月別アーカイブ / 2019年01月

「いちばの朝市」[井出ちよのソロ]
1.もうすぐ高校生活~Introduction
2.ギャル子大ピンチ!
3.ぼんくら先生(初演)
4.T.I.F.
5.ギャル子カムバック!(初演)
6.さらば高校生活
※ライブ後に行われた、完全疑似LINKモード体験談についてのインタビューもあります。

190122080124_1548111684.jpg
朝市最後でした。

― この、岳南富士地方卸売市場で毎月第三日曜に行われていた「いちばの朝市」も、来月から休市ということで。

そうです。

― 最後ということで、ということですかね?いろいろ特別なこともありました。

はい。まず井出ちよので新曲2曲発表。完全疑似LINKモードを、井出と広瀬が体験するという。

― まず井出ちよのライブの話から聞きましょうか。今回も新曲2曲で。新曲はどうでしたか?

いい曲です(笑)

― どっちがどう、というのを説明して下さいよ。

「ぼんくら先生」という曲は、私の二年生の二学期の報告ソングでした。「ギャル子カムバック!」という曲は、「もうすぐ高校生」に入ってる「さらば高校生活」の人のでしゃばり女子が修学旅行に行ったらどうなるか、という歌です。

― 修学旅行自体は…。

私が二学期に行ってきたので。

― どっちが難しいとか、そういうのはありますか?

「ぼんくら先生」の方は歌が難しいんですよ。「ギャル子カムバック!」がよく動くんですよ。

― 「ぼんくら先生」の方は、最後にスキャットみたいなのを歌ってましたね。

そうです。あれね、本当に私できないんですけど、やらなきゃいけないらしいのでやりました。

― あそこのメロディは決まってるんですか?

いいえ。決まったとしてもわからなくなっちゃうから、決まったことやって失敗したのがばれても嫌だから、それらしい音を、「ふぇ~、ふぇ~」(笑)

― 毎回違ったメロディが聴ける、ということですか。

でももしかしたらそのうち固まってくるかもしれないけど、とりあえず。

― 「ぼんくら先生」の聴きどころはそこですかね。

嫌だな。そうです(笑)。

― そうですか(笑)。では、「ギャル子カムバック!」の聴きどころはどこでしょうか?

なんでしょう。あ、ちなみに、今日はがさがさ声で「許さん!」って言ったんですが、あれは、今日は試しにやってみただけで…。

― あ、デスボイスっぽいところですか。

そう。ぽいやつです。で、次回はデスボイスじゃない方でやってみますので。ちょっと怒りマークみたいな感じでやると思うので、どっちも聴いた人は、どっちの方がいいか言ってくれれば変えますんで、よろしくお願いします。

― 「許さん!」の表現がまだ定まってない、と。今後そんな楽しみもある曲ということですね。で、その、でしゃばり女子の延長、というわけですか。久々ですよね、「さらば高校生活」が披露されました。

そうです。

― 久々だったのか、最後のいいところで、あれ、間違えた、みたいな表情が見えました。あれは間違えたんですか?

早く、前に出た。歌詞も…。

― 今日は休市前最後のライブということで、最後は「さらば高校生活」でカッコよく終わる、みたいな感じだったんですよね?

そう。だから、カッコよく終わりました!(笑)

― わかりました(笑)。そして物販の後、完全疑似LINKモード、というコーナーがありました。あれはどういう企画だったんですか?

190121205211_1548071531.jpg
井出と広瀬ことなってぃは、LINKモードを体験したことがないんですよ、いつも自分たちが歌ってるから。なので、観客側に回って、今日初めて音楽の楽しさを知る、っていう。

― ちよのさんと、広瀬愛菜さんのための企画、ということだったんですね。楽しかったですか?

私が、「うにょ~ん!」とか、「ぬぉ~ん!」とか言ってるのがやかましかったとはちょっと思いましたが…(笑)

― 録音された歌が、ってことですよね(笑)。要するに、自分の歌をあんなに大きな音で客観的に聴くこと自体があまりないということですね。

そうそう。なってぃとも話してたんですけど、自分の歌の方が、音量が小さくてもめちゃめちゃ聴こえてくるんですよ。

― なるほど。だから、広瀬愛菜さんは、静岡寄りの位置にいたんですね。

だから私も山梨側寄りにずっといました。

― その辺りがちょうどいい感じだったということですね。

いい感じで、全部面白かった。

― 特に面白かったのはありますか?

「もうちょっとおやすみ」が、どんなもんか、と思ってたんですが、良かったなあ、と思いました。

― なるほど。それぞれの曲を単体で聴くと…。

わけわかんないよ、って思ってたんですが、良かったです。ああ、なるほどなるほど、と。

― 理解できて良かったですね。ところで、今日は雨だったんですよね。

そうです。

― お客さんも濡れながらでしたが、無事ライブできて良かったですね。「T.I.F.」も今日も…。

TOがいました。

― 前回に比べたら皆さん盛り上がってましたか?

みんな、困ってましたけど…。

― (笑)

でもみんな、「ティーアイエフ」って言ってくれてたんで。

― 中には好意的な方もいらっしゃると。今後どうなるかわかりませんが、困ってる人が増えると…。

それは嫌ですけどね。みんな慣れてほしいです。

― では最後に一言お願いします。

朝市とてもお世話になりました。ありがとうございました!朝市最高!

― ありがとうございました。

― 物販、完全疑似LINKモード体験も終了後、会場内駐車場にて。

※完全疑似LINKモード企画では、「見えない」「もうちょっとおやすみ」「桃としらすの歌」「私のものです!」を、山梨側広瀬愛菜の録音済の歌、「観覧逃げ[静岡側]/『イザナギ』抜粋[山梨側]」を、山梨側彼女のサーブ&レシーブの録音済の歌、静岡側は全て井出ちよのの録音済の歌にて再生された。

190120222532_1547990732.jpg
190122013127_1548088287.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/information/#live-area

「富士山展OMEDETOまつり2.0」[Season#3Neo]
1.避難計画と防災グッズ
2.八合目にゃまだ早い
3.八十八夜
4.時空ラブレター~アフター大噴火の世界の君へ~
5.3.11

190116210600_1547640360.jpg
富士山展でした。

― 昨年も出演されたんですよね。

そうです。

― 今回のスペースはどういうスペースだったんですか?

DJブースがあったんで…普段DJのライブをやってるような場所なんじゃないかというのは伝わりました。

― ステージというのは特になかったですね。

フラットな状態でね。どこまでがステージなのかわからなくて…。

― 灯りが点いてるところがステージ、ってことだったんですかね。さて、富士山展、ということで、普段のアイドルライブに比べて、客層は違いましたか?

そうですね…。お客さんの方も見えなかったのでどういう客層だったのかわからないんですけど…。

― 3776を知らない人も多いかも、というのが想定されたようなMCでした。

そう、静岡だ、というところから。あの、入口のドアが空いたら灯りが見えるのですが、ドアの空く回数が少なかったので、みんな観てくれてたんだなあ、と思いました。

― 興味は惹いたんじゃないですかね。それぞれの曲の説明なんかもされてました。

はい。八十八夜や八合目は何なのか、という説明を。

― 「八合目にゃまだ早い」の説明では、他の登山ルートの話はせず、富士宮ルート前提で話されてましたね。

いきなりそんなルートの話しても、なんか(富士山に)登ったことないって言ってたので。ほとんどの人が。富士山展に来てるけど、さてはそう詳しくはないんじゃないかと思って。

― 富士山に登ることと、富士山でアートすることはちょっと違うのかもしれないですね。逆に、富士山に登ってるような人は、富士山展には…。

来ないかもですね。じゃあ井出のように、全ての富士山に寛容になりましょう。アートもしちゃう。富士山系女子。

― お茶もどうぞ、みたいなMCもされてました。

あれはもうノリですね。今日も温かいお茶を飲んでました。

― それにしても、富士山展のためのライブ、みたいなもんですよね、3776という存在は。

そうですね。使命感がね。

― だからですか?平日にも関わらず、東京のライブに出演して。今日ちよのさんは学校帰りなんですよね?

そうです。だからすごい疲れてます。

― 疲れてるんですか?

あのー今日初めて学校に行ったんですよ冬休み明けて(笑)

― ああ、調子悪くて。

ずっと寝込んでて、今日初めて学校に行ったら、おかげさまでバキバキに疲れて…。最初声は死んでたんですけど、最後の「3.11」を歌い切れて良かったです。

― ところで、「時空ラブレター」もやったんですよね。

やりました。

― 「時空ラブレター」では、曲の最後に袖に隠れるとか、どこかに座ったりしてますが、今日はどうされたんですか?

スピーカーの前に椅子があったので、座るか、と座りました。スピーカーの前でも意外とマイクがハウリングしなかったので。しゃがむのも面倒くさかったんで。

― 歌いながら、ここだ、と決めて座ったんですね。最初に決めたんじゃなくて。

はい。最初はしゃがもうと思ってたんですけど、しゃがむとやっぱ立ちくらみするじゃないですか。

― でも毎回立ちくらみするわけじゃないですよね。

毎回しますよ!しゃがんだら。しないですか?

― いや、たまにはしますが、いつもってわけじゃ…。

します!立ちくらみしない人は、血の気が多いんですよ(笑)

― (笑)まあとにかく、椅子に座れて立ちくらみしなかったおかげで、「3.11」もちゃんと歌えたと。そういうわけですね。

そうでーす。

― では最後に一言お願いします。今日は富士山展に向けての一言にしましょうか。

次もお願いします。…富士山より。

― 「ちよのより」ですよね。ありがとうございました。

― 物販も終了後、控室にて。

190117012703_1547656023.jpg
190116124557_1547610357.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/information/#live-area

「SAKA-SAMA つつみ生誕ライブ」[Season#3Neo]
1.正月はええもんだ
2.カメラ!カメラ!カメラ!(Cover)
3.旅ふぉとセレクション
4.八十八夜

190113180000_1547370000.jpg
― つつみさんって方はどういう方なんですか?

かわいい人です。

― そのつつみさんの生誕ライブに呼ばれたわけですが。どうでしたか?

かわいかった。

― ちよのさんはどうでしたか?

井出でした。

― どの辺が井出だったんですか?

トマトの話しちゃうあたりですかね。

― (笑)MCでトマトの話されてましたね。トマトの話をしたかったんですか?

どうしてもしたかった。

― フルーティで甘いトマトをピザに入れるな、という話だったんですよね。

そうです。

― で、その話をしたのが、生誕祭のめでたい話と関係あったとか。

そうなんです。めでたい食べ物が食べたいと思って、赤と白のパンがあって、紅白でめでたかったので。

― お正月っぽいめでたさですね。ところで今日はちよのさんの調子はイマイチだったとか。

そうです。喉がかれてるというか、痛い。左右が痛い。

― ちょっと前は熱があったんですよね。

熱はもうだいぶ下がって平熱になったんですけど、それが治ったら喉が痛くなり始めて。

― ライブは無事終わった感じですが。「カメラ!カメラ!カメラ!」は歌うの大変なんですかね?

あれね。「ああ」から。

― 裏声も使わず頑張って歌ってましたね。

喉が痛いような感じはしましたか?観ていて。

― ちょっと調子悪いのかな、という風には思いました。今日は声がすごく良く聴こえたので。

リバーブっていうかエコー?「ファーン」ってのがなかったですよね。

― 確かに、エコーはあまりかかってませんでしたね。

だから、どうしよう、って。私も、自分の耳によく響く、って思って。

― でも、それだけ良く聴こえても、そんなにひどいとは思わなかったです。ところで今日は今年初の東京遠征だったんですよね。

そうか。そうです。あけましておめでとう。正月終わっちゃいましたけどね。

― 「正月はええもんだ」も、もしかしたら今シーズンライブ納めですかね。

あ、今日、ちゃんとキレイに回れました。Motionの床は。良かった。

― 残念ながら、客席後ろの方からだと、回ってる姿は…。

見えない(笑)

― Motionで満員だと全然見えないんですよね。かろうじて最後に手を合わせてるちよのさんの顔が一瞬見られたくらいで。

今日は本当めちゃめちゃうまくいったんですが…。

― では最後に一言お願いします。

あけましておめでとうございました。喉治していきまそーい。喉もあけましておめでとう。

― (笑)ありがとうございました。

― ライブ終了直後、会場付近駐車場にて。

190115041317_1547493197.jpg
190114165745_1547452665.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/information/#live-area

↑このページのトップへ