月別アーカイブ / 2018年07月

「雨宮未來生誕祭」[井出ちよのソロ]
1.Introduction
2.恋する仔羊 
3.カードリーダー 
4.バイト初日 
5.授業は今日も

IMG-8026.jpg
NaNoMoRaLの未來ちゃんの生誕祭でした。

― たくさんの演者さんが集まって。大きなイベントでしたね。

いっぱい。

― 場所が、月見ル君想フ。井出ちよのソロで出演するのは…。

初めてじゃないですか。

― どうでしたか?ステージの方は。

楽しかったです。最初「恋する仔羊」で、この後死ぬかな、と思ってたら…。声ね。回復していった。

― へえ。すごいですね。

体力つきマンだな、あ、バテてない、って思って。

― 何のおかげなんでしょう?

ワンマンのリハなんじゃないですか?さっきもやってきたんですよ。

― 印象に残ったことはありますか?

なんか、PPPHが途中で入ってたりとか…。

― PPPHってなんですか?

パン、パパン、っていう。

― ああ、「カードリーダー」の時ですか。

あと、曲中に、「かわいいー!」「ちよのー!」みたいなのが入るのが、新鮮すぎて、びっくらしました。

― 今後はそういうことにも対応できるようになれるといいですね。ちよのさんもMCで言ってましたが、今日はお客さんも浮かれてるような感じでしたね。

浮かれてますよきっと。

― いろんな演者さんが集まってるのにも関わらず、生誕祭の空気で統一されてた気がしますね。

いいですねー。

― 「Introduction」はどうでした?

最高でしたねー。

― さっそく物販の宣伝なんかもしてましたが。テストの点数の報告なんかもうけてましたね。

はい。世界史が18点ですね。

― 100点満点で。

はい!

― さすがちよのー!みたいなヤジが飛んでました。

現代文の78点ではそこまでの反応はなかったのに。

― でもテストって難易度とか平均点とかもありますからね。世界史の平均点は何点だったんですか?

18点だったんで。

― それも言えば、なんだ、学校では賢いんじゃん、みたいな反応になったかもしれませんね。では、最後に一言お願いします。

おめでとう、未來ちゃん!

― ありがとうございました。

― ライブ終了直後、楽屋エリアにて。

IMG-8014.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/project/information.php#live-area

「3776を聴かない理由があるとすれば」再現ワンマンライブのサポートメンバーの1名が、急遽出演できなくなりました。(出演キャンセルの理由について等は別の記事「ワンマンライブのサポートメンバー出演キャンセルについてのお詫び」をお読み下さい)

この再現ライブを完全な形で行うには、井出ちよのの他、サポートメンバーが3名どうしても必要で す。

どうしても必要ですが、7月21日、22日の《富士宮編》は、時間や場所などの制限もあり、1名欠けたままの「不完全」状態でライブせざるを得なくなりました。(「不完全状態」の詳細については後述します。)

ですが、7月27日の《東京編》までは、若干時間があります。

そこで、サポートメンバーを急遽募集します。アイドル活動されてる方大歓迎!動画を見て歌やダンスを覚えられる方であればほぼ先着順で決めさせて頂きます。

こちらの27日の《東京編》の方、ライブ会場は渋谷となりますので、関東在住の方、大・大歓迎です!富士宮まで来る必要はありません。(当日までに一度確認させて頂きたいと考えてますが、お住まいのエリアにて行います。都内であれば都内まで参ります。)

興味のある方はこちらまでぜひお問い合わせ下さい。お早めに!
info@m3776.com

また、こちらの27日の再現ライブを面白くしたい、行く予定なので完全状態を観たい、という方は、情報拡散の方もぜひよろしくお願いします。
様々なアイドルファンの方も、特典会などで「出演してみれば」と、アイドルさんたちに拡散して頂ければ幸いです。

27日渋谷O-nestで行われる3776ワンマンライブのサポートメンバー募集の件は以上となります。

続いて、21日22日《富士宮編》の「不完全状態」ライブについてです。

富士宮編は、サポートの空きパートを空きのまま「再現できない」不完全状態でのライブを行わざるを得なくなりました。改めて、楽しみにされていた方々に深くお詫び申し上げます。

基本的には、VersionAとVersionBを観て頂くことで、完全状態をイメージできる、という形をお届けしたいと考えてますが、片Versionのみ観られる方もいらっしゃいますし、一つのライブとして最低限のクオリティを保てるよう、他のメンバーで補完できる空きパートは補完し、全ての皆さまに満足して頂ける演出を目指しています。

井出ちよのも頑張ります!

以上、よろしくお願いします。

3776プロデューサー:石田彰

*7/16 17:30追記と修正
27日のサポートメンバー募集ですが、さっそく連絡のあった広瀬愛菜に決定しました。拡散等ありがとうございました。

7月21日、22日に富士宮27日で渋谷で行われる「3776を聴かない理由があるとすれば」再現ライブに出演予定だったサポートメンバーさちが、事情により急遽出演キャンセルとなりました。
7月21日、22日の富士宮編は、サポートの空きパートを空きのまま「再現できない」不完全状態でのライブを行わざるを得なくなりました。楽しみにされてた方、誠に申し訳ありません。(不完全状態について、また、27日については別の記事「27日ワンマンライブサポートメンバー募集」をお読み下さい)

出演キャンセルについて、どういう事情なのか、このブログ記事にてある程度詳細を伝えると共に、当イベントの主催者よりお詫びさせて頂きます。

大きな原因となったのが、出演予定だった三日間のうち一日を、後から入れた用事の方を優先させるため「その日は出演しない」と伝えてきたことです。7月14日のことです。(なお、この先のやりとりは本人とではなく、マネージャーさんとのやりとりです。)

そこに至るまでの経緯はあるのですが、それは割愛させて頂くとして、「出演しない」と伝えてきた際、出演しなくていい理由として、以下のようなことも綴られていました。

・契約書を交わしたわけでもない
・さちは3776とは関係なく、ただのサポートメンバーである
・3776の正規メンバーではないので、3776ライブの成功のことは本来考える必要もない
・メジャーにあげてくれない

主催者として、今回参加してくれるサポートメンバーは、一つの素晴らしい作品を作る喜び、舞台を一緒に成功させたい気持ち、そういう気持ちを共有できてるものだと信じていました。
まず、皆様にはその点でお詫びします。勝手にそのように思い込んでおりました。申し訳ありません。

この件で、このライブの前提が全て崩れ落ちるような感覚に陥りショックを受けた主催者である私は、仮に残りの二日出演できるのだとしても、一緒に作品を作れない、お客さんの前には出せない、という気持ちになりました。
他のメンバーたちにも、どう思うか尋ねましたが、概ね同じような気持ちだったようです。

どの道一日は欠けることになりますし、それ以前に、こんな気持ちで良い舞台を作ることはできない、と判断し、もう残りの二日も出演しなくていい、と伝えました。これがざっとした経緯です。

ここでももしかしたらお詫びが必要かもしれません。残り二日、頼めば出演可能なのだったら、私主催者や他のメンバーの気持ちなんか優先させず、我慢すれば、少なくとも二日は体制を保てただろう、という方もおられるでしょう。申し訳ありません。我慢が足りませんでした。

ところで、後から入れた用事の内容についてですが、用事の詳細については触れてほしくないということなので、ここでは書きません。
はっきり書かないと誰も納得してくれない、と伝えたところ、納得できないのは主催者だけでしょ、と言われました。恐らく皆様は納得して頂いてるのでしょう。
また、人権を守ってほしい、とも言われました。人権云々に関わるらしいですし、書きません。

また、後から入れた用事の方の日程をずらせないか相談したところ、そんなことはできないのが常識だ、と逆に諭されました。

以上、出演キャンセルの事情となります。
改めて、皆様に対しては、申し訳ない気持ちで一杯です。

主催者として、今後二度とこういうことがないように、サポートをお願いする際には、後から用事を入れてそれを優先させるようなことはないか確認してから、お願いするようにします。
そして、後から用事を入れてそれを優先させない、という契約書を書いてハンコを押してもらいます。

なお、冒頭でも触れましたが、不完全状態ライブについて、また、27日については別の記事「27日ワンマンライブサポートメンバー募集」をお読み下さい。(後から用事を入れてそれを優先させるようなことをしない方のみの募集となりますのでご了承下さい。)

最後に、この件に関して、これ以上の詳細を伝えることは、3776公式サイドでは控えさせて頂きます。
もしかしたら、さち運営サイドでは「それはちょっとニュアンスが違う」といった認識の違いがあるかもしれませんし、他に伝えたいこともあるかもしれません。恐らくさち運営サイドでも何かしら告知はされると思いますので、これ以上のことについては、そちらでご確認下さい。
こちらの一件に関して、3776公式サイドとしては、このブログ記事にて終わりにさせて下さい。
「3776を聴かない理由があるとすれば」再現ワンマンライブを成功させるべく、切り替えさせて頂ければ幸いです。

↑このページのトップへ