月別アーカイブ / 2018年03月

「3776公開運営会議2018」に寄せられた意見の中で、「公式サイトがわかりにくい」「それぞれのスタイルについての解説はどこにあるのか」「スケジュールがわかりにくい」といった指摘がありました。

一方、「わかりにくいのが3776のいいところ」「公式サイトは完璧」といった意見も寄せられています。
確かに、3776はわかりにくいものですし、3776公式サイトはその開き直りからデザインされているとも言えます。

3776公式サイトは、RPGをやるような感覚で、あ、この情報はここにあったのか!ここへの入り口はあそこにしかないのか!このアイコンにはそんな意味が!とか、そんな風に楽しんでもらえれば幸いです。「あんなサイト簡単だよ」とレベルアップを目指すのもアリかもしれません。

とはいうものの、情報サイトはわかりやすさが命という面もありますし、RPGやってる時間なんかないよ!という方もいらっしゃることでしょう。
そういう方のため、3776公式サイトが更に複雑化した2017年12月中旬に先立ち、わかりやすさも視野に入れた、井出ちよの公式サイトが開設されています。
井出ちよの公式サイト:http://idechiyono.info

こちらのスケジュールページ(http://idechiyono.info/schedule.php )には、井出ちよのの出演情報が全てリスト化されております。また、それぞれのスタイルについての解説もあります。ぜひ、こちらのサイトの方をご贔屓にして頂けるでしょうか。
(ちなみに、3776公式サイトの方にも、それぞれのスタイルについての詳細な解説のページはあります。スマホ、PCとも、トップページからワンクリックで飛べます。)

ただ、3776公式サイトの方に、井出ちよの公式サイトへの誘導がない、というのは不親切だったかもしれません。

その点は改善させて頂きました(実は意図はあったのですが、こちらへの対応を優先しました)。3776公式サイトのトップページに、井出ちよの公式サイトへの誘導とリンクを貼りました。初めて訪れる方にもわかりやすくなったのではないでしょうか。

先述の井出ちよの公式には、ツイッターもあります。
井出ちよの公式ツイッター:https://twitter.com/IdeChiyono

こちらのアカウントでは、3776及び井出ちよのソロのスケジュール更新時には必ずツイートさせて頂いてます。こちらのアカウントのフォローの方もお勧めします。

以上、ニーズによって、3776公式サイトと井出ちよの公式サイトを使い分けて頂ければ幸いです。
(公式サイトが二つもあるのか!わかりにくい!という声も聞こえてきそうですが…)

LINKモードのメインビジュアルは、現在「富士山神話」のイメージイラストとなっています。
(3776公式サイトLINKモード:http://m3776.com/link/ )

このイラストは、皆さんから募集しています!

描いて頂いた一つのイラストは、少なくとも一ヶ月間、LINKモードのトップページに飾らせて頂くと同時に、掲載期間中、担当された絵描きさんの紹介または宣伝のバナーも、 3776のトップページに貼らせて頂いております。興味ある絵描きさんは、ぜひご参加下さい。そして、メインビジュアルをあなたのイラストで飾って下さい!

イラストのテーマは「富士山神話」。
静岡側、山梨側にそれぞれのストーリー、それぞれの主張があります。それを、一枚のイラスト、または分割したイラストで表現して下さい。

参考文献として、描いて頂ける方には、「富士山神話」の静岡側、山梨側全部のストーリーをお渡ししています。
それを参考にするのも自由、敢えて参考にせず全てインスピレーションで描くのも自由、あなたのセンスにお任せします!

…とはいうものの、こういうのはダメ、というのはあるんじゃないの?
実は、あります。募集開始時の説明が十分でなかったためか、最初に提示したイラストのイメージが強かったせいか、コンセプトを勘違いされている方も多かったようです。

そこで、「こういうイラストは受け付けていません」という、掲載NGの規定をはっきり提示させて頂きます。

A:現実に行われているライブやパフォーマーを彷彿させるもの
…こちらのイラストは、現実のライブとは完全に切り離して考えて下さい。また、LINKモード(特に神話)において、パフォーマーは絶対的な存在ではありません。その存在に、少なくともイラストレーターは、惑わされないで下さい。(例えば100年前や100年後にLINKモードのライブが行われている、その時もリアルタイムで「アー写として使える」ようなイラストを求めています)

B:基本的なイラストスキルとして未熟なもの
…LINKモードのトップを一ヶ月飾る「イラスト」としてレベルの低いもの。

C:アイドルグループのビジュアルとして相応しくないもの
…極端な例として、エロ、グロといったような雰囲気のイラスト。

D:著作権的に問題があるもの
…例えばイラストの中にミッキーマウスやドラえもんといったキャラが素材として描かれてる、といったもの。

以上です。
現実的には、今までは若干規定外のイラストも採用させて頂いてましたが、今後、以上の条件に当てはまる規定外のイラストは残念ながら受け付けることができませんので、その旨ご了承下さい。
(既に受け付け、依頼もしているイラストについてはここで明言化した規定等気にせず順次公開させて頂きます)

「これは規定外?」といった迷いがあるような場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
Bの確認のためには、過去のイラスト等を確認させて頂きます。AやCの確認のためには、ラフスケッチ等をお送り下さい。それぞれ、担当者が判断させて頂きます。

これらの規定さえ満たしていれば、自由です。富士山を一切描かない、といったイラストももちろんありです。

興味のある絵描きさんは、ぜひふるってご参加下さい!
(プロの方で制作料が必要な方はご相談下さい)

お問い合わせ、お待ちしています。
info@m3776.com

※こちらの記事は2018年8月31日まで有効だった記事です。新たな要項については、「LINKモードに参加してみませんか?」(https://lineblog.me/minanaro/archives/13197779.html )をご覧下さい。



LINKモードでは、ライブ活動再開に向け、山梨側のパフォーマーを募集します。

パフォーマーって?
わかりやすく言えば、アイドルグループのメンバーです。

アイドルをやりたい、または既にアイドル活動を行っていて、活動の場を広げたい、と考えてる方はぜひご応募下さい。
また、プロダクションの方で、仕事として所属タレントを派遣したい、という方もぜひご相談下さい。

さて。今回ここで募集する「パフォーマー」ですが、以下の特徴があります。

・応募状況によって、ソロアイドルになるか、グループアイドルになるか未定

・「交代制」という体制になる可能性もあり(ミュージカル等のキャストに近い感覚)

・LINKモードのライブが行える場所が限られているため、頻繁に活動はしない(現状月2回程度)

以上、どれも不安定で、あまり魅力的ではない特徴です。そんな活動に参加するだけの意味ってあるのか?と思われた方もいらっしゃるでしょう。

意味は、すごくあります!

LINKモード(LINKアイドル)という形態は現在のところ、日本中どころか恐らく世界中探しても見当たらないでしょう。
LINKモードのライブ。この体験は、あなたがいるこのステージでしか、体験できないのです。世界中どこを探しても!

そんな、唯一無二のアイドルに、なってみませんか?

そもそも、LINKモードって何?どんなライブなの?という方。
静岡のWEBマガジン、mitecoさんが何度か取材してくれてますので、こちらの記事などをご参照下さい。(現在、記事中の山梨担当が担当を降りた状態です。その山梨担当を新たに募集しています。)

・3776の「LINKモードライブ」に潜入! ほかでは味わえない芸術的な音楽体験!:http://miteco.jp/culture/12555/
・進化を遂げた3776!新曲完全レポート:http://miteco.jp/culture/14130/
・富士山ご当地アイドル3776の本拠地復活! 新展開のLINKモード含む年末ライブレポ:http://miteco.jp/culture/15589/

どうでしょうか?
LINKモードとはどういうものか、お分かり頂けたでしょうか?
ライブ活動休止前にLINKモードのファンになり、活動再開を心待ちにしている方もたくさんいらっしゃいます。
興味が湧いた方は、ぜひこの先の応募規定をご覧下さい。


●応募規定

・年齢不問
※ただし、これから初めてアイドル活動を始められる方は、11歳~18歳くらいを目安にして下さい。

・山梨県在住または山梨県出身者が望ましい
※望ましいですが、その限りではありません。例えば東京都在住だとしても、八王子あたりだとほとんど山梨ですし、甲州街道沿いに住んでる方は山梨に馴染みが深いのではないでしょうか。

※その他、現在のスキルや仕事形態(派遣など)によって多少条件などは変わってきますので、応募規定は参考程度にして下さい。

※既に存在する、またはこれから発足するアイドルグループをLINKモードの山梨担当としてリンクさせたい、というような提案ももちろん受け付けます。アイドル運営さんからの新たなアイデアもお待ちしています。

※「静岡側のパフォーマーをやりたい」という方もご相談下さい。


●締め切り

募集は、2018年8月末に一旦締め切ります。
その結果、体制がまだ整わない場合、改めて募集締め切りを設定し、休止期間も延長します。


●応募方法

メールにてご応募下さい。

写真2枚(バストアップ、全身)を添付の上、

・お名前
・返信用メールアドレス( info@m3776.com からのメールが届く設定でお願いします)
・現住所(市町村までで結構です)
・自己PR

以上明記の上、件名を「LINKモードパフォーマー応募」とし、

info@m3776.com

までお送り下さい。(グループアイドルからの応募の場合は同メールアドレスまでお問い合わせ下さい)
追ってお返事させて頂きます。


●選考方法

スキルや仕事形態、応募状況により変わってきます。
応募者多数の場合、2018年8月以降、オーディションなどを行う可能性もあります。


最後に。
ここまでお読み頂いた、復活を望むLINKモードファンの方、一度はLINKモードを体験したい、という方。
「この子に声かけてみたら?」といった推薦や、「このアイドル(アイドルグループ)が興味を示してたよ」といった情報も大歓迎ですので、そういった情報はどしどしお寄せ下さい! 
情報提供先・その他問い合わせ先:info@m3776.com

↑このページのトップへ