「WONDER WORLD Vol.15」
1.登らない理由があるとすれば
2.八合目にゃまだ早い
3.避難計画と防災グッズ
4.誰かのモノです
5.春は巡る
〜6.3.11

IMG_2264_160213_1
― 暑かったですか?

はい。暑かったでです。

― どうでしたか今回は?

音響がとても良いとこだったから、上手になったような気がして、楽しかったです。
FanJ最高!

― 一番思い出に残った曲は何ですか?

避難計画と防災グッズ、サビのとこで、自分が思ってたより、腕回してくれてる人が多かったから、「おー、一体感!」って思った。

― 一体感が欲しいですかやはり。

みんな回せ!というわけじゃないんですけど、なんか、珍しいな、と。

― まあいずれにせよそれは気持ちいいということで。

はい。やりたい人やっていいからねー。

― 下手側前方にいた、恐らく初めて見るお客さんが、どうすればいいんだろう、ってキョロキョロしてたけど。

ああ、いましたねえ。

― ああいう人には、まあ、腕を回してくれればいい、と。

そうそう。まあ別にね、3776は決まったこととか別にないんで、自由にどうぞ。
腕立てでも腹筋でもやってくれて大丈夫なんで(笑)

― 他にもね、こういう…

ケチャ?ケチャもたくさんいてびっくりしました。ローリングもちょいちょいいて、私と一緒だなーって。

― なるほど。そういうとこ観察する余裕もあったと。

じゃあそういう解釈でいいですよ(笑)

― 大きな失敗もなく。

大きな失敗はなかった。

― 3.11の終わりの方で声が厳しくなって裏返るのはいつものことだし。

ああ、あれはわざとわざと!

― (笑)わざとなら、しなくていいですよ。

わかりました、じゃあ次からやらないようにしますね(笑)

― では、次の3.11に期待しましょう。

どうぞ期待して下さい(笑)

― 言い残すことはないですか。

栗原ゆうさんありがとうございました。すごい親切でね。ありがたかったです。

― 最後に一言。

大阪また来たいなー。

― ありがとうございました。


― ライブ直後、移動中のタクシー内にて

IMG_2233_160213_1