「『3776を聴かない理由があるとすれば』再現ワンマン・ライブ《東京編》」[Season#3Neo]
※Version B(ギター側はVersion A)にて公演
1.[Introduction]
2.登らない理由があるとすれば
3.[IntervalA]
4.水でできている
5.[IntervalB]
6.洞窟探検
7.避難計画と防災グッズ
8.日本全国どこでも富士山
9.[IntervalC]
10.春がきた
11.湧玉池便り
12.生徒の本業
13.[IntervalD]
14.旅ふぉとセレクション
15.[IntervalE]
16.八合目にゃまだ早い
17.[IntervalF]
18.春は巡る
19.3.11
20.[Ending]
(以上再現ライブには、サポートメンバーとして、みゆう、あきな、広瀬愛菜が参加)
アンコール1.ほたる来い
アンコール2.八十八夜

0033.jpg
「3776を聴かない理由があるとすれば」再現ワンマンライブ東京編、O-nestが終わりました。すがすがしい気分です。

― なんですがすがしいんですか?

全部終わって、今日間違えずにできたからです。

― あれ?先ほど「八十八夜」の歌詞を間違えたとか…。

それは、アンコールなんで。「再現」の方は間違えられないじゃないですか。再現しなきゃいけない部分は、できやした。

― なるほど。ところで、富士宮編の市民文化会館とは、違うことがたくさんあったんじゃないですか?

そうなんですよ。紙が見えない。

― 紙?

セットリストじゃないですけど、(段取りを)メモした紙があるんですよ。文化会館では、ステージ上を見ながら確認できるんですけど、ここはドアの出入りだから…。

― 袖からステージが見えないと。

そう、ステージが見えないのと、裏が暗すぎて、紙が読めないのでめっちゃ焦るというのが困ったのと…。

― でもそれに関しては、間違えずにできたということは…。

そう、なんとかなったんですよ。で、ステージ上がるのに、一回段差があるんですよ。だから、(ドアから)入るタイミングと、段差を越えてステージに上がるタイミングを合わせなきゃ、カウント始まってるのにまだドアのところにいる、みたいなことがあるんで。

― 文化会館だと、袖からスッと出られたんですね。

そうなんですよね。それが、難しかったでーす。

― でも、そういう難しさを乗り越えて。

できやした!

― 他に何か違いはありますか?

あとサポートも一名増えて。全部で四人でできました。

― そして今日はオールスタンディングだったんですよね。富士宮と違って。

そうなんですよ。向こう(富士宮)はコンサートで、こっちはライブ、みたいな。

― 富士宮の方は会場の雰囲気も、舞台という感じでした。

こっちの方が(観客と)距離が近いんでね。ライブ味があるんですよね。

― 楽しかったですか?

はい。初めて見たよ、って人もたくさんいたみたいで。

― では最後に一言お願いします。

本当にとっても楽しかったでーす。この疲れは入浴剤でなんとかしまーす。そいそーい。

― ありがとうございました。

― 物販も終了後、楽屋エリアにて。

180728121310_1532747590.jpg
IMG-8210.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/project/information.php#live-area