P4240282.JPG

(σ*´∀`)はマリンアクアリウムが好き過ぎてしまい国産に拘るアクアメーカーを起業し、LINE@で沢山のユーザーと楽しみながらアドバイスをさせて頂いています。バス釣りが好きな人はバスプロを夢見るだろうし歌うのが好き人は歌手を夢見るでしょう。マリンアクアリウムのプロになるのも男の子の憧がれの職業だと思います(#^.^#)

P4240263.JPG


日本人はハギは好きでないよね。コケ取りに仕方なく入れている感じで高級なハギはまず売れないようです。ほら、高価なレアフィッシュって殆ど日本に来るのですが白いキイロハギは一度も入荷していません。ハギに30万も出す人はいないからね。僕も要らんけどf(^_^)


P4240268.JPG


水面を観察すると水質が解るようになります。ペーハーやORPが低いと水面が生臭くなるし隅に泡が残りサラサラ感が無くなります。



P4240279.JPG


初めはドイツ製の添加剤を使い、次はイスラエル製の添加剤を使い、そして両方を混ぜるようになり、最後は国産で作るようになりました。当時はトリトン検査がなく海外の添加剤に何の成分が入っているのか解らなくて感に頼る事が多く使い難かった。


7d26b0ec

今はトリトンや機械で水質を検査していますが試薬で測るのが一般的です。リーフタンクは水質をコントロールさせる趣味なのでマメな性格でないと長く続けるのは難しいかもしれませんね。

238e903e


嫁さんもリーファーなので家族会議を毎晩します。これ書いたのは全て嫁さんです。


102c8364.jpg

8年前、ワイキキ水族館にインスパイアされ庭に珊瑚の生け簀水槽を設置し自然光で育てていた時期がありました。地熱エコファンという地下から冷気を送風するsystemです。

e0016135_23171353.jpg


ワイキキ水族館


7b6fb5d3.jpg

奥のグリーンのコモンと手前のオレンジのコモンと右のトゲは今も120水槽にあります。太陽光に近いライトではなく本物の太陽光で育てていましたが恩恵はあまり感じなかったです。
pfer-1.jpg

朝日と夕日はリフレクターで下に照らします。上部はガラスで覆っています。

cbddac77.jpg

天然海水で珊瑚をやっていた時期もありました。毎週のように嫁さんと汲みに行ってましたね。珊瑚を飼うと誰でも一度は天然海水にハマりますよね。魚も磯で採集したりと。天然海水はアミノ酸が豊富なので添加をされない方には良いと思います。尚、殺菌された天然海水を購入するのはペーハーが落ちやすくなるだけでメリットなど何もないです。

09a4abb5.jpg

白点病の予防にオニヒトデを飼ってオニヒトデサポニンを取り出し実験したことも。30㎝のオニヒトデを20匹以上いました。

pur.jpg

当時はブログ記事にしていましたがオニヒトデサポニンを入れると魚の食が良くなり成長が早い。それで白点病になりにくいのかと。ウズマキは二匹とも成魚になりました。

pufbfer.jpg

オニヒトデは珊瑚を食べないとトゲが育たなくなります。なのでカルシウムリアクターを付けていました。

puffr.jpg


外の生け簀でアカグツを飼っていた時もありました。

70fd6cc.jpg
f5c7ddee5.jpg



ダンゴウオ飼育もハマりましたね。




dafe03ba.jpg
20年前はアオウミガメも海水魚と一緒に飼ってました。当時は合法で3千円くらいで売ってました。

13e99218.jpg

デカクなるんだよね。良く馴れて可愛かったです(#^.^#)ワシントン条約規制後に海に帰しましたが。

b4c8e843.jpg

コンスピも飼っていたこともあります。5年前はアフリカさんでは12万円前後で売っていました。

6e97b2be-s.jpg
リーフタンクでチョウザメを泳がせていた時も。一年掛けて淡水から海水に慣らしました。

6d65fe10-s.jpg
でも珊瑚にぶつかるので無理でした。

4a384499-s.jpg

チョウザメさんごめんなさいね。

baed847c-s.jpg

フカミスズメダイ(ハワイ産)のレアフィッシュも。こんな小さなスズメダイ1匹に2万円もします。


a83ccf48-s


私は珊瑚飼育のイメージが強いようですが以前は大型ヤッコ乱舞水槽がメインでした。かなり魚が減りましたが今でも飼っています。基本的に幼魚から育てています。ウズマキもオニヒトゲの実験で飼っていたのが全部育ちタテキンが3匹に。


0b40a1ed-s

完全にキャパオーバーで当時は殺菌灯、オソナイザー、スキマーなど使用していました。これは魚にストレスを与える駄目な見本です。




べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



yjimageX39UPAEU.jpg

最新RSS


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

P4230232.JPG


(σ*´∀`)のミドリイシ飼育暦は15年でベルリンsystemから海藻のエコsystemやモナコsystem、それからゼオビットやRCPのBP-systemの経験を生かして初心者でも扱えるようなスポンジ嫌気のzeny-naiyo systemを考案しました。

zeny-naiyo systemは嫌気領域をスポンジだけに託す事で底砂は薄く、(無しでも)レイアウトも擬岩が使えるようになりました。間欠(3時間毎)の底面吹き出しを行えば半強制濾過が働くことで好気バクテリアが活発になり同時にポリリン酸も増えるので水質が安定します。

流れ的には海外のようなアクロバティックなレイアウトを作りたい→擬岩で作ろう→バクテリアの棲み家が減った→嫌気&好気バクテリアのsystemを作ろう→systemに市販の添加剤とバクテリアが合わない→専用の嫌気バクテリアと添加剤を作ろう→販売目的なら企業は協力OK!→aqua.com起業登録→べっぴん珊瑚誕生。

楽して海水魚2016のゆうきさんもゼニナイヨsystemとべっぴん珊瑚を使って頂きます。



1524464878438.jpg

べっぴんセメントとドライロックを使ってレイアウトが本日、完成されたそうです。

1524464841631.jpg

倒れないようにセメントで床台を作られています。またレイアウトを水槽に入れたら画像送って下さいませ(#^.^#)


P4230233.JPG


ヤフオクのLEDにライトデフューザーを装着していますが光が柔らぎポリプが良く咲いています。

ホームセンターで作るライトデフューザーに付いては過去の記事で。

P4230234.JPG



アクア業界者はネットで良く「景気が悪い」と投稿させているようですがそれは「もっと注文してね!」「儲けてないから妬みで叩かないでね!」「支払いは期日内にお願いしますね!」「アクア業界のにこれ以上参入しないでね!」の意図からなのでしょうか。これからアクア業界で働こうと思う若者はどう思います?「あー景気が悪い業界なのか。夢がないなぁ。」と絶望しませんか。

私も数年前からアクア業界へ仲間入りし凡そのビジネスは把握しています。アクア業界でも経費でフェラーリ買うくらい出来るくらいやる気になれば儲けられる業界だと大声で言えます。(海外のアクアショップのオーナーは良くポルシェに乗っています。)アクア業界で稼げない人はどの業界でもきっと稼げない。アクア業界は不景気だと連呼しても転職しないのは利益率は決して悪くはないと理解しているからです。

アクア業界は総体的に景気が悪いとは思いますがそれは他の業界も同じ。税務署の統計ではお店を出す(起業)と5年以内に80~90%潰れているそうです。確かに近所のラーメン屋を見るとそうですよね。しかしアクア業界は短期でそう潰れてはいないのが現状で、駄目なのは今のビジネススタイルに合わせられなかった老舗の方です。

今日は終身雇用も当てにならない時代。好きなアクアで喰っていけるなんで素敵な人生だと思います。少しくらい賃金が高くても嫌々仕事をし時間も束縛される社畜に比べたらストレスの度合いも違って来ます。今はユーツーバーやプロゲーマーなど好きな事をして稼ぐ時代になりました。

どんどんと起業して町に新たなアクアショップが増えて欲しいです。応援致しますのでその際にはべっぴん珊瑚の代理店もお願いします(笑)

参考

P4230235.JPG


珊瑚の色を揚げよう!と添加やライトを増やすと失敗します。ポリプを咲くように観察しながら工夫します。ポリプが咲けば植物性プランクトンを与えると元気になるでしょう。ポリプが咲けば珊瑚は海水のミネラルを吸収するので成長モードに入ります。成長すると珊瑚は自然に色が揚がって来ます。

恋する女は美しい。成長する珊瑚は美しい。白化させてもめげずに珊瑚を買う人は輝かしい。


P4230237.JPG


スギは成長感が出るのでお勧めします。日本人はテーブル珊瑚が好きですが部分白化した時のリカバリが難しくまた影が出来やすいので初心者にはお勧めはしません。

P4230238.JPG


オーストラリアの珊瑚は30%白化したようです。どう見てもワイルド珊瑚を買えるのは今だけで10年後は水槽のブリード個体しか出回らないでしょう。その頃には車もハイブリッド車からAI搭載の電気自動車になっています。

ミッション車やワイルドの珊瑚を買って楽しめるのは今だけ。お金を趣味に使うなら今です。週末はアクアギフト、アフリカ、クリエイトザシー、APNさんに行きましょう!

参考
P4230239.JPG


珊瑚は買って詰めてレイアウトにすると失敗します。間隔を開けて自らの成長で詰めて来るのを待ちます。

P4230240.JPG


マリンアクアリウムを続けるのには情熱がいりますね。好きだっていう情熱は本当に大事だと思います。

P4230241.JPG



迫力のあるリーフタンクを作るのにはリ何年も同じレイアウトのまま飼育を続ける必要があります。しかし数年後には底砂もライブロックにも寿命が来てリセットを要します。これをオールドタンクシンロドーム現象と呼びます。

しかしライブロックを使わず擬岩のレイアウトにして底砂はメンテも容易な薄砂にすると交換も出ます。ライブロックもレイアウトに使用しなければこれも同じ様に交換出来ます。

小さなプチリセットが行えるようにシステムを作れば何年も同じレイアウトのまま飼育を続ける事が理論上可能となります。

その理論という仮説を現実に置き換えれば実績となります。私の目指すリーフタンクとは真にそれでゼニナイヨシステムは仮説か実行して4年になります。

P4230243.JPG
 



添加ブースト(過剰添加)させているので色は濃くなりますが、新しい珊瑚が中々馴染めず白化する事があるのでリーフランクが有る程度完成するまでは添加ブーストは控えた方が良いです。



P4230247.JPG
 


3年前に初めてオージーを関東のアクアショップから購入したモジャモジャくんです。モジャモジャ感はなくなり若草色になりましたが。


 


P4230248.JPG


今、情報化が進み飼育の関しての情報が溢れいますがそれは正しいとは限りません。もはやノイズに感じるほどデマが拡散されています。プロの釣り氏は最良の釣場を絶対に公開致しません。ベテランのアクアリストも同じです。


P4230250.JPG
 


海外のフォーラムも国内の掲示板で見るような「誰か教えて」のペルプ・ミーはでは無く「題材」を情報として皆で投稿し合う形式です。つまりディスカッション【discussion】


P4230252.JPG
 


良く咲いています。


P4230254.JPG
 


3年経つショウガ。


P4230253.JPG


lpれも3年経過。


べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



yjimageX39UPAEU.jpg

最新RSS




dd
べっぴん珊瑚公式サイト 

P4220197.JPG
 



嫁さんのリーフタンクのコモンが禿げている・・。良く見ると・・・・あ!小さな白いモワモワ見えますか?



P4220202.JPG
 


ガビーン(><)またミノウミウシがいっぱいです。2年前も120水槽でミノウミウシでコモンを殺られました・・。



P4220203.JPG
 


アクアギフトさんと共同開発したサンゴ用駆除剤(成分非公開)を使ってミノウミウシを落とします。白い箇所はハナミでカットしました。


P4220208.JPG
 


サンゴにダメージを与える事無く駆除出来ましたがミノウミウシの卵は薬では効かないので孵化すればまだ出て来ます。廃棄した方が良いとは思いますが・・。


ea541b96-s.jpg
 


2014年に新潟のロッソ(現在は閉店)さんで購入したバリ・ブリードサンゴです。双子で小さなスゲサンゴが付いています。


14e14f04.jpg
 


どんどんと成長し4年前から現在に至るまで一切動かしていません。珊瑚はポリプが咲けば触らず動かさずが基本。咲かなければ咲くまで場所は移動させます。


adb29ba6-s.jpg


双子のスゲも急成長。


b218db5f.jpg
 


3年前の画像です。隣のブルーのスギも伸びて双子のブリードも成長モードに入りました。


P4220216.JPG
 



現在はブルーのスギと双子のブリードが画像のように根元は一体化しています。まぁ珊瑚は4年経っているからね。


P4220212.JPG
 



擬岩と一体化したミドリイシです。ブリードがこんな形になるとは・・。


yu.jpg


 

4年前には丸くて可愛いブリードでした。ブリード台も共肉が呑み込みました。もう3年前にフラグで購入したストロベリー(レッドチューリップ)とブツかっているのでどっちかが喰われるなぁ。面白事に接触しているブリードがストロベリー化(画像右)して赤くなっています。不思議でしょう。


P4220227.JPG



双子ブリードの隣にあるスゲも4年で擬岩を覆っています。


P4220228.JPG


Power-By べっぴん珊瑚


P4220231.JPG



Power-By べっぴん珊瑚



small.jpg
 



4年前のブリードのスギ。


f72db7ef-s.jpg
 


べっぴん珊瑚パワーで急成長。


ll.jpg
 


T5トリックで蛍光灯は3波長で波長は駄目だの色々言われましたが1ヶ月で1cmは成長しました。ならアミノ酸パワーなのでしょう。


 

20180422_181121.jpg


添加剤を運びにアクアギフトへ。でかいイソギンチャクですね。30センチはあるハタゴだな。


20180422_181127.jpg

ブラバン、ギアナが複数居ます。


20180422_181138.jpg


高級魚も沢山いますね。

20180422_181150.jpg


レンテンも沢山居ます。

20180422_181428.jpg


シャコが来ました。


20180407_195924.jpg

コモンの在庫を1つ購入しました。

P4220221.JPG


デカかったかも^^;


P4220218.JPG


この水槽はこれで完成~♪

べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



yjimageX39UPAEU.jpg

最新RSS




dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


20180421_171042.jpg

今日はエキゾチックアフリカさんへ配達に向います。毎週のご注文ありがとうございます。べっぴん珊瑚の添加剤は全て海外製品よりも平均3倍ほど高密度に仕上げています。なのでジャパジャバと投与しないで下さいね。

20161217_000907.jpg

明日はアクアギフトさんへ配達に伺います。べっぴん珊瑚は取り扱い店が少ないので1店舗辺りの販売本数が多いだけです。ネーミングを見ての通りご当地物ですから。


1c7dacce-s.jpg

アフリカさんで有名ブロガーのゆうきさんから声を掛けて頂きました^^)/ 楽しいアクア談話はあっと言う間に時間が過ぎて急いで帰宅しました。なので・・アフリカさんの画像を撮り忘れた^^;ゆうきさん何時もべっぴん珊瑚の記事を書いて頂きありがとうございました。<(==)>


「楽して海水魚2016」
http://blog.livedoor.jp/rakushitekaisuigyo-2016/archives/25848865.html

IMG_6434.JPG

私は珊瑚より大型ヤッコが暦が長く本命なのですが語るネタが無い。濾過は8年以上放置しているし添加剤も必要なく単に水を換えているだけです。殺菌灯やスキマーやオゾナイザーも要らない。コツは無闇に魚を買い足さない事です。私、この水槽には年に1匹も増やさない変わりに年に1匹も死なせません。まぁ魚を買わないとアクア業界は潤いませんが・・。私は立場上、アクア業界を守りたいのですが根がユーザー(アクアリスト)なので嘘が付けん。小さい魚を育ててキャパをMAXにさせるべきで、成魚を買って詰め込めば崩壊するのは当たり前の話です。安定した水槽で成魚1匹買い足せばバクテリアの処理が追い付かない。魚も成魚が行き成り来るとストレスが溜まりますからね。私は全て幼魚から買い揃えています。





20161230_100730.jpg



べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



yjimageX39UPAEU.jpg

最新RSS


  • エキゾチックアフリカでべっぴん珊瑚の山崎さんNEW!
  • ハードでした!土曜日ランチ!
  • 第一群内検
  • 水槽の数を数えてみた。(室外編)その2
  • ナガレハナのこと。ブログ6周年!
  • 逝きました
  • 飼育用品色々買いました…
  • アクアテンション少しだけ上がりました
  • まる半年ぶりの更新
  • 心地よい地味と共に
  • 水質チェック
  • 4月ですよ~だ!
  • 水よけカーテン 交換
  • ありがと‼️
  • 気になる記事・・・。
  • おチビ^^
  • べっぴん珊瑚 アドバイス御願いします


  • dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 

    P4200184.JPG

    「毎日良くブログを書けますね」

    私と会う方は皆さんそう仰ります。実はアクアリウムのブログの前はミニヤギのブログを毎日更新しその前はスーパーカー系のブログを。更にその前は小動物系のホームページを毎日更新していました。足掛け25年以上は日記のように配信を続けています。私はお節介な性格なのでその熱意をSNSを使って日々語ってしまいます。スーパーカーブログの時はイベント企画を行いミニヤギブログの時はテレビ出演やオフ会を積極的に行っていました。


    今はべっぴん珊瑚という趣味(遊び)を仕事にさせて頂いています。国内で開発から販売まで全てを行い購入後のフォローはブログとLINE@の配信という形を取っています。私欲はゼニナイヨsystem(スポンジ嫌気脱窒system)の普及であり独自のBPsystemを構築させてR2R(アメリカ)にも広げたいと思っています。

    珊瑚飼育とは謎解きを楽しむゲームで答え(コツ)が解ると何本リーフタンクを立ち上げても成功します。当ブログを毎日見ている方はきっとその答え(コツ)を早く知りたい向上心のあるリーファーだと思います。私はお節介だから必要とされている方にぜひえたい。



    P4200191.JPG


    硝酸塩とリン酸が検出させると炭素源(すっぴん)の投与で消せます。硝酸塩が検出しているのにリン酸が0.0ppmの時は炭素源は使えないので土壌バクテリアのみで脱窒させます。リン酸が検出しているのに硝酸塩が0.0ppmの場合は炭素源を使って下さい。べっぴんグリーンの鉄分を添加させるとFe3(PO 4)2になりリンを落とす事が出来ます。



    P4200182.JPG

    ポリプが咲けばリーフチャージ(植物性プランクトンフード)で給餌させると効果的。餌に依存されるとポリプが大きくなり光の依存が減るでしょう。光に依存させると珊瑚の色は綺麗になりますがポリプが消えて共肉は薄くなる傾向があります。スポットLEDを使う場合は水面から離して強光障害に気を付けて下さい。

    P4200189.JPG 

    海外の巨大なリーフタンクは良く1機400Wのメタハラを何台も焚き、魚を沢山泳がせて生餌(冷凍餌)をどんどん入れているのは普通です。生餌を与えるリーフタンクでは液体の炭素源では硝酸塩が処理出来ずバイオペレット(生分解性プラスチック)を良く使用されます。

    ところが国内では魚も少ない、水槽も小さい、添加剤も使用する環境でもバイオペレットが使われています。そもそもバイオペットは添加剤との相性が悪く大手3メーカーのzeovitやTritonやRCPでも勧められていません。近年、海外でもバイオペレットの人気が落ち変わりに硝酸塩以外にリン酸を落とす効能も加わりました。

    魚が少ない、水槽が小さい、添加剤を使う、生餌(冷凍)を常時使用しないリーフタンクでバイオペレットを使用すると珊瑚が餓死する(痩せる)傾向がありzeovit、Triton、RCP同様にべっぴん珊瑚ユーザーにも勧めはしていません。他のシステムの場合は知りませんが。(ショップ要相談)

    もちろん水槽が大きくて、メタハラを多灯し、魚が多く、生餌(冷凍)をバンバン与えるリーフタンクにはバイオペレットをお勧め致します。

    海外ではリーフタンクに生餌を魚に良く与える理由は2年前にも記事にしています。
    http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/archives/2016-03-15.html

    P4200181.JPG 


    ストロベリーのピンクに色揚は波長(ライト)だけでは無理ではないかな。金属イオンの水質で調整すれば楽です。べっぴん珊瑚 レアメタル 効果 でググって見て。


    P4200180.JPG 

    120㎝水槽だとラディオンG4-pro(LSS)が3台がベストですが、予算を下げる場合はハイドラ52(LSS)を3台がお勧めしていました。が、Mexspect Recurve(国内ではオーシャンアースさんがマックススペクトルR6と称しています)を1台(157.000円)にする方が良さそうです。これ海外でも評判が良い♪ウイング式のLEDが便利そうですね!ただ60㎝は何故か高いので(60は海外では120の半額だそうです)ラディオンG4-proをお勧めします。

    https://lineblog.me/minimini/archives/2017-12.html?p=4

    P4200193.JPG 

    明日土曜日の6時頃はエキゾチックアフリカさんへ添加剤を運びに伺います。

    P4200178.JPG 

    レアコモンは少しずつ成長しています。

    P4200177.JPG


    ヤフオクの安っすいLEDでもまぁ~飼えますけどね。大人の事情で勧めはしませんが。


    P4200175.JPG 

    3年経ったシャコです。

    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



    yjimageX39UPAEU.jpg

    最新RSS




    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 



    P4180158.JPG


    べっぴん珊瑚を発売してもう直ぐ4周年を迎えます。現在はSNSが普及し国内外のメーカー問わずサービスも含め良い物は流行り悪い物は廃る時代なのでこう続けて販売させて頂けるにも皆様のお陰です。

    べっぴん珊瑚は販売という名目で私の水槽の為に国内企業が作りました。システムと添加剤プロデュースは半分どころか99%私の趣味なので私が水槽を畳まない限り販売中止にはなりません。逆に言うと私が水槽を畳めば添加剤プロデュースも止めます。

    でも小学生の頃から現在に至るまで水槽を畳んだ事は一度も無いんですよね~。


    P4190166.JPG

    私のお勧めの人工海水はインスタントオーシャンとレッドシーソルトです。理由は何時でも何処でも安く手に入るからでアクアリウムの要となる人工海水と添加剤と餌だけはメーカー在庫切れが非常に困る。商品の在庫=メーカーへの信用と思っているので消耗品の欠品が続けば二度と買わん。

    底砂は何度が書いていますが汚れたらホースで吸出して新しいのを足すと良く、新しい砂はPHも安定しカルシウム濃度も上がり栄養塩も良く落ちます。ただし交換は少量で繰り返さないと水質が変わるので注意して下さい。砂は薄く敷くと後々楽です。

    P4180157.JPG 


    ここ数年はR2Rのフォーラムをメインにしていますが全体的に見ると日本人のリーフタンクの方が綺麗です。外人はフラグから育てる傾向があるので大半のリーファーの水景は寂しい。何飼っているの??って感じです。日本はワイルド珊瑚の入荷が多くしかも安い。海外ではストロベリーのワイルドは中々手に入りません。

    ただ完成度の高いリーフタンクは圧倒的に海外の方が多く水槽の大きさや費用は桁外れでまさにクレージー。車のカスタムも海外の方がクレージーですからね。ランボルギーニにターボ付けて2000馬力なんてアメリカ人しか作りませんから。

    日本は珊瑚も魚も安いし、通販は充実して翌日に届くし、人工海水は豊富だし、水槽は軟水だし、アクア器具も安いし、アクアショップも多いし、ミドボンも個人で使えるので珊瑚を飼うのに大変恵まれています。後、天然海水が採れたりレンテンやユウゼンが10万円以下で買えたり新鮮な国内物ライブロックのライブロックが手に入ったりと海外から羨ましがれるくらいです。


    P4180154.JPG




    Screenshot_20180419-154052.png


    べっぴんレンズを作ろうとすれば試作の段階で75万かかり商品化させるのには200万円を軽く越えてしまいます(汗

    すまない。レンズ開発を中止します。ヤフオクのLEDの為にそこまで出来ない。

    5da22858832d5a4-a-nw-p.png
    かっちょえーな。カスタムしたアベンタ。この画像だけで飯が3倍食べる(`_´メ)


    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



    yjimageX39UPAEU.jpg

    最新RSS



    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 

    Screenshot_20180418-111846.png



    アメリカのREEF2REEF公式サイトで我が家のリーフタンクが今日だけで↑と↓と3回も出ました。この3日間で4回もR2R公式で。R2Rもとうとうネタ不足か?



    Screenshot_20180418-112122.png


    Screenshot_20180419-012158.png

    Screenshot_20180414-085523.jpg



    20170321_130729.jpg


    私もブログネタが無いので(笑)最近べっぴん珊瑚公式LINE@で質問される白点病についてでも。私が推薦する白点(病と書くと薬事法にかかる)の効果(治療と書くと薬事法にかかる)は銅イオンの白点大魔王が使いやすいと思います。




    20170331_124215.jpg


    白点のテストで使っていたキイロハギとインドスダレは150水槽と120水槽で今も数匹飼っています。


    20170306_204755.jpg


    白点大魔王は甲殻類も死なないようにテストしました。


    20170302_210758.jpg


    ネーミングが不評ですが・・・。


    IMG_8896.JPG


    白点大魔王の効果や詳細はこちら。





    Screenshot_20170925-202250.png
    Screenshot_20170925-202311.png
    Screenshot_20170925-202318.png
    Screenshot_20170925-202322.png
    Screenshot_20170925-202327.png
    Screenshot_20170925-202334.png
    Screenshot_20170925-202339.png


    imgrc0070724936


    餌付けに最適!魚の餌に浸すことで嗜好性がアップ!

    魚の餌を浸すことで嗜好性をアップさせる栄養強化剤です。
    アミノ酸16種類とビタミン12種類を含み、チョウチョウウオの餌付けにも最適です。
    頭皮欠損や成長促進にも効果があります。


    魚馳走さま 300ml
    対象淡水魚・海水魚(サンゴ水槽にも使用可です。)
    特長●魚の餌に浸して与える栄養強化剤です。
    ●頭皮欠損を予防し、体型を良くする効果があります。
    ●元々は釣り用の添加剤ですので嗜好性が良くなります。餌付けにも最適です。
    ●魚の成長を促進させる効果があります。
    ●計量、含浸に便利なキャップ付きです。
    内容量300ml
    ご使用方法●適量をとり、魚の餌に含浸させて与えてください。
    ご注意※本品は観賞魚用品です。目的以外の用途では使用しないでください。
    ※高温多湿を避けて保管し、開封後は冷蔵庫で保管してください。
    ※万が一、飲んでしまった場合は医師に相談してください。
    ※目に入った場合は流水でよく洗い流して医師に相談してください。



    IMG_6041



    海水魚飼育は珊瑚のように水質の科学的な知識が無くても愛さえあれば上手く飼えるのですが問題は白点病と魚同士のケンカやイジメ問題です。魚種により長期飼育が困難な場合もありますが買わなければ解決します。


    珊瑚水槽も魚水槽も立ち上げて数ヶ月間はバクテリアの定着が不十分で白点病や珊瑚の白化は良くあります。なので安定するまでは高価な生体の購入は控え丈夫な生体のみで半年は様子を見ます。1年過ぎても立ち上げ率は50%だと感じるくらいですから。


    魚は飼育しやすいサイズがあります。ヤッコやハギなど10円玉サイズは生存率90%以下と思ってください。500円玉サイズだと50%以上になります。アクアショップで魚を選ぶ場合は目の動きを見て指を追って来る固体ならかなり安全です。床を何度も突く固体も餌付けしやすいでしょう。良く泳いでいる個体は元気そうに見えますが案外ヤバイ固体が多いです。


    個人的にはシアン採集とかハンドコートとか意味はないと思っています。ハンドコートがベストなら国内で採集した個体が飼いやすい(成魚まで飼える)ハズですが現実はマニラの方が楽に思うからです。シアン採集固体の方が人工飼料に餌付くのが早い気もします。


    私は人工飼料派で生餌は一切与えません。人工飼料だけでも8年以上飼えていますし発病率も極めて低いです。生餌は飼育水を汚し雑菌を増やすので殺菌灯やオゾナイザーを設置しないとちと怖い。「人工飼料は消化が悪く便秘の元」だと言う方も居られますがEPペレット(メガバイト、オトヒメ等)は生餌よりも消化は良いです。


    餌に付いての過去の記事










    P4180143.JPG


    今日は数週間ぶりにエンジンを掛けました。フェラーリの維持費を良く聞かれるのですがサイトではF430で月に16万円(ローン除く)と出ていました。


    またこのサイト
    ではツッコミが凄い^^;私は月に10万くらいですが・・。アクアリウムの維持費の方が高いような・・。電気代だけで5万だし。



    20180418_144757.jpg


    フェラーリは買っても売っても損しない車なので実はレクサスやベンツよりもお買い得なんです^^逆に値上げするケースがあるくらいですから。以前所有していたの34GT-Rもロータス340Rもランボルギーニディアブロもフェラーリ550マラネロ上がる上がる。マニュアル車はプレミアムが付くでF430もマニュアル車を選びました。



    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 

    P4170116.JPG


    ニョキニョキと成長させたリーフタンクは見る者を圧倒させます。。これまでSPS飼育は難しいイメージがありましたがリーフタンク系のSNSを見ての通り大半の方が飼えています。ただ国内では数年経過したようなニョキニョキと育て上げたダイナミックなリーフタンクは余り見掛けません。

    今回は長期飼育のノウハウを語りたいと思います。画像は全て本日撮影しました。

    P4170119.JPG


    ミドリイシが長期維持が出来ないのは次のような理由があります。

    □徐々に珊瑚が弱り崩壊する。

    □機材トラブルで崩壊する。

    □藻やシアノやダイノスで崩壊する。

    □テンションが落ちて水質の管理が怠り崩壊する。

    です。魚水槽だと大半が水槽の立ち上げて不足や虐めによるストレスで白点病を誘発させ崩壊するパターンでしょう。

    P4170134.JPG


    □徐々に珊瑚が弱り崩壊する。

    これは白ボケさせて珊瑚を餓死させるパターン茶石にされ褐虫藻に殺されるパターンがあります。前者はT5が多く後者はLEDが多いのが特徴。

    白ボケした場合はアミノ酸とビタミンでポリプを咲かせて給餌されると解決します。茶石はライトを見直しゼオライトや栄養塩のコントロールで褐虫藻を減らします。ポリプ食化が出来れば波長(照明)への依存が減り珊瑚が育ちながら色揚げします。

    P4170139.JPG



    □機材トラブルで崩壊する。

    毎朝、水温だけはチェックし帰宅後は比重を確かめながら水を足したりスキマーやリアクターの確認を行う。ヒーター、クーラー、スキマー、照明は予備があるとトラブルが起きても回避出来る。中華製品は故障に注意。

    P4170121.JPG
     


    □藻やシアノやダイノスで崩壊する。


    過去に数回書いていますがダイノスはオキシドールを使いますし藻は土壌バクテリアの投与で


    何れ消えます。シアノはホースで吸い出したりライブロックを交換して消しますが基本的に水質が落ち着けば自然に消滅します。




    P4170124.JPG
     


    □テンションが落ちて水質の管理が怠り崩壊する。

    スキルが徐々にでも揚ればテンションも高くなるのですが何度も失敗するとテンションは誰でも落ちます。それはスキーでも釣りでもナンパでも同じ事。水槽を綺麗に掃除すれば珊瑚の調子も揚って来ますし生体も買いたくなります。テンションが揚らない場合はリセットをお勧めします。


    P4170125.JPG
     


    リーフタンクも3年目になるとオールドタンクシンロドーム現象が始まり栄養塩の処理が効かずリセットを要します。これは底砂の汚れが主な原因なので砂を敷かない又はホースで吸い出せるように砂を薄くすればリセットをせずともオールドタンクシンロドームを回避出来ると思われます。


    P4170126.JPG
     


    ここまで育つとリセットが出来なくなります。夢は同じレイアウトのまま10年連続で飼育する事ですね。FRP擬岩レイアウトを使って今で4年です。あと6年は長いぞ!


    P4170128.JPG
     



    上手く飼えるか上手く飼えないかは海水魚水槽でも言える事ですが水槽のセット(システムの設定)の組み方と水槽立ち上げ数ヶ月間のメンテの仕方でほぼ決まるでしょう。水槽のセットはレイアウト、ライブロック、底砂、配管の組み方、ライト調光、バクテリア剤で決まります。メンテ方はコケや藻の対策や栄養塩、ORP、PH管理になります。



    P4170131.JPG
     


    珊瑚の色揚げは添加でどうにでも出来ますが茶石にさせてしますと添加ではどうにもなりません。


    P4170133.JPG
     


    珊瑚は原生動物なので環境に順じます。つまり水槽の環境に応じる能力を持っているので太陽光や天然海水のパラメーターに拘らなくても珊瑚が合わせてくれます。ただ合わない珊瑚は飼えないので合う珊瑚を見極める必要が出て来ます。


    P4170130.JPG
     


    ストロベリーも短期では誰でも飼えます。所詮、ヤッコミドリイシ種ですから。ただ年単位での色揚げは難しい。スポットLEDで色が維持出来るほど甘くはないです。水質が大事ですから。


    P4170115.JPG


    土壌バクテリアで飼育水の透明度を揚げます。ORPとPHも高めで安定させると色が揚って来ます。


    P4170129.JPG




    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 





    P4160113.JPG


    中央のテーブル珊瑚は3年でかなりデッカくなったので近く分割する予定です。前のガラス面の掃除にフリッパー(LSS)を使うのですがスリ抜け出来なくなりました。がっちり活着しているので外すのは難しいだろうなぁ。

    20180416_135057.jpg

    クサビラとかイシナマコは8年飼っていますが病気ひとつしたことの無い丈夫な生体逹です。

    8c7702f5-s.jpg

    3年前のニジハギはこんなに小さかった。コケ食べないゴマハギは1500水槽に移動し今も元気です。

    20180416_135000.jpg


    モーリシャスの宝石と呼ばれているジェムタンですが性格が大人しく飼いやすい。ジェムタン、コンスピ、タイガー、ギアナ、マゼなどレアな高級魚は直輸入のアクアスターさんが得意分野ですね。幻の白いキイロハギとかいつか入れそう。


    P4160112.JPG


    海外で評価の高いLEDライトとはワイドバンドな波長に加え水槽の隅々まで散光出来るPAR値の強いLEDで、特殊レンズを採用したラディオンとハイドラのシェアが高い。つまりLEDに拘る所は波長よりも散光出来るハイテクなレンズで、波長やPARはT5よりLEDの方がスペックは高いのにT5の方が実績は多いです。それはT5の散光の能力がLEDより勝っているからだと考えられます。


    LEDで散光を優先させるとPAR値が落ちるので1素子を2.5~5W駆動させる必要があるようです。ならヤフオクの安っすいLEDにラディオンやハイドラの特殊レンズ付けたらコストパフォーマンスも性能も上がると考えて国内のLEDレンズメーカーに設計図と共に某国内LEDレンズ製造メーカーに相談中です。

    uyyt.jpg

    ヤフオクのLEDレンズは簡単に交換出来ます。現在は90度オプティックレンズと90度プラズムレンズが標準で付属されていますが両方使い比べても大した違いも無くPARのムラは出来ています。どちらもスポットLEDに使われているような安物のレンズって感じ。ハイドラやラディオンとは次元が違う。

    c0165807_2348249.jpg

    某国内のレンズメーカーに参考資料としてこの設計図をお渡ししています。特許の問題もあるのでパクリは致しません。散光だけに参考にと(笑)決して金儲けではなく私のLEDにこのレンズを付けたいだけです。オーダーすると最低ロットがあるので販売もせざる得ません。1万個と言われたら止めるけど・・。またべっぴんレンズはブログネタに使いますね!


    P4160105.JPG

    べっぴんサンドCA99はミドリイシ水槽に合うように粒を2.0mmにしています。ホースで吸い込まれずウェーブポンプで流させずナマコやマガキが食べて清掃出来るサイズです。ただし2.0mmだと脱窒反応は期待出来ないので薄め(2センチ)に敷く事を推薦します。嫌気領域は嫌気スポンジ(掃除不可)で作ってください。


    P4160106.JPG


    珊瑚飼育で最も大事なのはsystemです。ライトや添加剤はtoolでしかないのでsystemに拘り無くしてtoolに拘る意味はなし。toolだけで上手く飼えるくらいなら国内のtoolを販売する業者はどこも苦労しません。逆にsystemが完成すればヤフオクの安っすいtoolでも問題はないって事です。



    hrdt.jpg



    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 



    1523783211003.jpg


    昨日、べっぴんセメントを使ってレイアウトを製作したとべっぴんLINE@に報告して頂きました。図面も書いて相当本格的です。

    1523793166976.jpg

    左際は完成で次は右ですね!楽しみです。^^

    4bb9b359-s


    アメリカのREEF2REEFでも紹介されたべっぴんセメント。

    詳しくは
    https://lineblog.me/minimini/archives/1060172065.html

    https://lineblog.me/minimini/archives/1055660185.html

    small.jpg

    MK8さんもべっぴんセメントに塗装されています。ごっついリアルだなぁ。

    https://lineblog.me/tqqrn342/archives/596372.html

    b6dbd839.jpg

    海苔さんもべっぴんセメネントとドライロックで製作されています。

    http://blog.livedoor.jp/freedom_sea_world/archives/48754368.html

    img_5.jpg

    リーフスティングレーさんはべっぴんセメントを使ってバックウォールを製作されています。

    https://blogs.yahoo.co.jp/impreza5243reef/14868538.html

    2d60d0c9.jpg

    これもべっぴんセメント。

    bvWomjd8F7.jpg


    関東のT氏からの御依頼でべっぴんセメント+ドライロックで製作。


    IMG_8019.JPG


    1200水槽に設置された画像を頂きました。

    ef87b985.jpg
    a340c0f6.jpg

    APNさんが製作したライブロック+べっぴんセメントで作られたレイアウトです。べっぴんセメントはライブロックでも製作が出来る特殊なセメントです。

    http://www.apn.ne.jp/shop

    93010872.jpg


    2014年、べっぴん珊瑚のテスターの神戸のJさんは華のあるリーフタンクを作られました。ZENI-NAIYOシステムです。
    ll.jpg


    2015年、べっぴん珊瑚ユーザーのGoofyさんはサンマニ2016で表紙を飾りました。


    small01LB2OOL.jpg
     


    2016年、べっぴん珊瑚ユーザーのlunaさんはコーラルフリークス誌に載りました。


    jyjyt.jpg
     


    2017年べっぴん珊瑚ユーザーのじゅんや氏のリーフタンクです。


    RojPJxqqCc.jpg



    ukyj.jpg


    2017年、べっぴん珊瑚ユーザーの石垣マンタ氏はREEF2REEF公式で紹介されました。


    20837290_125215368104637_3260014275132915712_n.jpg



    XhRtOT4Uam.jpg
     


    べっぴん珊瑚ユーザーのにぃにぃ氏(大阪)


    small.jpg
     


    べっぴん珊瑚ユーザーのはまちゃんの4メートル水槽


    hj.jpg


    べっぴん珊瑚ユーザーのよっし~氏の3メートル水槽。


    20180415_183926.jpg
     


    アクアギフトに添加剤を運びに行きました。珊瑚の色がどんどん揚っています。


    20180415_183932.jpg
     


    オージー珊瑚も在庫で良い感じに仕上がっています。アクアギフトさんはZENI-NAIYOシステムにべっぴん珊瑚で水質を管理されています。(足りないパラメーターを補充)



    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。トラブル防止の為にべっぴん珊瑚ユーザー以外はお断りさせて頂いています。



    yjimageX39UPAEU.jpg

    最新RSS



    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 

    ↑このページのトップへ