_0875.JPG


最新RSS

やばいNEW!
  • 今回のレースで気付いた改良点
  • メインポンプ
  • あのコ願いします☞
  • 自作カルシウムリアクター修理
  • いい海でしたよ^ ^
  • 【追加】乗り換えも・・・
  • 1年&2年サンゴ
  • CREATE THE SEAでコケ掃除貝
  • 変化が欲しくて新入りさんを…
  • 新水槽の立ち上げその⑫ 〜早くもベルリン式断念!?外部式ZENI-NAIYOシステム併用へ〜
  • <備忘録>水質検査しました
  • ブログ終了~Instagramへ
  • リーフオクトパス Regal 300S
  • 大阪市内にある某アクアショップ準従業員A氏を提訴!


  • dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

    IMG_0277.JPG


    OGのウスエダを左下の照度の弱い位置に置いて色を落としたので照度の高い右上に置きました。


    IMG_0848.JPG


    すると5週間でパープルに戻りました。


    IMG_0851.JPG


    ウスエダは24時間咲くタイプなのでアミノ酸とマイクロアルジェ(植物性サンゴフード)の供給が重要だと感じました。波長は何でも良いのですが照度(明るさ)は重要で暗いと茶色になります。尚、ウスエダは咲かなくなると白化します。ただし蛍光グリーンのウスエダは餌さえ与えれば飼えるほど甘くは無いので注意。


    IMG_0866.JPG


    4年も飼育しているバヌアツのパープルのウスエダです。べっぴん珊瑚はパープルのウスエダ、ストロベリー、ブルーのスギ、トゲ、ショウガ、ハナヤサイ、バリ・ブリードの蛍光グリーンを色揚げの指数にして開発しているので効果は出やすいでしょう。


    IMG_0859.JPG


    これもパープルのウスエダで長く居ます。水質を振ると一発で根元から白化する性質を持っています。強いスポットLEDを当てると白ボケて餓死しますので穏やかな光と水流を与えてください。


    IMG_0857.JPG


    オーストラリア(シドニー)のリーファー(SPS)さんとべっぴん珊瑚の輸出でコンタクトさせて頂いているのでオーストラリアのアクア事情を伺いました。


    オーストラリアは他の国からの珊瑚の輸入が禁止で魚類のみになっているそうです。ミドリイシ(SPS)は本国のOG産なのに日本で見るような大きくて綺麗なストロベリーはどこのアクアショップでも見ないようで、稀に指先程度のフラグが売っているそうですがそれでも日本円換算で5千円はするとか。


    他のSPSはブリードサイズで3.000円、Echinataやパステルの強い美しい個体だと日本円換算で7.000~8.000円だそうな。スコリミアのマスターやレジェンドクラスは海外のバイヤーに持って行かれるとのこと。


    IMG_0845.JPG


    オーストラリアはSPSの人気は少なくソフトコーラルやLPSに人気があるそうです。価格も日本の倍もするそうで、魚も高価で特にスカンクシュリンプやレッドソックスは1万5千円以上するとか。しかしアクア器材は安いそうです。オーストラリア人は大雑把な性格の方が多くルーティンが苦手なようでSPSの飼育ユーザーは少ないそうな。


    IMG_0846.JPG


    オーストラリアではショップも含めUV-Violet強めのLED飼育が主流だそうですが、最近は重金属を利用したアグレッシブな珊瑚のカラーマネジメントや植物性プランクトンを含む珊瑚餌も充実されているそうです。


    R2R(アメリカ)でもその傾向があり波長(灯具)よりも水質で飼う方向に向っています。それが証拠にべっぴん珊瑚のリーフチャージみたいな植物性サンゴフード(マイクロアルジェ)が普及しています。恐らく国内も数年経てば各メーカーから海外の植物性サンゴフード(マイクロアルジェ)がどんどんと輸入して来るでしょう。


    IMG_0855.JPG


    OGのストロベリーも良い感じです。海外のようにこれからはアグレッシブな珊瑚のカラーマネジメントに植物性プランクトンを含む珊瑚餌です。別に添加剤を売りたいからってホラを吹いているわけではありませんよ^^ 盆栽のようなアクロバテックなレイアウトもそうだけど先を走っているだけ。


    IMG_0856.JPG


    と言うのもライトの開発は限界に来ているからだと思います。国内ではLEDライトの波長(素子)に拘るようですが、海外のLEDは混ざりの良いレンズに拘りを持つようです。それでラディオンとハイドラのシェアが。


    IMG_0854.JPG


    レイアウトに大きなワイルド固体ばかり選ぶとセンスが悪くなる傾向があります。小さめのブリードを半数入れて成長させて始めて海外の様な素敵なレイアウトになります。オーストラリアのリーファーも日本人のようにワイルドを買うと育てる楽しみがなくなりますね。と。確かにそう思います。


    IMG_0852.JPG


    現在、国内ではワイルドのオーストラリア珊瑚の供給が多いですが1~2年後には間違いなく半減しているでしょう。バリ・ブリードの需要が増えると思います。既に海外がそうだから。こんな事をブログで書くからアクア業界から嫌がらせされるんだよな。


    IMG_0841.JPG





    20160629_004547

    Q べっぴん珊瑚と兼用出来ますか?

    出来ます。添加量もそのままで構いません。アミノ酸とビタミンも兼用してください。

    Q REEF CHARGEにアミノ酸は入っていますか?

    アミノ酸のケミカルは配合していませんがプランクトン自体にアミノ酸、脂肪酸、たんぱく質、
    ビタミン、ミネラルは含まれ特にカルシウム、不飽和脂肪酸、EPA、DHAが多いです。

    20160629_004605

    Q 保管は常温ですか?

    プランクトンのジュースなので開封後は冷蔵庫で保管しお早めに使い切ってください。

    Q ポリプ咲きますか?珊瑚の色は揚りますか?

    テスターさんと当方の実験水槽では良く咲きましたが個々の環境で変わると思います。
    咲きが悪い場合は照明の明るさを少し落としてください。色揚りは直接関係はないと思い
    ますが健康な色彩になるのではと。

    Q REEF CHARGEはいつ添加すれば良いですか?

    消灯後がもっとも効果的です。

    Q 海外でも植物性プランクトンは使うのですか?

    使います。過去にも紹介致しました。





    Q 動物性プランクトンとどう違うのですか?

    動物性プランクトン>植物性プランクトン>バクテリア(菌)>ウィルスの順で大きさが変わります。
    SPSには植物性プランクトン>バクテリア(菌)のサイズ(5-50μ)が適していると言われています。

    Q 栄養塩は出ませんか?

    従来の珊瑚フードは牡蠣、コペポーダ、魚卵、ワムシ等の動物性プランクトンが多く栄養塩が出ましたが
    マイクロアルジェ(植物性プランクトン)をテストした段階では栄養塩は余り検出しませんでした。

    Q 何の種類のプランクトンですか?

    プレウロクリシス、デュナリエラ、クロレラ、スピルリナの4種類です。主原料はプレウロクリシス。

    Q ベルリン水槽でも使えますか?

    もちろん使えます。

    Q ソフトコーラルやLPSにも使えますか?

    もちろん使えます。テスターさんの話ではソフトコーラルが良く咲くそうです。


    20160625_192459


    この本はマイクロアルジェコーポレーション株式会社 MAC総合研究所の医学博士が書かれています。


    20160625_140810


    植物性プランクトン・珊瑚フード「REEF CHARGE」は資料を元に配合致しました。


    20160625_140836


    REEF CHARGEの主成分がプレウロクリシス(Pleurochrysis)です。
    カルシウム成分を多く含み、不飽和脂肪酸EPAやDHAが凄いです。このプランクトンの培養技術はマイクロアルジェコーポレーション株式会社 MAC総合研究所が世界で始めて成功し現在も当社だけだそうです。

    image


    今回の画像は全てマイクロアルジェコーポレーション株式会社さんから頂きました。


    image


    今回べっぴん珊瑚とコラボさせて頂いたマイクロアルジェコーポレーション株式会社です。


    image


    REEF CHARGEの主成分であるプレウロクリシス(Pleurochrysis)は、ここ沖縄宮古島の培養ファームから作られています。凄い敷地ですね!

    image




    image


    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。







    IMG_0828.JPG
    玄関水槽はダイノスが出た時に一度畳む予定でしたが、アクアテラで宮古島の珊瑚水槽をしたくなりテストを兼ねてスキマー無しのゼニナイヨsystemオンリーで行っています。まだテスト中ではありますがスキマー無しではとても厳しい感じ^^;

    マングローブやアダンを育てると盆栽気分になりますね。広くて浅いガラス水槽の中にこの水槽をビルトインさせて二重にしようかな。水槽の外に白いべっぴんサンドを敷いて流木を置きオカヤドカリがマングローブまで登れるように。

    IMG_0831.JPG
    ミドリイシを樹木のようにレイアウトすると下部が光が当たらなくなるので白化しますね。基本は雛壇みたいに上から見て珊瑚全体に光が当たるようにレイアウトしなければなりません。まぁアタリ前田のクラッカーですが(死語)

    IMG_0834.JPG

    ミドリイシ飼育を長年するとLPSやソフトコーラルは気を使わなくて済みます。魚が食べそうなのでそこだけ気を使うか。

    IMG_0832.JPG
    スターポリプは芝生みたいで綺麗ですね。べっぴんのアミノ酸を与えるとどんどん咲いて広がります。ソフトコーラルは添加の関して即効性ありますね。

    IMG_0834.JPG
    アクアギフトで1個2.000円の予算で買い集めています。ウィスカーズは1年前に購入した個体なので株が増えました。

    IMG_0837.JPG
    120水槽のソフトコーラルやLPSは旧パセオで買い集めた個体なので7年前になります。アミノ酸とリーフチャージで色艶が良くプックリしています。

    IMG_0838.JPG

    二種類のウミバラです。とても好きな珊瑚ですが最近は人気ない。以前はシコロ、アオサンゴ、スリバチ、イバラカンザシ、ホンケヤリ、ハードチューブとか人気があり高価だったのですが。

    IMG_0839.JPG

    このイシナマコは8年以上居ます。ブルーのイシナマコはレアで過去にも見ないですね。邪魔ですけど。ちなみに円盤型がクサビラで楕円で長くなるとキューリで更に細長くなるとイシナマコと呼びます。人気無いけど。

    IMG_0840.JPG

    奥にあるエレファント・ディスクも8年になりますがデカクで邪魔です(><)。ハゼぐらいなら捕獲して食べます(^-^;

    IMG_0836.JPG


      ZENI-NAIYOシステムの質問が良く届きますので今回は説明させて頂きます。
    底砂を厚くして脱窒を行うDSBシステ(ディープ・サンド・ベット)のスポンジ版でスポンジ嫌気システムとも言います。砂だと硫化水素が出たり何年も使うとリンが蓄積して交換を要しますが、スポンジだと手入れが楽になります。

    尚、ZENI-NAIYOシステム(スポンジ嫌気システム)は3つのバージョンがあります。

    ■底面間欠噴き出し式ZENI-NAIYOシステム
    詳しくは 
    でも説明されていますが無数に穴を開けた塩ビパイプを間欠(3時間毎)で噴出して半強制濾過を行い砂に埋めた嫌気スポンジで脱窒を行うシステムです。連続通水では栄養塩が増えます。

    利点は半強制濾過で生物層が豊かになりアンモニアが早く分解出来る事。欠点は底砂が厚くなる(3㎝ほど)事です。大きな水槽向けです。(現在、我が家の120水槽、アクアギフトさんの珊瑚水槽全部、エキゾチックアフリカさんの珊瑚販売水槽に使用されています。

    img_0.jpg 
    ZENI-NAIYOシステムの詳しい解説はこちら↓
    さんのブログ
    20140802081954aff.jpg

    こんな感じで自作します。非常に簡単です。(画像はJUNさん)




    ■外部フィルター式ZENI-NAIYOシステム

    エーハイム(2217等)やGEXメガパワー1215(容積12リットル)など外部フィルターの中に嫌気スポンジをドーツ状に入れてライブロックを穴に詰める方法です。擬岩や底砂無しでも可能です。外部フィルターは強制濾過ではないので荒めのライブロックを軽く詰め込みます。

    魚がメインの場合はライブロックは多目にして連続運転を行い、珊瑚メインの場合はライブロックを少なめにし脱窒の効率を上げる為に通水量をコックを絞って少し落とす、又は3時間間欠運転にします。ただしクーラー接続する場合は凍結するので連続運転にします。

    小型水槽向けです。利点は飼育水槽内をベアタンク化が可能。欠点は大きな外部フィルターを使うのでスペースが必要な事。

    1.jpg

    何年も前から使っているゼニナイヨsystemなので洗車スポンジのままです。この洗車スポンジは硫化水素が出やすいので定期的に点検して下さい。グレーになって臭いと硫化水素が出ているので海水で絞ると再利用出来ます。洗車スポンジなど厚いスポンジの場合は丸める事が出来ないので縦に使います。

    IMG_9413.JPG

    スポンジの厚みが4センチ未満の場合はドーナツ状にして表面積を増やすと脱窒の効率が上がります。


    ■サンプスポンジ嫌気システム

    サンプが広くないとスポンジが設置出来ないので中型水槽向けになります。利点は簡単。欠点は強制濾過が働かないので水質の安定感はやや劣るのでサンプにライブロックを入れる方法もあります。

    20170815_185801.jpg

    現在、G3アクアラボさんでサンプに嫌気スポンジを入れています。

    footer_info01.png
    small.jpg

    擬岩の場合は生物層を豊かにさせるためにライブロックをケースに入れて1~2ヶ月間沈めると良いでしょう。擬岩や底砂に新鮮なライブロックに棲むアーキア(古細菌)やアナモックス菌が飼育水を綺麗にしてくれるでしょう。立ち上がるまで定期的に行うと効果が出ます。(ライブロックは数キロで十分。ブリードなど良く入れる場合は土台がライブロックの役目を果すので必要ありません)

    smll.jpg




    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。



    IMG_0822.JPG
    水流は水面から3分目の位置にウェーブポンプを備え付け平行からやや水面に向けています。水面を揺らす事で照明を乱反射させて波長を混ざる役目を果たします。また溶存酸素も増やしますが気泡を入れないように注意しています。

    底砂にも穏やかに水流を与える必要がありレイアウトの背面にもポンプを付けてデトリタスが後ろに積もらないように工夫します。

    我が家では中華製のウェーブポンプを使用していますが、ゴー&ストップを繰り返すと一年で壊れるのでハイ&ローで設定しています。

    ウェーブポンプは細長いエアコンタイプと丸い扇風機タイプがあり両方使っていますが、個人的には丸い扇風機タイプが使い易いです。ただ見た目が不細工なので海外ではMPシリーズを良く見ますね。

    IMG_0827.JPG

    土壌バクテリアを入れると翌日には透明とが増してスキマーの汚水カップに気持ち良いドライウォームが貯まっています。栄養塩の回収が良いバクテリアなのでBPsystemには重宝します。土壌バクテリアはORPを上げて透明度が増しますが、逆にORPを下げて浮遊バクテリアを増やしたい時にはジェックスサイクルが有効です。

    IMG_0816.JPG

    珊瑚は触らない、水質を振らない、ライトを換えない、ヤッコやチョウチョウウオを入れない、メンテはしっかりと行うとポリプのご機嫌が治ると思います(*^^*)

    IMG_0813.JPG
    スキマーなしで炭素源を入れると水槽が臭い透明度が落ちます。

    Screenshot_20170925-202250.png
    Screenshot_20170925-202311.png
    Screenshot_20170925-202318.png
    Screenshot_20170925-202322.png
    Screenshot_20170925-202327.png
    Screenshot_20170925-202334.png
    Screenshot_20170925-202339.png




    imgrc0070724936

    餌付けに最適!魚の餌に浸すことで嗜好性がアップ!

    魚の餌を浸すことで嗜好性をアップさせる栄養強化剤です。
    アミノ酸16種類とビタミン12種類を含み、チョウチョウウオの餌付けにも最適です。
    頭皮欠損や成長促進にも効果があります。


    魚馳走さま 300ml
    対象淡水魚・海水魚(サンゴ水槽にも使用可です。)
    特長●魚の餌に浸して与える栄養強化剤です。
    ●頭皮欠損を予防し、体型を良くする効果があります。
    ●元々は釣り用の添加剤ですので嗜好性が良くなります。餌付けにも最適です。
    ●魚の成長を促進させる効果があります。
    ●計量、含浸に便利なキャップ付きです。
    内容量300ml
    ご使用方法●適量をとり、魚の餌に含浸させて与えてください。
    ご注意※本品は観賞魚用品です。目的以外の用途では使用しないでください。
    ※高温多湿を避けて保管し、開封後は冷蔵庫で保管してください。
    ※万が一、飲んでしまった場合は医師に相談してください。
    ※目に入った場合は流水でよく洗い流して医師に相談してください。




    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。


    20170924_125549.jpg


    本日、撮影しました。下のテーブルのヨコミゾスリバチが大きく巻いて成長しましたね。

    20170924_125632.jpg

    珊瑚水槽は上から見ると綺麗です^^ T5は波長不足で白ボケし易いので、添加剤や珊瑚フードで給餌を行い褐虫藻に頼る事無く成長と色揚げを行います。

    20170924_125633.jpg

    べっぴんオレンジは珊瑚系の添加剤の中で最も良く咲くアミノ酸なので(個人比)ポリプ食化には欠かせませんが、カーリーやヘビ貝やミノウミウシなど厄介な生物も良く増えるので両刃の剣とも言えます。

    20170924_125636.jpg

    T5の管の配列は基本的に水槽が綺麗に見えれば何でもOKです。ただアクアトロニック(420nm)と呼ばれるバイオレットは2本あると蛍光タンパクが保てるでしょう。6灯ならアクトロX2、白X2、青X2とか。8灯ならアクトロX3、白X3、青X2みたいな。アクトロX2、白X3、青X3とかも。ピンク管も好きなら混ぜてもOKです。

    20170924_120349.jpg

    底砂を白く保つ為にミズタマハゼやオトヒメハゼを入れています。

    20170923_225214.jpg

    新型の中華ウェーブポンプが2台壊れました。2万円もしたのに。

    0701295_Det_1.jpg

    今日は午後からBMW堺ディーラーに参りました。

    s-DSC_0001.jpg

    新型M4が素晴らしかった。504馬力で1400万円かぁ。1年後には1千万は軽く切るだろうなぁ。

    s-DSC_0003.jpg

    嫁さんに相談したらポルシェの方が良いと。BMWってどれも同じに見えるらしい^^;スタッフさんは手軽な3シリーズが良く売れ、そこから180万も高くなる5シリーズは余り売れていないそうな。

    見た目は3シリーズも5シリーズも見分けが付かない。そこで「3シリーズと5シリーズのどこが一番違うの?」と尋ねたら「ドアの音が全然違いますね!5シリーズはドスンと重い事がします」との事。そこか。(笑)

    20170924_160700.jpg

    プラグ6本で21.000円にエアーフィルターは8.500円で購入。工賃は8200円だったのでDIYでします。

    20170924_153342.jpg

    プラグ見るのにエンジンカバーを外します。

    20170924_153349.jpg

    ダイレクトイグニッションコイルを外すのにケーブルをユニットごと外さなくてはなりません。まぁここまでは楽勝。

    20170924_153407.jpg

    一番奥のシリンダーって手が入らん・・。頑張ってプラグを抜きました。

    20170924_153423.jpg

    プラグは早めに交換。

    20170924_162027.jpg

    メンテ完了~♪エンジンの回転も上がりが軽くなりました。



    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。


    IMG_0741.JPG


    自称洗車マニアで以前、車のブログで良くネタにしていました。
    http://blog.livedoor.jp/miniminimodena/archives/50178978.html

    現在、シリコンオイルを使ったコーティングをしているのですがこの施工は数年前から洗車マニアの間で流行っています。まず水を上から下に向けて砂埃を洗い流します。ちなみに私のシャンプーは逆でチ○コから洗い最後に頭を洗います。聞いていない?

    IMG_0739.JPG

    カーシャンプみたいな薄~いクソ商品よりJOYの中性洗剤が良いです。ママレモンでも構いません。バケツに洗剤を入れて水を一気に足し泡立てます。泡で洗う感覚ですね。

    IMG_0740.JPG

    洗車スポンジをセーム皮で包んでボディを洗います。洗車スポンジは脱窒に使う物で洗車に使うと傷が付きます。

    IMG_0742.JPG

    洗剤を水で洗い流しシリコンオイルを吹き付けます。KURE(1本298円)が粘りが強くお勧め。シリコンオイルは揮発成分や石油など化学的な溶剤はなく耐寒性、耐熱性に優れたオイルです。無害なので化粧品や医療にも使われています。

    IMG_0743.JPG

    洗剤を水で流し水滴を残したままシリコンオイルを吹き付けます。

    IMG_0747.JPG

    石油系で無いためにホイルやタイヤにも使えます。

    IMG_0749.JPG

    耐熱性なのでマフラーやエンジンルームにも使えます。

    IMG_0751.JPG

    ヘッドライトや樹脂パーツが鮮やかに蘇ります。

    IMG_0752.JPG

    セーム皮を広げて引くようにして拭き取ります。

    IMG_0759.JPG

    シリコンオイルを使うと斑が出ますので使い捨てのウエスを使って丹念に磨きます。古いTシャツでもOKですがタオルは傷が付くのでNG。

    IMG_0758.JPG

    テロテロになるまで磨きます。オイルがコーティングしているので磨き傷が消えます。

    IMG_0753.JPG

    ホイルもタイヤも乾拭きします。

    IMG_0761.JPG

    雨が降っても強い撥水効果で水玉がコロコロします。

    IMG_0762.JPG

    WAX効果はバツグンで1ヶ月は持ちます。

    IMG_0772.JPG

    愛用のシュアラスターマンハッタンゴールドやポリラックより光沢があるかと。もうアホらしくて高価なカーWAXは買えない。でもカーワックスも希少で高価なカルナバは少なくてシリコンオイルが主成分なんだよね。ちなみに一番高いWAXはザイモールです。価格は150万円https://store.shopping.yahoo.co.jp/045-car/zym-12001.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title#ItemInfo

    IMG_0775.JPG

    エンジンルームはシリコンオイルを吹き付けてウエスで乾拭きします。

    IMG_0777.JPG

    室内は水を漬けて硬く絞ったタオルで噴きます。レザーにハンドクリームやオリーブオイルを使った時期がありましたが染みが出来るので止めました。必要に応じて皮靴用専用クリーナーは時々使います。

    IMG_0784.JPG

    バイクもBMWもシリコンオイルで施工しました。疲れた。

    20170923_115527.jpg

    今からアフリカさんとアクアギフトへ配達に参ります。



    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。



    IMG_0712.JPG

    今回はバリ・ブリード珊瑚の選び方と特徴についてです。画像は一部アクアギフトの過去の出品を使いました。

    IMG_20170922_142302_976.jpg
    今日もREEF2REEFの公式で紹介されました。2日連続は初めてです。

    27117275-s.jpg

    人気なのがパープル&ポリプがイエローのスゲです。基本的にツートンカラーの珊瑚の色揚げは難しいのですがこの種類に限り楽です。


    IMG_0452.JPG

    入荷直後は濃いパープルですが次第に薄れて来ます。T5だとボディが白っぽくなりますが先端はパープルになります。ただ栄養塩が出ていたりライト(波長)が合わないと色が揚りません。飼育レベルは中級クラス。


    imgrc0075882358.jpg

    ネシアは色落ちして入荷することがありますが種類とベースの色さえ知っていれば問題ありません。この固体は直ぐに↓


    IMG_0215.JPG

    蛍光グリーンになります。ブリードで一番色揚げと飼育が楽な珊瑚です。飼育レベルは初級クラス。


    38_07270005r.jpg

    グリーンのホソエダです。水槽に合う合わないが分けれますが合うと色はこのままで成長が早くなります。成長点が脆く崩れやすいので基本的に台を持って移動させてください。飼育レベルは初級クラス。


    imgrc0075882403.jpg

    ブリードで多いパープルのスギですで飼育は容易ですが色揚げは難しいです。避けた方が無難。飼育レベルは上級クラス。


    8_05152152r.jpg

    ホソエダですが生セメントの状態の固体は出来れば避けたいです。石灰藻が付いている台がお勧め。ブリードはキモガニが良く付いているので注意して下さい。


    50_07270006r.jpg

    レッドのエダコモンですがとても綺麗で人気があります。メタハラだと色が維持出来ますがT5やLEDでは中々難しい。飼育レベルは上級クラス。


    85_06232320r.jpg

    蛍光グリーンのウスエダです。とても鮮やかなグリーンでT5だとイエローに傾きます。色落ちも無く人気がある珊瑚ですが年単位の飼育は非常に難しいです。飼育レベルは上級クラス。


    136_06232320r.jpg

    ブリードで時々入荷するオレンジ&イエローのハイマツです。色揚げはスパスラータ並みの飼育スキルが要りますが飼育自体は容易です。照度の高い場所に置くと色は変わりますが赤系のハイマツで楽しめます。飼育レベルは上級クラス。


    a41_03162338r.jpg

    ウネコモンですが初心者でも飼え色持ちも良いです。強い光は必要ではありません。飼育レベルは初級クラス。


    a52_03162338r.jpg

    蛍光グリーンのエダモコンです。キャピタタかもしれませんね。飼育に癖があるので環境に合う合わないが分かれます。栄養塩が少しある方が色が濃く成長します。ミノウミウシに注意。飼育レベルは初級クラス。


    imgrc0071366943.jpg

    良くスギと間違えられますがこれはヤスリサンゴです。色揚げはやや難しく成長は遅めですが丈夫な珊瑚です。先端が白く鱗状になりグリーン、ブルー、パープルがありますが最終的にはどれもグリーンになる事が多いです。飼育レベルは中級クラス。


    imgrc0071367238.jpg

    こちらもヤスリに仲間ですが先端が白く出ていないタイプです。飼育は楽ですが色の維持は難しく茶色に遣り易いです。UVを当てると良いでしょう。飼育レベルは中級クラス。


    imgrc0071367239.jpg

    サボテンサンゴです。スギに似ていますがポリプが良く咲いて成長点は橙色の輪が出来ます。飼育も色揚も容易なので初心者にお勧め。飼育レベルは中級クラス。


    imgrc0071371465.jpg

    被覆系のコモンですが直ぐに茶色になります。墓石みたいな形状が多く色彩も豊富ですが色揚げは無理に近いかも。稀にメタハラで維持が出来るようです。飼育レベルは上級クラス。


    imgrc0075882350.jpg

    油断すると茶色になり易い。この作り立てのブリード台の場合は外してレイアウトに固定する方が良いでしょう。


    IMG_0216.JPG

    ブルーやパープルで非常に美しい色彩ですが深場のサンゴ(ロリペスとか)なので飼い難いです。初心者の方はスルーするのが賢明。飼育レベルは上級クラス。




    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。






    8~9年経過した大型ヤッコ乱舞水槽です。(σ*´∀`)=ミドリイシ飼育というイメージがあるようですが海水魚飼育の方が遥かに長く経験もあります。

    これまで魚水槽にオゾン、殺菌灯、ナチュラルsystem、スキマー、天然海水、海藻、オニヒトデなど色々試しましたが、最終的には8年以上も濾過材(珊瑚礫)を掃除せずウェット&ドライの古典的な強制濾過systemで月に一回のペースで300リットル換水するstyleになりました。

    珊瑚飼育はレイアウトに触るな!ですが魚水槽は濾過に触るな!に徹しています。これで白点病も数年は出してませんし今後も出ないでしょう。

    入荷直後の魚を購入すると基本的トリートメントタンクで検疫が必要です。トリトンが用意出来ない場合は水槽内に隔離箱を備えて白点病とハダムシとリムフォが出ないがチェックします。


    IMG_0723.JPG
    大型ヤッコを乱舞させたい場合は私のように幼魚を買い揃えて育てると良いでしょう。幼魚だとケンカも余りしないし、価格も安いし、ショップで手に入り易いし、バクテリアも着いて来やすいからです。それに幼魚から育てるとなんと言っても情がわきます。(#^.^#)

    過去の記事もどうぞ。
    IMG_0721.JPG
    白点が出ると銅イオンが有効でべっぴん珊瑚の白点大魔王を使わなくても硫酸銅で十分です。ただ白点大魔王は便利ですが(*^^*)

    まぁ何事も経験なので低比重治療法や高水温治療法やオキシドール治療法やヨウ素治療法など犠牲を出しながらでも試すと良いです。私も沢山の犠牲を出した上で銅イオンだと結論を出しました。


    Screenshot_20170921-101327.png今日、REEF2REEFの公式サイトに嫁さん水槽が。しかもゼオビット!( 。゚Д゚。)

    良くフォーラムを読むと画像をゼオビットと間違えたみたいでゼオビットの問題点を動向し合うカテゴリーでした。

    Screenshot_20170921-163903.png
    過去に私はゼオビットもしていたのでその記事も貼ります。

    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。



    IMG_0703.JPG


    FRP擬岩は2013年製作だから4年もレイアウト変更はしていないので見飽きた感はありますが、10年はこのままニョコニョコと育てて行きたいと思います。つまりZENI-NAIYOシステムは4年の実績があるって事になります^^

    IMG_8452.JPG

    今年の1月に塩化カルシウムの実験で大失敗してダメージを食らいましたが現在は復活しています。当時のOGストロベリーのフラグ(2年物)はこの有様。

    20170119_131346.jpg

    当時は白化するかと思いましたが現在は。

    IMG_0708.JPG

    目標だったレッドチューリップになって来ました^^ 周囲のレッドとグリーンのコモンに囲まれているので根元はヤラレそうだけど。

    IMG_7485

    2015年(2年半前)エキゾチックアフリカさんにてOGストロベリーの初入荷の時に購入し去年の暮れに撮影した画像です。倍の大きさに育っています。

    20170116_193847.jpg

    そのストロベリーも今年の1月に塩化カルシウムの実験で大失敗してダメージを食らいました

    IMG_8455.JPG

    根元が白化したので3分割して戻しました。

    IMG_0713.JPG

    分割した2個は並べて固定させて現在は完全復活しFRP擬岩に活着しています。もともとシアンが薄いストロベリーでしたので2年半過ぎた今も購入した時と変わっていません。

    IMG_0717.JPG

    こちらは数ヶ月前にアクアギフトのべっぴん珊瑚祭in苺で購入したOGのストロベリーです。色彩は購入時のまま
    維持が出来ています。

    IMG_0720.JPG

    ストロベリーは確かに綺麗だけど一旦色落ちするケースが多いので喜び感よりもがっかり感の方が多い気がします。スパスラータも同じですが。個人的には入荷時の色彩を保てないオーストラリア産の珊瑚より、色揚げが期待出来るネシアの珊瑚の方が好きです。現にZEOVIT本社の水槽もネシア(バリ)のブリードしか使用していません。ただアクアショップの販売水槽でオージー珊瑚を見た後にネシアの珊瑚を見るとクソに見える・・。

    IMG_0711.JPG

    バリ・ブリードのブルーのスギも色が揚ると綺麗になります。あっ!それは高級なフィジーのハナヤサイ(><)。

    IMG_0712.JPG

    バリ・ブリードは添加剤で綺麗に色が揚りやすいです。オージーは色を守るのに精一杯。映っているストロベリーは3分割した1個です。

    20170202_214523.jpg

    カキ氷のシロップではありません。高濃度・高品質・無添加のべっぴん珊瑚です。

    IMG_0701.JPG

    嫁の水槽の底砂をプローフォースで掃除していたら左のOGのウスエダにコツンとぶつけてしまった。これで2~3日は咲かないですね。ウスエダは触るとアウト!それくらい珊瑚はデリケートなのです。図太い珊瑚もありますが。

    20170920_130450.jpg

    玄関は実験水槽ですがジオラマみたいになって来たなぁ。

    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。


    IMG_0700.JPG
     


    以前にりんぱるさんから頂いたゼニナイヨsystemのステッカーです。キャビネットに貼っています( v^-゜)♪

    20140802081954aff.jpg


    底面噴き出し式ZENI-NAIYOシステムはアクアギフトとエキゾチックアフリカさんと某生体卸業者のプロショップを初め多くのユーザーさんに自作で使用して頂いています。

    詳しくは



    IMG_0699.JPG
     


    本日は撮影致しました。底砂を白く綺麗に保っ為には、ミズタマハゼとかアカハチハゼを数匹入れると良いです。水作のプロホースでデトリタスを吸い出すと底砂が撹拌されるので尚グッド。琉球ムシロガイも有効です。

    20170705_195246.jpg


    珊瑚の色を濃くして蛍光グリーンを引き立てたい場合はべっぴんグリーンを多めにします。オージーなど蛍光タンパクが多い珊瑚にはOG-1やレアメタルを入れます。珊瑚の免疫力を高める為に(白化防止)にべっぴんホワイト(ヨウ素+カリウム)を入れますが多く使用する必要はありません。アミノ酸とビタミンはポリプ食に必要不可欠でしょう。調子が良くてもっと成長点を増やしたい場合はNIスッピンを兼用します。


    IMG_0698.JPG


    珊瑚の色が茶色になる場合

    □リン酸は0.5ppm以下になっていますか?
    □魚が多くありませんか?ポリプ突いてませんか? 
    □珊瑚を触り過ぎてませんか?繁盛にレイアウト変えてませんか?
    □ライトは暗くないですか?
    □バクテリアの棲みかはありますか?

    珊瑚の色が白くボケる場合

    □T5のライトで添加が足りていませんか?
    □ライトが強くありませんか?
    □ゼオライト、OG-1を過剰に入れていませんか?
    □弱った珊瑚を購入していませんか?

    IMG_0692.JPG
     


    NANO(小型)水槽でミドリイシを飼育して色揚げまで行うのには相当スキルが必要でしょう。それを年単位で飼育しニョコニョキと成長させるのには海外のR2Rでも滅多に見ません。なぜ難しいのかと言うと水量が少ないので水質が安定しないからです。


    1.jpg

    smallDQ2GV583.jpg


    小型水槽で簡易スキマーを使ったベルリンシステムを選択するとまず生体が増やす事が出来ません。理由はバクテリアベッドが華奢なので硝化が間に合わず水質がブレルからです。小型水槽でも生体が少ないと硝酸塩やリン酸を0.00ppmに出来ますが生体を増やすとアンモニアの硝化が遅れ着いて来れなくなります。そもそもバクテリアが少ないので。


    例えば45X45X45cmのキューブ水槽に底砂を入れる場合と、横90X縦20X奥45cmのペッタンコな水槽に底砂を入れるのとでは同じ体積(総水量)でもバクテリアの硝化能力は倍ほど変わって来ます。底砂の表面積が違いますから。


    底砂が無くても水槽の形がどうであっても生物層を増やして水質を安定出来るのが外部式ZENI-NAIYOシステムです。強制濾過は栄養塩工場となるのでミドリイシは飼えないと言うのは過去の話。強制濾過でもミドリイシを上手く飼えている方は居ます。


    2b260fb3-s.jpg


    1年経過した嫌気スポンジです。ベトベトのドロドロになるとスポンジ内でORPが下がり(-50mv)脱窒を初めます。これがバクテリアベッドであり水質を安定させます。小型水槽ほど強制濾過が有効なのです。


    IMG_0694.JPG
     


    小型水槽で安定させるのには最低でも半年は掛かりますね。それまでは騙し騙し生体や珊瑚を増やして様子を見ます。せっかちな性格の人は小型水槽は向きません。




    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。


    ↑このページのトップへ