「marquee≠night 23 in 寺」[Season#3Neo]
1.さくらさくら(わらべうた)
2.キレイな、私に(Cover)
3.避難計画と防災グッズ
4.2037年のバレンタイン
5.八十八夜

190520000417_1558278257.jpg
― 龍岸寺では何回かライブをやってますよね。

はい。3~4回。

― この龍岸寺のイベントでは、畳の上で靴下でライブするんですが、その環境にも慣れたという感じでしょうか。

慣れません。今日も500回くらい転びそうになりました。

― 500回(笑)。でも一回も転んでないですよね。ということは慣れたということなんじゃないでしょうか。

慣れない!

― 何が慣れないんですか?

滑り止めマットに変えるべきですね。

― 滑る、ということなんですよね。要するに。でも、畳には目があるんですよね。滑りやすいところと。

そうなんですよ。だから、向きを変えればいい。

― そんなコツも段々掴んできているような気がするんですが。

一生掴めない。

― (笑)。

家に畳があるんでそこで練習しまーす。

― まあ、畳でライブする機会もそれほどないと思いますが。

靴下に滑り止めついてるようなのもあるじゃないですか。買って下さい(笑)。

― でも本当、観てる分には、それほど不自由してるようには思えませんでした。動きをセーブしたりしてたんですか?

あと上にぶら下がってるんですよ。最初覚えてなくて、「さくらさくら」で踊り始めて、あ、上にあるんだ、ってなって、そこから焦り焦りの焦りもんじゃでした。

― 上に飾りがあるんですよね。

あと畳って、これがあるじゃないですか。

― 縁のことですね。踏まないようにしたと。

いや、滑り止めに使いました。そこに両足をひっかければ、動かないんで。

― なるほど。畳さばきも見事なライブだったと。そういえば今日はMCがスピーディーでした。

はい。ちょっとギネス狙ってるんで。最速MC。

― (笑)。MCがないグループさんとかもいますよね。

元々ないところは別として。

― なるほど、MCがあるのに、最速を。そこまで短くはなかったと思いますが。でも話が途中までのところもありました。衣装か何かの話でしたよね。ここで聞かせて下さい。

月ミル君想フでワンマンライブした時に、金ぴかのやつにしたんですよ。襟とリボンを。

― 3月のワンマンライブですね。それ以来それらを装着したと。

これ、白と思われてるみたいなんですけど、月に合わせて金ぴかにしたんです。

― 今日のお寺に合ってましたね。

そう!だから今日はそれも含めて。

― なるほど。場所によってその襟の衣装になると。

TPOに合わせて。

― これは何バージョンと名付ければいいでしょうか。

「豪華絢爛」にしましょう。

― (笑)。ともかくそんな話がMCで本当は聞けるはずだったんですね。ところで関西は久々でしたっけ。

3月末に兵庫でやりました。行脚ライブスタイルでしたけど。

― 兵庫と京都だとお客さんの雰囲気は違いますか?

兵庫の時は、3776のお客さんしかいなかったので。

― なるほど。今日はいろんなお客さんがいたと。反応はどうでしたか?

意外と協力的でした。

― MCのスピーディーさに合わせてもくれてましたね。

そう。優しい人々。

― 龍岸寺のライブは半年毎に定期的に出演させてもらってる感じですが。では最後に一言お願いします。

これからもよろしくな。そいそーい。また関西来るよー。

― ありがとうございました。

― ライブ終了直後、会場付近駐車場にて。

190519175232_1558255952.jpg
190520122949_1558322989.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:https://m3776.com/information/#live-area