藻の対策についてYouTubeで話しました。




珊瑚砂はブダイが珊瑚を食べた糞。これマメ知識な(*^^*)


ろ過用の珊瑚礫とカルシウムリアクター用のメディアの違い。陸で雨ざらしにされているのがろ過用。海水中で採集したのがカルシウムリアクター用のメディア。珊瑚礫は雨ざらしにされるとリン酸が蓄積されます。これマメ知識な。




ライブロックはピンクの面が下で白い面が上です。海中では岩の上にミドリイシが群生し岩の横影のウミトサカやイボヤギが生息している場所にピンクの石灰藻がありますから。

しかし水槽に使う時はピンクの面を上に置いて白い面を下にします。

画像引用
https://izu-papalagi.jp/2020/03/16/3-16%EF%BC%88%E6%9C%88%EF%BC%89%E5%AF%8C%E6%88%B8/








ミドリイシの種類による飼育の仕方について。スギ、ウスエダ、ハイマツ、コモンをYouTubeで話ました。終盤はミノウミウシをコモンと呼び間違えてます😅


YouTubeでも話しましたが水槽が立ち上がっていたら好気バクテリア剤は必要ありません。入れると酸素を取り込み酸欠して白濁りを起こしORPを下げて水質が粘るだけですから。入れるなら土バクでORPを上げスキマーを最大限に活かしてドライウォームを作ります。





パープルのウスエダは比較的飼育は簡単ですが成長すると下から白骨化するので小分けに崩した個体かフラグをお勧めします。

バヌアツのウスエダを6年飼っていますが大きくなっては白骨化を繰り返すので育てば分解して別に植え直すを繰り返すようにしています。

光は普通で良いですがUVやバイオレットは必要としません(合っても大丈夫です)のでT5でも飼えます。ポリプが咲かなくなると白化するので水流と給餌でポリプを閉じないように調整します。



蛍光グリーンは安くて良く入荷します。ウスエダは波長や栄養塩で色落ちすることが殆んどありません。つまり簡単な珊瑚なのですが鉄が少ないと黄色くなり根本から白化するので植物性プランクトンフードと鉄の添加が有効でしょう。半年くらいは初心者でも飼えるので大きな株を選ばず小さな株を選んで育てる事をお勧めします。




ウスエダはホワイト系のブルーポリプもあります。短期では容易ですが長期飼育は困難でした。ウスエダでもグリーンxパープルがあるのでこれを見付けたら買いですね!ただし数年経って育つと単色になるでしょう。


我が家では年単位でウスエダを育ててます。



ロッソカーズに行きました。そろそろ車欲しい。








今からはアクアギフトとアフリカさんへ。今週もたくさんのべっぴん珊瑚のご注文ありがとうございました。




べっぴんサンドも積めるだけ積んで。



アクアギフトに到着!



新鮮なライブロックが入荷しています。




次はアフリカさんへ。


珊瑚が爆入荷してました。まだ未開封の珊瑚も。



ワイルドですが8800円が多かった。高くても11000から12000円で別でインドネシアのブレードも。合法の八重山ブレードも沢山ありました。





底砂についてYouTubeで話します。なぜカルシウムサンドは硫化水素が出ないのか?




ベテランの釣り師は魚に近い方からお金をかけるんです。一番目は餌、二番目は針、三番目はハリス。初心者は魚から遠い方にお金をかけます。リール、竿、サングラスなど。

アクアマリンも生体に近い水に近い方から優先にお金と手間を掛けます。水換え、水温関係(クーラーなど)、水流ポンプは手間を惜しまずに。水槽、キャビネット、ライトはファッションの分類なので余裕があれば拘って下さいませ。




リーフタンクのスキルの差はこの6項目の差ですね。YouTubeで話します。





土バクこと土壌バクテリアの評判が良くて嬉しいです。スキマーの能力を上げるので透明度を上げて栄養塩を落とします。あとバクテリア自体が珊瑚の餌になるのでポリプの咲きが良くなります。

土バクは嫌気性の為に空気を抜いてキャップを閉めて下さい。100均のプッシュボトルに入れ換えるとボトル内の空気(酸素)に触れて好気バクテリアに変わりますので。白い粒々が出るとそれは好気バクテリア(酵母菌)です。










べっぴん珊瑚の使い方はこちら


べっぴん珊瑚のマニュアルはこちら






珊瑚の色揚げは水質7に波長3と海外で良く言われてます。波長の悪いT5でも↑の画像のように色揚げ出来ますからね。

蛍光カラーはUVからバイオレット域の波長が有効です。

最近はYouTubeで説明させて頂いていますが編集が面倒臭くてノーカットです(^_^;)


リーフタンクは水温と比重とKHとリン酸の4つだけは測って把握して下さい。





インドネシアのブリードコーラルについてYouTubeにアップしました。



私は過去に古代魚、ディスカス、水草、錦鯉もしていたのですが8年前にSPS水槽でチョウザメを飼っていた事もあります。淡水から1年掛けて海水に慣らしました。






カッコ良かったのですがチョウザメは目が悪く珊瑚に衝突ばかりするので長くは飼えませんでした。




古代魚が好きでアロワナ、ポリプレルス、ガー、アイススポッテッドシクリッド、プレコなど飼ってましたね!ピラルク、ヘラチョウザメ、ネオケラを飼ってみたかったなぁ。





これを見て5年前に真似した事があります。


床下に1トンの生け簀を作りました。上に歩けるように強化ガラスをオーダー。


鯉も良いのを。


ろ過は外で。数年後に止めました。家が腐る(^_^;)





水槽のメインポンプの回転数についてYouTubeで話します。



ミクモル社からべっぴんライト試作3号機を発射(発送)したと本日連絡が来ました!アクア業界初の9種類使った素子もそんなに高くなさそうです。リーフ用LEDはワイド波長でATIのブルーplusの色合い(水景色)が世界基準になっているようなので目指します。












アクアギフトのハイマツ。上はT5でのスマホ撮影、下はブルー水景のLEDで水面からスマホ撮影。最近はブルー水景の水面撮影した画像でネット販売するのが流行ってますが白景だと詐欺か?と思うくらい色が劣ります。白景で下のハイマツ(緑X橙)だと8千円で買って帰りましたね。バリのブリードは元(養殖場)は同じなのにこんなにアクアショップで価格が変わるのです。



↑このページのトップへ