「3776復活ライブ」(2) [山梨版MONOモード]
1.フレンズ(Cover)
2.もうちょっとおやすみ
3.桃としらすの歌
4.私のものです!

CO0Q9955.jpg
― お疲れさまでした。どうでしたか?

楽しかったです。お客さんがいっぱいいて。

― 今日はどういうイベントだったんですか?

3776が復活するということで、私(広瀬愛菜)が山梨担当となったということを、皆さんに発表するというイベントでした。

― 緊張してました?

めっちゃ緊張してました。廊下を行ったり来たりしてました。

― ライブ中もあまり声が出てなかった印象を受けました。なぜ緊張したんですか?

自分のことを知らないお客さんもいるわけで…。

― しかも相当おちょくった、というか、そういう役柄だったみたいですよね。どうでしたか?お客さんの反応は。

極端で、「え?」みたいな感じの人と、普通にノリノリで聴いてくれてる人もいました。

― そういう人がいるとありがたいですね。

なので、そのノリノリで聴いてくれてるを積極的に見て、やろうと思いました(笑)

― ポカーンとしてる人も、いたと。

いましたね。

― そんな中、最後の曲で、「富士山は山梨のものですよね?」と声をかけたわけですが。

はい。

― ちゃんと反応がありましたね。やはり、ノッて聴いていた方だったんですか。

そうですね。

― 黙ってる人もいました?

いました(笑)はあー?みたいな感じ。

― でも、思ってた以上でしたよね。反応が。

そうです。思ったより全然反応があって。逆に驚きました。

― ともかく今日はやれたことが大きいんじゃないですか。内容はともかく。よくやったと思いますよ。

ありがとうございます。

― 6日にまた難しいことをやることになると思うんですが。では最後に6日に向けて意気込みを。

頑張ります…。

― まだいろいろしっくりはきてない感じですね。3776の山梨担当っていうのが。

そうですね。自分もまだつかめてないから、お客さんたちも…。

― もしかしたらプロデューサー氏もまだつかめてないんじゃないですか。

(笑)

― とりあえず、6日、頑張ってほしいと思います。

ありがとうございました。

― 物販も終了後、楽屋にて。

CO0Q9925.jpg
AT8O1349.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトLIVEページにて:http://m3776.com/project/live.php 
(今回の記事のイベントは撮影禁止でしたので、撮影スタッフの写真となります)

「3776復活ライブ」(1) [井出ちよの]
1.Introduction~もうすぐ高校生活[Live ver.]
2.ハートの五線譜
3.体調管理のために
4.ギャル子大ピンチ!

AT8O0392.jpg
― お疲れさまでした。今はどういう時間なんですか?

今は、井出ちよのの出番が終わって、pixieさちちゃんがやってる時間です。

― 何のライブの、ですか?

3776復活ライブです。5月3日。

― その復活ライブの、一発目に出演したんですよね。井出ちよのソロとして。

そうです!

― 今まで歌い慣れてる曲をやった、と。

はい!慣れてない!

― 慣れてない?なぜ慣れてないんですか?

難しいから(笑)

― 結構ライブでやってましたよね?どの曲が慣れてないんですか?

ギャル子。

― そういえば、終わりの方でちょっと…。

死にました!

― どんな風に死んじゃったんですか?

例えて言うなら、「3.11」の、最後の方でよくなるやつです。

― へろへろ、ってことですかね。

そうそうそう。

― 今日は段取りでいろいろ気を付けることがあったみたいですが。そっちは大丈夫でしたか?

はい。

― 今までは録音されてた声を流してたIntroductionでしたが、声をカットしたカラオケを流しつつ適当に喋ってから出ていくという、初めての試みもありました。

はい。そうです。

― 喋りの内容、かなり適当でしたよね。

良かったです。

― お客さんは盛り上がってた感じはしました。

はい。暖かい。

― また今後もやっていきたいですか?

やりたい。あれはやりたい。ギャル子はもうやらない(笑)

― ギャル子はもうやらないんですか?もうちょっと頑張ろう、とか、そういう風にはならないんですか?

頑張って、できなかったら、やらない(笑)

― お客さんはどんな感じでした?

一番前に、イトコがいて、ええー!?みたいな。立ちで、掟さんの隣にいて…。

― やりやすかったですか?

いや、全く!

― 他のお客さんはいっぱいいました?

いっぱいいました!もっと少ないかと思ってたんですが、(両サイドの)椅子の席にもちゃんといて、真ん中のスペースも埋まってたんで。

― 盛り上がってくれましたか?

はい。

― というわけで、とりあえず、井出ちよののオープニングアクトは終わりましたけど。次は、いよいよ、ですね。

はい!

― 3776の時間になるわけですが。では、それに向けて一言。

頑張るぞー、おー!

― 頑張って下さい。

頑張りまーす。

― ライブ終了直後、楽屋にて。

AT8O0314.jpg
IMG_0391_1.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトLIVEページにて:http://m3776.com/project/live.php 
(今回の記事のイベントは撮影禁止でしたので、撮影スタッフの写真となります)

3776スタッフです。今回は告知です。(一部イベント主催さん向け業務連絡的な内容も含まれます)

本日5/6、富士川楽座にて行われた「実験」ライブは成功を収めました。その結果も受け、3776のこれからのライブのスタイルが固まりましたので、ここにお知らせします。

本日、富士川楽座で行われたライブ、これが3776 Season#4のライブです。
ご覧になられた方には説明不要ですが、2つの少し離れたステージで、それぞれ静岡担当のちよの、山梨担当の愛菜がパフォーマンスを同時に行います。

曲は完全にリンクしています。リンクしていますが、拍子が違ったり、メロディや歌詞も違ったり、開始や終了もずれたりすることもあります。
ただ、リンクしていますので、2つのステージどちらの音も聴こえるポイントで、ミックスされた音楽を楽しむことも可能です。

富士山は静岡のものだ、と主張する井出ちよのに賛同される方は静岡側ステージ前で一緒に応援できます。逆に、山梨のものだ、と主張する広瀬愛菜に賛同される方は、山梨側ステージ前で一緒に応援して盛り上がって下さい。
どちらも応援せず、その2つを俯瞰することもできます。ステージ間を行き来もできます。自分の好きなポイントをそれぞれが探ることが可能です。それが、3776 Season#4のライブです。

ただし、本日のような環境がなければ、3776 Season#4のライブを行うことはできません。
そのため、現実的なことも考慮し、通常のライブハウスなどでも行える「モード」も準備しています。

ちなみに、本日のライブのような、3776 Season#4本来のライブを、LINKモード、と名付けます。

それに対して、静岡版、山梨版それぞれの「MONOモード」があります。
格好つけてますが、要するに、それぞれ独立したソロアイドルとしてステージに立つ、というライブです。(5/3の復活ライブでお伝えした通り、2名が同じステージに立つことはありません)

Season#4スタート前にオファー頂き、既に決定しているライブは、井出ちよのが参加する前提であったということで、静岡版MONOモードでのライブとさせて頂きます。具体的には、

・5/7名古屋今池リフレクトホール
・5/27下北沢サウンドクルージング

以上の2つのイベントです。(5/21はアナログ「ラブレター」のインストアイベントですので、言うまでもなく井出ちよの一人の出演です)

5/3の復活ライブや、5/14の「3776514」のような主催ライブでは、2つのMONOモードを、時間帯を変えて行うこともあります。(5/14は、山梨版MONOモード、静岡版MONOモード、どちらのライブも楽しめます)

今後の3776へのオファーについてですが、本来の姿である、LINKモードでのオファーを最優先させて頂きます。ただし、以下の条件クリアが必須になります。

・屋外である(屋内でも音が反響せずほどよく2ステージの音が分離できるという環境であれば、相談に乗らせて頂きます。)
・2つのステージがある(もちろんPAも独立して2つ必要になります。2つのステージの大きさに差があまりないことが理想です。)
・2つのステージがほどよく離れている(それぞれのステージ前では、そのステージの音に没頭でき、ステージから離れてどちらの音もミックスされて聴こえるエリアもある)
・2つのステージで、同時刻にライブを行える。

前述の通り、そのような環境は中々ないと思われます。そのため、現実的には、MONOモードを選んで頂くことになると思いますが、イベント主催者さんの主張に合わせてどちらかを選んで頂ければと思います。富士山は、山梨のものという主張ですか?静岡のものという主張ですか?

しばし、イベント主催者さん向けの業務連絡をさせて頂きました。

ともあれ、「富士山ご当地アイドル、っても、静岡だろ?」と、今まで敬遠されてた方、Season#4になったこの機会に、まずは3776山梨版MONOモードのライブをチェックしてみてはいかがでしょう?(まだ今後のライブ日程は発表してませんが…)
LINKモードのライブも、静岡側、山梨側どちらも盛り上がり、楽しいイベントになると思います。

以上、3776 Season#4をよろしくお願いします。

追記:今後の富士川楽座でのライブについて
LINKモードで定期的に行う予定だった富士川楽座でのライブですが、事情により当面の間開催できなくなる見込みです。併せてお知らせしておきます。
(次回LINKモードでのライブ開催日は現在未定です。)

↑このページのトップへ