「マイロード本町ハロウィンナイト2022」[井出ちよのソロ]
1.憧れの帰宅部
2.欲しい
3.きらきらペダル
4.ラジオネーム
~5.ラノベ席

今日はヒットパレードということで。

― ヒットパレード。

なるべくキャッチ―であるようにと。大変な曲をいっぱいやりました。明るい曲を。だからああいうのはないです、「部活引退の次にすること」とか。

― どうしてキャッチーな曲をやったんですか?

イオンに行かないようにするため。

― (笑)子供たちを商店街に引き留めておく、というような役割もあったんですよね。

そう。イオンに行かせないためのイベントです。

― 子供たちも見てましたよね。前の方で4人くらい。

「ラジオ知ってる?」と聞いたら首を振ってました。可愛かったです。

― 最後まで見てましたよね。一応ミッションもクリアしたと(笑)

はい。4ミッションクリアです。

― 今日はなんだか焦ってるようにも見えました。

いつもよりまかなきゃ、と思って…。

― でも持ち時間の5分くらい前で終わってましたよ。

5曲やったのに。

― MCももう少しゆっくり喋っても良かったんじゃなかったですかね。びっくりしました。「私も自転車通学してた」ってMCがあったり…。(注:「きらきらペダル」の前のMC)

嘘つきました(笑)

― よくあんな堂々と嘘をつけるもんだと…(笑)

私も歌ってる途中に、「バス通学」って歌詞が出てきた時に、あ、私バス通学だ!って思って。

― でも確か、一年の最初の頃はバス乗り場までは自転車で通ってたみたいな話も聞きましたね。

そうそうそう。

― だからまあ嘘でもないのか、とも思いましたが。

でもちゃんと弁解しました。本当はバス通学でしたと。その後のMCで。

― なんでああいうことを口走ったんですかね。

自転車のつもりだったです。

― 記憶まで改変されてたんですかね。いずれにせよそういったところも含めて焦っているように映りました。そういえば、持ち時間が決まっているライブも久しぶりだったんですよね。

時間は気にしなくていいライブばかりやってました。

― ライブハウスとかのイベントでも、普通は持ち時間が決まってるんですよね。

これから慣れていきましょう。

― セットリストの話に戻りますが、ヒットパレードは大変な曲ばかりということでしたが、何が一番大変だったんですか?

「ラノベ席」です。やっぱり裏声のところが難しかったです。でもキャッチ―な曲だから、これからもできるようになっていきたいですね。

― そして井出ちよのソロスタイルは、今度11月9日にこれも久しぶりに東京でのイベントを迎えるわけですが。(詳細:https://m3776.com/schedule/

はい。出まーす。

― では最後にその東京のイベントに向けて一言お願いします。

東京の人たちぜひ来てくださーい。お願いしまーす。

― ありがとうございました。

― ライブ終了後、控室にて。

※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:https://m3776.com/information/#live-area

[Season#3Neo]
1.登らない理由があるとすれば
2.旅ふぉとセレクション
3.八合目にゃまだ早い
4.まなこ雲
5.A∩B
※「どこでもライブ」スタイルにて披露。

今日は富士宮の商店街の一部の駐車場をお借りしてライブをしました。

― 駐車場でもあるんですが、イベントスペースとしても貸し出してるような場所なんですよね。

そうです。良い場所でした。

― 何が良かったんですか?

そこそこ広くて。

― この場所、若干傾斜があるんですよね。完全な平らな場所ではなくて。パフォーマンスしづらくはなかったですか?

前に足を出した時に、思ったより下がるな、という時はあったんですが、そんなでもなかったです。

― この傾斜のお陰で、客席からも見やすかったという点もありますよね。ステージ側が若干高くなっているということなので。あと、客席前の方は椅子も準備されてましたしね。

そうですね。快適だったと思います。観客の皆さんも。それと、食べ物と飲み物を用意しなくていい、という評判もありました。

― どういうことでしょう?

沼久保と比較して。

― ああ、沼久保のライブにも来られている方の反応ですね。確かに沼久保では何も売ってませんものね。ここは商店街なので近くにお店もたくさんありますし。ライブハウスでも飲み物や食べ物を買えることを考えると、ここはライブハウスに近い環境なのかもしれません。

そうですね。お外ライブハウスです。

― このスペース、またぜひ使ってください、みたいな感じだったようですが、どうですか?第二日曜の定期ライブを沼久保でやらずにこの場所でやる、というような選択肢も今後考えられるかもしれませんが。

それも良いと思いますけどね。季節によって変えるのは。すぐに温まれる場所が近いというのもあるので。

― なるほど。お店とかに駆け込めばいいんですもんね。寒かったら。沼久保ではそういう場所もありませんもんね。

まあ、よく考えましょう。

― 今回、街中でやるライブは久しぶりだったわけですが。

人がライブ中に横切って歩いている光景は久しぶりに見ました。

― そういう人もいたんですね。

なんだろう?って見てる人はいましたね。

― そして今回のスタイルはどこでもライブスタイルでした。

「まなこ雲」をはじめてやりました。

― どこでもライブスタイルでは初のまなこ雲だと。

私は普段とそんなに変わらないですね。

― 普段より音は小さいという違いはあるとは思いますが。

どこでもライブの方が音は聴きやすいです。スピーカーがすぐ後ろにあるからかな。

― モニターしやすいということですね。確かに、全体の音が小さめの方が歌は歌いやすいのかもしれませんね。大音量だと地声は全く聴こえないわけですし。では最後に一言お願いします。

― 今日はあと2ステージあるので頑張ります!

― ありがとうございました。

― 物販も終了後、控室にて。

※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:https://m3776.com/information/#live-area

※こちらの記事は、
・11月9日の渋谷LOFT9での井出ちよのの出演について「あれ?」と思われた方(活動方針が気になる方)
・今後ライブ出演のオファーを考えられている方
以上の方々のためへの記事となります。

今年4月末に「3776の今後の活動について2022春」というタイトルにて、今後の活動についての報告をさせて頂きました。

こちらの記事内にて、今後のライブ活動について3776及び井出ちよのソロスタイルとしては、

・コロナ禍以前のような自由な空間に戻らない限りライブハウス等屋内の会場への出演はしない
・ただしそんな状態を待ち続けてもいつになるかわからないので、屋外での自由なライブ空間を模索したい

というスタンスであることを表明しました。

3776(及び3776Extended)としては、今後もこのスタンスを貫き通す所存ですが、井出ちよのソロスタイルとしては、11月9日のイベントを機会に「要コロナ対策」イベントにも様子をみながら出演していこうという運びとなりました。
(そもそも、井出ちよのが所属する「うさぎのみみっく!!」や「nicora ray ark」といったグループにおいては、恐らく「要コロナ対策」イベントに出演することになると思われます。)

今回決まった11月9日のイベントも「トークが主体のイベント」「配信も行うイベント」「特典会での2ショットチェキはなし」というような条件を汲み、試験的に依頼を受け入れることとなりました。
今後井出ちよのソロスタイルについては、コロナ対策が必要なイベントであっても、依頼があれば出演も検討させて頂きたいと思います。

ただし、3776(Extended含む)については、引き続き、「コロナ禍以前同様の自由な空間でのみライブを行う」というスタンスを継続します。観客も出演者もコロナ対策は一切しなくていい、という環境であれば出演も検討させて頂きますが、「要コロナ対策」のイベントには基本的に出演しませんのでその旨ご理解よろしくお願いします。

3776(Extended含む)のスタンスについての蛇足です。
今年4月末の記事の時点では、「『屋外での』自由なライブ空間を模索したい」という記述でした。当時はコロナ対策なしの屋内イベントについて考える余地はなかったからです(出演者側にも不安がありました)。
現在はその部分はアップデートされました。屋内であってもコロナ対策不要の会場であれば有観客ライブも行います。現に先日10月10日に富士宮FUJIVISIONで行った公開生配信は屋内の会場でのライブでした。コロナ禍以前に行っていた「火曜エクステンデッド」と同じ条件でライブを行っています。(観客へのマスク着用お願い等も一切ありません)

最後に。井出ちよのソロスタイルと3776を分けて考える必要あるの?という疑問がある方もおられるかもしれません。それについての制作者側の考えを書き始めるときりがないので「制作者側の考えの違い」とだけお答えしておきます。3776と井出ちよのソロスタイルではコンセプトも違うのです。

以上、活動方針が気になる方及びオファーを考えられている方への報告でした。

3776事務局(代表)

↑このページのトップへ