IMG_0741.JPG


自称洗車マニアで以前、車のブログで良くネタにしていました。
http://blog.livedoor.jp/miniminimodena/archives/50178978.html

現在、シリコンオイルを使ったコーティングをしているのですがこの施工は数年前から洗車マニアの間で流行っています。まず水を上から下に向けて砂埃を洗い流します。ちなみに私のシャンプーは逆でチ○コから洗い最後に頭を洗います。聞いていない?

IMG_0739.JPG

カーシャンプみたいな薄~いクソ商品よりJOYの中性洗剤が良いです。ママレモンでも構いません。バケツに洗剤を入れて水を一気に足し泡立てます。泡で洗う感覚ですね。

IMG_0740.JPG

洗車スポンジをセーム皮で包んでボディを洗います。洗車スポンジは脱窒に使う物で洗車に使うと傷が付きます。

IMG_0742.JPG

洗剤を水で洗い流しシリコンオイルを吹き付けます。KURE(1本298円)が粘りが強くお勧め。シリコンオイルは揮発成分や石油など化学的な溶剤はなく耐寒性、耐熱性に優れたオイルです。無害なので化粧品や医療にも使われています。

IMG_0743.JPG

洗剤を水で流し水滴を残したままシリコンオイルを吹き付けます。

IMG_0747.JPG

石油系で無いためにホイルやタイヤにも使えます。

IMG_0749.JPG

耐熱性なのでマフラーやエンジンルームにも使えます。

IMG_0751.JPG

ヘッドライトや樹脂パーツが鮮やかに蘇ります。

IMG_0752.JPG

セーム皮を広げて引くようにして拭き取ります。

IMG_0759.JPG

シリコンオイルを使うと斑が出ますので使い捨てのウエスを使って丹念に磨きます。古いTシャツでもOKですがタオルは傷が付くのでNG。

IMG_0758.JPG

テロテロになるまで磨きます。オイルがコーティングしているので磨き傷が消えます。

IMG_0753.JPG

ホイルもタイヤも乾拭きします。

IMG_0761.JPG

雨が降っても強い撥水効果で水玉がコロコロします。

IMG_0762.JPG

WAX効果はバツグンで1ヶ月は持ちます。

IMG_0772.JPG

愛用のシュアラスターマンハッタンゴールドやポリラックより光沢があるかと。もうアホらしくて高価なカーWAXは買えない。でもカーワックスも希少で高価なカルナバは少なくてシリコンオイルが主成分なんだよね。ちなみに一番高いWAXはザイモールです。価格は150万円https://store.shopping.yahoo.co.jp/045-car/zym-12001.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title#ItemInfo

IMG_0775.JPG

エンジンルームはシリコンオイルを吹き付けてウエスで乾拭きします。

IMG_0777.JPG

室内は水を漬けて硬く絞ったタオルで噴きます。レザーにハンドクリームやオリーブオイルを使った時期がありましたが染みが出来るので止めました。必要に応じて皮靴用専用クリーナーは時々使います。

IMG_0784.JPG

バイクもBMWもシリコンオイルで施工しました。疲れた。

20170923_115527.jpg

今からアフリカさんとアクアギフトへ配達に参ります。



dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。



IMG_0712.JPG

今回はバリ・ブリード珊瑚の選び方と特徴についてです。画像は一部アクアギフトの過去の出品を使いました。

IMG_20170922_142302_976.jpg
今日もREEF2REEFの公式で紹介されました。2日連続は初めてです。

27117275-s.jpg

人気なのがパープル&ポリプがイエローのスゲです。基本的にツートンカラーの珊瑚の色揚げは難しいのですがこの種類に限り楽です。


IMG_0452.JPG

入荷直後は濃いパープルですが次第に薄れて来ます。T5だとボディが白っぽくなりますが先端はパープルになります。ただ栄養塩が出ていたりライト(波長)が合わないと色が揚りません。飼育レベルは中級クラス。


imgrc0075882358.jpg

ネシアは色落ちして入荷することがありますが種類とベースの色さえ知っていれば問題ありません。この固体は直ぐに↓


IMG_0215.JPG

蛍光グリーンになります。ブリードで一番色揚げと飼育が楽な珊瑚です。飼育レベルは初級クラス。


38_07270005r.jpg

グリーンのホソエダです。水槽に合う合わないが分けれますが合うと色はこのままで成長が早くなります。成長点が脆く崩れやすいので基本的に台を持って移動させてください。飼育レベルは初級クラス。


imgrc0075882403.jpg

ブリードで多いパープルのスギですで飼育は容易ですが色揚げは難しいです。避けた方が無難。飼育レベルは上級クラス。


8_05152152r.jpg

ホソエダですが生セメントの状態の固体は出来れば避けたいです。石灰藻が付いている台がお勧め。ブリードはキモガニが良く付いているので注意して下さい。


50_07270006r.jpg

レッドのエダコモンですがとても綺麗で人気があります。メタハラだと色が維持出来ますがT5やLEDでは中々難しい。飼育レベルは上級クラス。


85_06232320r.jpg

蛍光グリーンのウスエダです。とても鮮やかなグリーンでT5だとイエローに傾きます。色落ちも無く人気がある珊瑚ですが年単位の飼育は非常に難しいです。飼育レベルは上級クラス。


136_06232320r.jpg

ブリードで時々入荷するオレンジ&イエローのハイマツです。色揚げはスパスラータ並みの飼育スキルが要りますが飼育自体は容易です。照度の高い場所に置くと色は変わりますが赤系のハイマツで楽しめます。飼育レベルは上級クラス。


a41_03162338r.jpg

ウネコモンですが初心者でも飼え色持ちも良いです。強い光は必要ではありません。飼育レベルは初級クラス。


a52_03162338r.jpg

蛍光グリーンのエダモコンです。キャピタタかもしれませんね。飼育に癖があるので環境に合う合わないが分かれます。栄養塩が少しある方が色が濃く成長します。ミノウミウシに注意。飼育レベルは初級クラス。


imgrc0071366943.jpg

良くスギと間違えられますがこれはヤスリサンゴです。色揚げはやや難しく成長は遅めですが丈夫な珊瑚です。先端が白く鱗状になりグリーン、ブルー、パープルがありますが最終的にはどれもグリーンになる事が多いです。飼育レベルは中級クラス。


imgrc0071367238.jpg

こちらもヤスリに仲間ですが先端が白く出ていないタイプです。飼育は楽ですが色の維持は難しく茶色に遣り易いです。UVを当てると良いでしょう。飼育レベルは中級クラス。


imgrc0071367239.jpg

サボテンサンゴです。スギに似ていますがポリプが良く咲いて成長点は橙色の輪が出来ます。飼育も色揚も容易なので初心者にお勧め。飼育レベルは中級クラス。


imgrc0071371465.jpg

被覆系のコモンですが直ぐに茶色になります。墓石みたいな形状が多く色彩も豊富ですが色揚げは無理に近いかも。稀にメタハラで維持が出来るようです。飼育レベルは上級クラス。


imgrc0075882350.jpg

油断すると茶色になり易い。この作り立てのブリード台の場合は外してレイアウトに固定する方が良いでしょう。


IMG_0216.JPG

ブルーやパープルで非常に美しい色彩ですが深場のサンゴ(ロリペスとか)なので飼い難いです。初心者の方はスルーするのが賢明。飼育レベルは上級クラス。




dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。






8~9年経過した大型ヤッコ乱舞水槽です。(σ*´∀`)=ミドリイシ飼育というイメージがあるようですが海水魚飼育の方が遥かに長く経験もあります。

これまで魚水槽にオゾン、殺菌灯、ナチュラルsystem、スキマー、天然海水、海藻、オニヒトデなど色々試しましたが、最終的には8年以上も濾過材(珊瑚礫)を掃除せずウェット&ドライの古典的な強制濾過systemで月に一回のペースで300リットル換水するstyleになりました。

珊瑚飼育はレイアウトに触るな!ですが魚水槽は濾過に触るな!に徹しています。これで白点病も数年は出してませんし今後も出ないでしょう。

入荷直後の魚を購入すると基本的トリートメントタンクで検疫が必要です。トリトンが用意出来ない場合は水槽内に隔離箱を備えて白点病とハダムシとリムフォが出ないがチェックします。


IMG_0723.JPG
大型ヤッコを乱舞させたい場合は私のように幼魚を買い揃えて育てると良いでしょう。幼魚だとケンカも余りしないし、価格も安いし、ショップで手に入り易いし、バクテリアも着いて来やすいからです。それに幼魚から育てるとなんと言っても情がわきます。(#^.^#)

過去の記事もどうぞ。
IMG_0721.JPG
白点が出ると銅イオンが有効でべっぴん珊瑚の白点大魔王を使わなくても硫酸銅で十分です。ただ白点大魔王は便利ですが(*^^*)

まぁ何事も経験なので低比重治療法や高水温治療法やオキシドール治療法やヨウ素治療法など犠牲を出しながらでも試すと良いです。私も沢山の犠牲を出した上で銅イオンだと結論を出しました。


Screenshot_20170921-101327.png今日、REEF2REEFの公式サイトに嫁さん水槽が。しかもゼオビット!( 。゚Д゚。)

良くフォーラムを読むと画像をゼオビットと間違えたみたいでゼオビットの問題点を動向し合うカテゴリーでした。

Screenshot_20170921-163903.png
過去に私はゼオビットもしていたのでその記事も貼ります。

dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。



IMG_0703.JPG


FRP擬岩は2013年製作だから4年もレイアウト変更はしていないので見飽きた感はありますが、10年はこのままニョコニョコと育てて行きたいと思います。つまりZENI-NAIYOシステムは4年の実績があるって事になります^^

IMG_8452.JPG

今年の1月に塩化カルシウムの実験で大失敗してダメージを食らいましたが現在は復活しています。当時のOGストロベリーのフラグ(2年物)はこの有様。

20170119_131346.jpg

当時は白化するかと思いましたが現在は。

IMG_0708.JPG

目標だったレッドチューリップになって来ました^^ 周囲のレッドとグリーンのコモンに囲まれているので根元はヤラレそうだけど。

IMG_7485

2015年(2年半前)エキゾチックアフリカさんにてOGストロベリーの初入荷の時に購入し去年の暮れに撮影した画像です。倍の大きさに育っています。

20170116_193847.jpg

そのストロベリーも今年の1月に塩化カルシウムの実験で大失敗してダメージを食らいました

IMG_8455.JPG

根元が白化したので3分割して戻しました。

IMG_0713.JPG

分割した2個は並べて固定させて現在は完全復活しFRP擬岩に活着しています。もともとシアンが薄いストロベリーでしたので2年半過ぎた今も購入した時と変わっていません。

IMG_0717.JPG

こちらは数ヶ月前にアクアギフトのべっぴん珊瑚祭in苺で購入したOGのストロベリーです。色彩は購入時のまま
維持が出来ています。

IMG_0720.JPG

ストロベリーは確かに綺麗だけど一旦色落ちするケースが多いので喜び感よりもがっかり感の方が多い気がします。スパスラータも同じですが。個人的には入荷時の色彩を保てないオーストラリア産の珊瑚より、色揚げが期待出来るネシアの珊瑚の方が好きです。現にZEOVIT本社の水槽もネシア(バリ)のブリードしか使用していません。ただアクアショップの販売水槽でオージー珊瑚を見た後にネシアの珊瑚を見るとクソに見える・・。

IMG_0711.JPG

バリ・ブリードのブルーのスギも色が揚ると綺麗になります。あっ!それは高級なフィジーのハナヤサイ(><)。

IMG_0712.JPG

バリ・ブリードは添加剤で綺麗に色が揚りやすいです。オージーは色を守るのに精一杯。映っているストロベリーは3分割した1個です。

20170202_214523.jpg

カキ氷のシロップではありません。高濃度・高品質・無添加のべっぴん珊瑚です。

IMG_0701.JPG

嫁の水槽の底砂をプローフォースで掃除していたら左のOGのウスエダにコツンとぶつけてしまった。これで2~3日は咲かないですね。ウスエダは触るとアウト!それくらい珊瑚はデリケートなのです。図太い珊瑚もありますが。

20170920_130450.jpg

玄関は実験水槽ですがジオラマみたいになって来たなぁ。

dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。


IMG_0700.JPG
 


以前にりんぱるさんから頂いたゼニナイヨsystemのステッカーです。キャビネットに貼っています( v^-゜)♪

20140802081954aff.jpg


底面噴き出し式ZENI-NAIYOシステムはアクアギフトとエキゾチックアフリカさんと某生体卸業者のプロショップを初め多くのユーザーさんに自作で使用して頂いています。

詳しくは



IMG_0699.JPG
 


本日は撮影致しました。底砂を白く綺麗に保っ為には、ミズタマハゼとかアカハチハゼを数匹入れると良いです。水作のプロホースでデトリタスを吸い出すと底砂が撹拌されるので尚グッド。琉球ムシロガイも有効です。

20170705_195246.jpg


珊瑚の色を濃くして蛍光グリーンを引き立てたい場合はべっぴんグリーンを多めにします。オージーなど蛍光タンパクが多い珊瑚にはOG-1やレアメタルを入れます。珊瑚の免疫力を高める為に(白化防止)にべっぴんホワイト(ヨウ素+カリウム)を入れますが多く使用する必要はありません。アミノ酸とビタミンはポリプ食に必要不可欠でしょう。調子が良くてもっと成長点を増やしたい場合はNIスッピンを兼用します。


IMG_0698.JPG


珊瑚の色が茶色になる場合

□リン酸は0.5ppm以下になっていますか?
□魚が多くありませんか?ポリプ突いてませんか? 
□珊瑚を触り過ぎてませんか?繁盛にレイアウト変えてませんか?
□ライトは暗くないですか?
□バクテリアの棲みかはありますか?

珊瑚の色が白くボケる場合

□T5のライトで添加が足りていませんか?
□ライトが強くありませんか?
□ゼオライト、OG-1を過剰に入れていませんか?
□弱った珊瑚を購入していませんか?

IMG_0692.JPG
 


NANO(小型)水槽でミドリイシを飼育して色揚げまで行うのには相当スキルが必要でしょう。それを年単位で飼育しニョコニョキと成長させるのには海外のR2Rでも滅多に見ません。なぜ難しいのかと言うと水量が少ないので水質が安定しないからです。


1.jpg

smallDQ2GV583.jpg


小型水槽で簡易スキマーを使ったベルリンシステムを選択するとまず生体が増やす事が出来ません。理由はバクテリアベッドが華奢なので硝化が間に合わず水質がブレルからです。小型水槽でも生体が少ないと硝酸塩やリン酸を0.00ppmに出来ますが生体を増やすとアンモニアの硝化が遅れ着いて来れなくなります。そもそもバクテリアが少ないので。


例えば45X45X45cmのキューブ水槽に底砂を入れる場合と、横90X縦20X奥45cmのペッタンコな水槽に底砂を入れるのとでは同じ体積(総水量)でもバクテリアの硝化能力は倍ほど変わって来ます。底砂の表面積が違いますから。


底砂が無くても水槽の形がどうであっても生物層を増やして水質を安定出来るのが外部式ZENI-NAIYOシステムです。強制濾過は栄養塩工場となるのでミドリイシは飼えないと言うのは過去の話。強制濾過でもミドリイシを上手く飼えている方は居ます。


2b260fb3-s.jpg


1年経過した嫌気スポンジです。ベトベトのドロドロになるとスポンジ内でORPが下がり(-50mv)脱窒を初めます。これがバクテリアベッドであり水質を安定させます。小型水槽ほど強制濾過が有効なのです。


IMG_0694.JPG
 


小型水槽で安定させるのには最低でも半年は掛かりますね。それまでは騙し騙し生体や珊瑚を増やして様子を見ます。せっかちな性格の人は小型水槽は向きません。




dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。



20170918_150745.jpg


玄関の45㎝水槽に入れていたブリードのコモンサンゴが白化して来ました。巻きの根元から白化する場合は大概がミノウミなんだよね。過去に何度やられた事やら。根元から白くなると疑うべし。


20170918_151041.jpg


いたいた。ミノウミウシが。スポイトで駆除しようか。後ろはどうかな。良く見ないと見つけられません。


20170918_151240.jpg


あかん、数匹居たのでコモンを廃棄しました。数匹いたら勿体無いですが珊瑚は捨てましょう。スポイトで完璧に駆除が出来た験しがありません。


cecfdadf-s.jpg


過去のブログ(下にリンク)でも書きましたが、人工海水の素は一部製品を除きカルシウムとマグネシウム濃度は低い傾向があります。カルシウム濃度が360~380ppm、マグネシウム濃度が1100~1250ppmなどハズレロットがありますのでその際には水換えの時にカルシウムとマグネシウムを足すと良いでしょう。



7d26b0ec.jpg


試薬はホビーレベルですので数値を正しく知りたい場合はトリトンに出してください。ハンナのリン酸のテスターでさえ誤差が激しく参考にはなりますが0.00ppmになっても実際(トリトン)にはもう少し出ています。


調子の良い数値に合わせると良く試薬はホビーレベルなので無理に数値を追いかけない様に。ただし炭酸塩=Caイオンとなりますので炭酸ガスを使うカリシウムリアクターの場合はKHが需要になります。試薬はアンモニア、亜硝酸、硝酸塩など検出の目安にはなりますが数値自体はアバウトでしょう。




20170909_194305.jpg


正確な数値を求めるために業務用の水質検査器(32万円)を購入しましたが、アクア用の試薬やデジタル測定器の誤差はかなりありました。アクア用も目安にはなりますが数値の信頼性は薄いでしょう。我が家にはORP計が5つありますが同じ数値にはなりません。(測定器により前後100mv狂いがある。ペンタイプは使えない。)


3ae425e8.jpg


べっぴん珊瑚はBPシステムなので基本的に水換えの量は少ないです。水換えが嫌いな方は正直この趣味は向かないと思いますが、維持が楽であるほどモチベーションのテンションに左右されず長く続けられるでしょう。珊瑚飼育とは観察力が全てなので「あれ?咲きが昨日より悪くなった」と気付いてエラーを回避する事が大事です。逆に良く咲ければパラメーターの数値が例え悪くてもそれが珊瑚にとって最良なのです。その最良の数値を測り調子が落ちた時にその数値に合わせる様に添加調整を行います。我が家のリーフタンクはトリトンに出すと毎回赤字が10個ありますが絶好調です。(ZEOV○Tもマニュアル通りにすると赤字だらけでしょう)


important_image.jpg

一番欲しい車がランボルギーニ・ヴェンタドールSです。5000万円するので宝くじでも当たらない限り購入は出来ませんが頑張って10年後・・いや15年後には購入出来るように頑張ります。でもランボルギーニって値上げするからなぁ。今カウンタックが5000万、ディアブロが3000万です。34GT-Rも空冷ポルシェも1000万!どうなっているんだ?


001-1362640131.jpg


マクラーレンが欲しい!価格は2.000万~1億円(P1)と幅が広いけど平均3.000~3.500万円です。それでも新築が買える価格かぁ。


e57fc408-s.jpg


ホワイトも美しい。マクラーレン最高です。


o0640048013908372397.jpg


ロッソカーズにマクラーレン675LTスパイダーの新車(5.000万円)があり運転席に座りましたが最高の眺めでした。


a1e42ae6.jpg


15年前に新築を建てましたが車の維持費のせいで狭小住宅です(><)


068e08ed.jpg

small.jpg


スーパーカーブーム世代なのでドアが上に開くスーパーカーが好きです。でも運転席から閉めるのは重く女性を乗せる場合は閉めて上げます。でもディアブロの維持費は凄かった。メンテ費だけで年間150万は使いました。ディアブロは二度と買わん。


20170918_135205.jpg


F430を納車して1年が経ちました。以前、所有していた360モデナと似ているのでもう何年も経った気分です。加速力はモデナより倍くらい速い感覚で公道では500馬力までしか扱えないです。最近のフェラーリは650馬力とGカップのバストぐらい持て余すでしょう?


20170918_140146.jpg


フェラーリに乗ると日常に使えるポルシェに乗り換えたくなります。で、ポルシェを買うとフェラーリが欲しくる。それで私はフェラーリ3台、ポルシェも3台交互に乗り換えています。わたしはアホですか(。´Д⊂)


IMG_0691.JPG

魚水槽の飼育の要は飼育水です。魚に波長など関係ないですから。魚が排泄するアンモニア(海水魚は淡水魚よりも浸透圧の関係で濃いアンモニアを排泄する)を如何に素早く硝化させて無害(硝酸塩)にさせる事が出来るのかに掛かっています。

珊瑚飼育で特にミドリイシの場合は飼育水を如何に安定させるかに掛かっています。上手く飼えているリーファーの多くは飼育水を安定させるスキルを持っています。珊瑚と言う生き物は海水中の養分とミネラルを吸収しならが褐虫藻が光合成を行う事でエネルギーを得ています。植物の土壌が飼育水で太陽が灯具です。飼育水の養分(アミノ酸、ビタミン、サンゴフードetc)とミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、ヨウ素、カリウムetc)を十分に与えないと珊瑚の成長及び色揚げが上手く出来なくなります。

IMG_0682.JPG

本日、撮影しました。土壌バクテリアとすっぴん(炭素源)で低栄養塩環境を作り透明度を上げています。モンモリ(ゼオライト)とレアメタルを使うと褐虫藻を抑えながらミネラルが補給されるので色揚げ効果が出る事を確認しました。

IMG_0683.JPG

とてもお勧めの生物兵器

■タカラガイ ■エメラルドグリーンクラブ ■ミズタマハゼ ■マガキ

ややお勧め

■シッタカ(レイアウトよりガラス面向け、レイアウトを歩くと珊瑚が倒れる)
■トゲアシガニ(良く藻を取り働くが大きくなると魚を襲う。捕獲が難しい)
■アカハチアゼ (中層を泳ぐので珊瑚の砂を掛けれる)
■ヤドカリ(珊瑚に登ったり倒したりする)

場合によりお勧め

■イロブダイ (小さな巻貝を食べる。貝を食べ尽くすと餓死しやすい)
■モロコシハギ(カーリーを良く食べる。カーリーを食べ尽くすとポリプも食べる)
■カエルウオ(苔を食べているが個体差で役に経たない事がある)
■ハギ(基本的にコケや藻を食べるが人工餌を食べると働きが落ちる)

IMG_0684.JPG

3年前にバリ・ブリードを半分入れていたので今では擬岩に活着して一体化しています。これからは珊瑚同士が陣地の取り合いを。

IMG_0685.JPG

水槽立ち上げると暫くはORPが低く(100台)珊瑚の色が揚りません。それに加え嫌気が出来ていないので栄養塩も出易く褐虫藻が増え易い環境になります。結局は水槽を立ち上げて嫌気が出来るのを待つしか無いんです。嫌気スポンジは超お勧めします。(べっぴん嫌気スポンジ1200円)

IMG_0686.JPG

ゼニナイヨシシテムの作り方はこちら。
https://lineblog.me/minimini/archives/1062414490.html

IMG_0688.JPG

今日も嫁さんと仲良しだったので嫁さん水槽に銅イオンを入れれませんでした(笑)

IMG_0680.JPG

ミドリイシ以外の珊瑚を入れるのが楽しくなって来た!スギ止めてナガレハナ?

dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

Screenshot_20170916-212204.jpg
20170911_124708.jpg

本日、奈良のO氏にオーダーのFRP擬岩を手渡しさせて頂きました。クラリオンちゃんが喜んでくれて嬉しい^^

20170916_182200.jpg

添加剤を運びにエキゾチックアフリカさんへ。何時来ても水槽がピカピカして綺麗です。店内撮影許可済み

20170916_182208.jpg

ガルバルディ(24.800円)が7匹くらい居ましたが半分くらい予約済みでした。今回入荷されたサイズは少し大きめです。水温は18度が良いですね。22度でも飼えそうですが。

20170916_182220.jpg

大きな(15cm)ガルバルディはクラリオンかと思ったくらいオレンジが綺麗でした。

20170916_182306.jpg

ゴールデンバタフライとコガネシマアジ。昔、関東ではマクロスス(マクロス)、セミラー(ゴールデンバタフライ)と呼んでいましたね。

20170916_182322.jpg

何度もミドリイシを産卵させている水槽なので。

20170916_190945.jpg

FRP擬岩にミドリイシの子株が5箇所以上居ました。ディスクかと思えばとても硬いのでSPSです。

20170916_190957.jpg

水槽内で珊瑚が産卵し着床して育つ事は稀に聞きます。

20170916_191005.jpg

幼生みたいです。欲しいけど取れない・・。

IMG_0678.JPG

べっぴん珊瑚+ZENI-NAIYOシステムで今日も快調~♪灯具にUVが無いので実験的に付けて見たいかも。添加剤で色揚げはこれが限界なので。銅を使うと鮮やかさは増すと思うのですが実験するのが怖い^^;

IMG_0671.JPG

嫁さんと夫婦喧嘩した時に黙って銅を入れて実験してやろう。

IMG_0674.JPG

横から見ると成長してニョキニョキしています。毎週底砂をプロフォースで毒抜きして新しい人工海水(インスタントオーシャン)を水道水で溶かして足すだけです。RO+DIも持っていますがバケツ1杯程度だと面倒なだけなので。大阪の水道水をそのまま使うのが拘り(笑)ただし水道水にリン酸が多い地域では真似しないでね。

dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

 

以前、珊瑚よりも魚の方がメインに飼育をしていました。海水魚飼育はかれこれ30年になり当時からカァナパリさんと知り合いです(#^.^#)長年の経験から白点の対応を語ってみます。

水槽を立ち上げるとバクテリアの定着が弱い事が原因でアンモニアや亜硝酸の硝化処理が悪くなり白点虫が付きやすくなります。立ち上げ初期はバクテリア剤を投与して生体のキャパを抑えます。生体のキャパに応じたバクテリアの量が湧きますので必ずしも生体が少ない事が良い事ではないので徐々に増やすか幼魚を買うのがコツ。バクテリアの棲家さえあればバクテリアの密度は高まるでしょう。

魚水槽の場合は白点虫を駆除させるスキルを会得しないと一生初心者のままになり白点が怖くて高級な魚も飼えません。その駆除方法(白点病、治療、薬、効能の文字は薬事法に触る)は銅がもっとも効果的で、他の駆除方法は魚にストレスを与えると割に効果は無いでしょう。

その銅イオンは珊瑚水槽には使えないのでどうしても珊瑚水槽で白点が出ると、珊瑚水槽用の白点駆除剤を使ったり、眉唾物の治療をしたり推薦するベテランも居ますが、基本的に珊瑚水槽で白点が出ると自然治癒しか出来ません。常識を考えると珊瑚が死なずして白点虫が殺せる訳がない。

ナチュラルsystemの珊瑚水槽は魚のキャパが少ないので自然治癒が出来ますが、魚専用水槽は硝化能力の高い強制濾過のsystemが基本なので海水魚の乱舞水槽が可能です。その場合は銅イオンが使えます。もしチョウチョウウオやヤッコをメインに飼いたい場合は強制濾過のsystemを選んでください。一部のアクアショップではスキマーやライブロックを売って利益を上げたい余りチョウチョウオやヤッコを飼いたいと言ってもベルリンシステムの水槽セットを売ると聞きます。尚、シマヤッコやハナダイ等はナチュラルsystemの方が良い場合もあります。



Screenshot_20170914-231208.png

昨日、LINE@で頂きました。(了承済み)ベテランの方は白点大魔王より薬局に行って硫酸銅を購入する事をお勧めします。





ime.gif
 


20170201_000653.jpg

白点大魔王の特徴は次の通りです。


■銅イオンで素早く撃退。これ1本で2.000リットル(2トン)の水量を対応致します。


■業界初の銅中和剤(200L対応)を同封。計量カップ付き。


■取り扱い完全マニュアルを付属しています。QRコードで個別にサポート致します。



IMG_8896.JPG


白点大魔王使用説明書


キット内容


□本製品500ml□ 使用説明書 □計量カップ □中和剤(200L対応)価格税抜き2.400円


内容:銅イオン+金属イオン複合物(天然海水成分)


魚に付いた白点やコショウなど除去します。魚専用で珊瑚や貝やエビ(甲殻類)やイソギンチャクには使用出来ません。


魚種類A

 ハナダイ(ベントラ、キンギョ、パープルクィーン等)

     小型ヤッコ(フレーム、レモンピール、ルリ等)

     幼魚 (ウズマキなど5センチ以下の幼魚)


魚種類B

 スズメダイ (ルリ、デバ、クマノミ、ミスジ等)

      大型ヤッコ (タテキン、ブルーフェス、クィーン等)

      チョウチョウウオ (トゲ、フウライ、チョウハン等)

      ハギ (キイロ、ナンヨウ、パープルタン等)

      ベラ類 (ツユ、コガネ等)ゴンベ類、フグ類


使用説明 


1日目初回 50リットルに対し本製品を良く振り魚種類Aの場合は2.5mlで魚種類Bの場合は5ml入れて下さい。


12時間後に50リットルに対し本製品を魚種類Aの場合は2.5mlで魚種類Bの場合は5ml入れて下さい。必ず銅テスターを使ってAは0.15ppmでBは0.25ppmに調整して下さい。異変があれば銅中和剤を入れるか水を換えて立て直してください。


翌日にも銅テスターを使い銅を少量足して0.25ppmに戻して下さい。ろ過で変わりますが50リットルに対し本製品を魚種類Aの場合は0.5mlで魚種類Bの場合は1ml程度だと思います。ろ過が強ければもう少し増えるでしょう。


白点やコショウが取れても4日ほど続けて下さい。白点は3~4日で魚から離れて床に落ち、増殖(シスト分解)を行い子虫(セロント)が生まれた時に本製品が撃退し魚に再び付かない様に致します。一旦、魚の皮膚に食い込んだ白点(親虫)は魚の粘膜に保護されているので銅イオンでは殺せません。


銅中和剤 

(2NaHCO3 + 2H20 + H2SO4→  2CO2 + 4H2O + Na2SO4)

一袋で総水量200リットルが中和出来ます。50リットルに対し中和剤を大さじ1杯をコップ1杯(180cc)溶かして1日1回投与して下さい。翌日も銅が検出した場合は同じ量を再度投与して下さい。天然ミネラル成分(PHバッファー剤)なので少々多く投与してもPHが少し上昇する程度で問題ありません。白点が取れてから3日後に半分水を換えて中和剤を使用して下さい。


注意事項

魚が餌を食べなくなる事があります。

生体の死亡、発病、珊瑚の死亡等は保障致しません

手や目に入った場合は流水で洗い医者の指示に従ってください

貝、エビ、珊瑚、イソギンチャク、海藻には使用出来ません


IMG_8898.JPG

SERAとREDSEAの銅テスターがありますがどちらでも構いません。個人的にはREDSEAの銅テスターの方が素早く試薬が反応するので便利でした。SERAは日本語の取り扱い説明書が無いので少し迷います。


IMG_8891.JPG

我が家では1匹も死にませんでした。魚水魚の
総卸業者の南海魚園さんのご協力で詳しいデーターが取れました。


IMG_8892.JPG

残留銅の影響も無く良く餌を食べています。銅イオンを使うと暫くは餌を食べなくなる事があります。


中和剤e.jpg

銅中和剤は2時間から6時間後に効果が出て来ます。炭酸銅(固形)に変わり濾過マットに溜まります。


Screenshot_20170323-204051.png

Screenshot_20170316-211807.png

Screenshot_20170316-205037.png



20170301_160237.jpg

1487756718152.jpg




1487756709561.jpg




dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

IMG_0663.JPG
魚水槽の強制ろ過も同じですが、水槽を立ち上げて数ヶ月間はバクテリアの定着が弱く水質が安定しないので、魚は白点病に掛かりやすくなり珊瑚は白化しやすくなります。

バクテリアも水槽立ち上げから一年過ぎると安定して来ますが、そこから二年三年と年数が経つ度にバクテリアの密度が増えて水質が安定するようになります。すると白点病も滅多に出なくなり珊瑚も滅多に白化しなくなるでしょう。嫌気スポンジも年単位で生物層を熟成させると水質がより安定します。

Screenshot_20170914-161512.png
本日、べっぴん珊瑚公式LINE@にて珊瑚選びについて配信させて頂きました。べっぴん珊瑚ユーザー登録数も560名になりました。(#^.^#)

IMG_0664.JPG 


べっぴん珊瑚のべっぴんグリーンは二価鉄(Fe2+)を使っているので吸収率が高く珊瑚の色が濃くなります。鉄イオンだけでなく亜鉛イオンとマグネシウムイオンを複合する事で水質のバランスが良くなります。アクアで使われている鉄イオンの多くは農業用の硫酸化鉄を使いますがべっぴんは飲食用のクエン酸鉄を使っています。(べっぴんグリーンは舐めると甘い)なので過剰に投与してもリン酸と結合するだけで生体には害が殆ど出ません。

IMG_0662.JPG 


R2RのフォーラムではA氏が水槽の画像を投稿するとB氏も同じように投稿します。そこでカテゴリー内でアドバイスを求めたり更にC氏が投稿するなどしてディスカッションを行います。国内のSNSでR2Rのフォーラムみたいにすると2ちゃんねるみたいになりきっとトラブルが絶えないでしょうね。

IMG_0668.JPG

最近は小さな珊瑚水槽が流行りのようです。ベルリンsystemは水量が多くないと水質が安定しませんが、ゼニナイヨsystemは半強制濾過を使うので水量が少なくても濾過材で生物層が確保出来るので小型水槽に向いています。

20161016_121843.jpg 

BMW525iMスポーツを購入して1年が経ちました。故障はまだ無いのでメンテナンス費用は0円です。オイル交換は車のコンピューターが管理し、マルチディスプレイで交換の指示が出るまで放置出来る事から交換時期は長くなりました。

シャーシはドイツ車らしく重厚で足回りも硬くスポーツカーみたいなダイレクト感があります。国産のセダンのようにフワフワ感は無くハンドルをアシストするアクティブステアリングが運転を楽にします。クルマが重く重圧なのでドアを閉める時にバムッと高級な音がします。フェラーリのドアはアルミで軽量なのでバタンと安っぽい音しかしません(笑)

エンジンが非力なので高速ではキビキビしませんがアウトバーンを走る車だけあり直進安定性は素晴らしいです。この車は重いせいなのか燃費が悪くリッター5から6キロしか走りません。34GTR並みですね。BMWはディーゼルの方が良いと思います。

購入するのなら新車から3年落ちがお勧め。新車価格は550万円ですが3年落ちになると250万円で購入出来ます。兎に角BMWはリセールが悪い。ベンツだと型が変わるとフロントのデザインがガラリと変わりますがBMWは変わらないので得だと思います。

13047900_499354166938796_8725787177037763974_o_1024x1024.jpg

E60をこんな風にしようかな。

画像引用 ここ

最新RSS


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

↑このページのトップへ