2019年5月19日のYouTube生配信をまとめました。

●14:20
岐阜県のライブ会場CASPERに到着。「ぎふ懐メロ歌謡祭」の前座として出演予定となっていた。全国行脚では久々の、ちゃんとした会場、ちゃんとしたイベントに出演させて頂くスタイルだ。

CASPER:https://goo.gl/maps/E8VRZTJN7LUYMjZH9


●14:45
同場所でライブ。3776結成以来、この日までライブを行ってなかった都道府県はこの岐阜県のみ。全国行脚企画の文脈とは若干ずれるが、「47都道府県全てでライブ」という文脈で考えると、全国制覇を成した瞬間、と言えるのかもしれない。

*披露した曲*
・A∩B
・3.11


●18:15
会場から少し離れた長良川沿いにて、本日のまとめ配信。約9ヶ月ぶりの新レジェンド!岐阜県、レジェンドに昇格!

岐阜市内:https://goo.gl/maps/wjbnWGuvKfE1JVZX9


★この日の認定証授与結果
・岐阜県3枚(残り0枚)←レジェンドに昇格!

☆この日認定証授与可能だった都道府県
岐阜県、三重県、滋賀県

「火曜エクステンデッド#11」[Extended]
1.Everything your friends is Hiker(ハイカー)
2.即興曲
3.秋祭り
※Extended機材最新スタイル、通称「Extended Type E」にて披露。

190516230548_1558015548.jpg
― 今日の火曜エクステンデッドは、随分長かったですね。

ゆったり。ゆったりです。

― そのゆったりにはどんな気持ちが込められてるんですか?

みんな日頃からせかせか忙しく生活してるから、ここではゆっくりしてもらおうと思って。皆さんそういう顔してます(笑)。ゆっくりで良かった、って。

― ちよのさん的には、長くやったという自覚はありますか?

長くやりました(笑)。

― どうして長くなったんですかね?

久しぶりだったんで。

― 久しぶり。確かに、火曜エクステンデッドはほぼ隔週ですが、前回からは3週間開いたんですよね。

久しぶりで、いつもやってない自己紹介やったり、初々しい気持ちで。

― 今回の即興曲は、途中で、そろそろ終わるのかな?というようなポイントが何か所かあったように感じたんですが。

終わって良かったんですよ。でも感覚がマヒしてて。長くやらなきゃやらなきゃって。

― ちよのさんはお客さんからたくさんキーワードをもらってメモされてますが、このキーワード全部を使おうというのは無理があるような気がします。

全部良かったんで。

― でも欲張り過ぎてるような感じもしました。ところで今日は何か新しいことには挑戦されたんですか?

「田植え」って入れたらめっちゃ良かったです。

― あ、ボコーダーでしたっけ。

そう。ボコーダーの。

― ボコーダーがセットに入ってるスタイルだったんですよね、今日は。ではここで今日のスタイルの説明をして下さい。

タイプEで、「秋祭り」のやつです。

― で、ボコーダーもあるので、即興曲でも使った、ということなんですね。

そうです。(ここで即興曲で使った音を流す)なんかハワイっぽくないですか?ハワイの田植え。

― ハワイの田植え。

ハワイでも米くらい食べてるでしょう。

― わかりました。他の曲についての話も聞きましょうか。最初に「ハイカー」をやって。

「ハイ、ハイカー」というのをボコーダーで入れました。

― そして大喜利もあったんですが、今日紹介された作品を教えて下さい。

「銭湯浸かって富士山見上げるハイカー」。正統派ですね。

― 会場の皆さんの評価はどうでした?

多分みんな、王道に飽きちゃったんだよね。

― そもそもそんなに王道があったような気はしませんが。これはどういう情景なんですか?

これは実際の富士山じゃないと思う。露天風呂じゃなくて、銭湯にありがちな、湯船の横に描かれてる富士山。

― ちよのさんは実際に銭湯でそういう絵を見たことはありますか?

ない!(笑)

― 東京あるあるみたいな話かもしれませんね。そして次は。

「黒髪ぱっつんちーちゃん似合うよハイカー」。ありがたいです。褒められてるんですね。どのぱっつんなのかわからないですけど。

― 会場の反応はどうでした?

並みの熱量でした。で、次も中々人気だったんですけど。「オタ芸外してちよのを笑わすハイカー」。ワンマンライブの時の出来事ですよ、多分。

― ああ、再現ライブ富士宮編での話ですか。そして最後が。

「お題を聞かれてコミュ障黙るよハイカー」。これはもういつもの光景ですね。

― 火曜エクステンデッドで、会場のお客さんにお題やテーマについて尋ねる時の話ですね。

今日は皆さん熱烈だったんですけど。

― これが今日の優勝でしたっけ?

そうです。

― ちよのさん的にはどうですか?

花マルです。

― そして最後に久々の「秋祭り」でした。

ちょっと歌詞が間違えた気がします。

― ライブはどうでしたか?

長さとか全部決まってないんで…。

― この曲も即興曲的な面もありますよね。では最後に一言お願いします。

今後は即興曲の時に、ちゃんと意見をまとめて、しっかりやっていきたいと思います。

― ありがとうございました。

― 配信直後の公開インタビュー。

190516050001_1557950401.jpg
190515234817_1557931697.jpg
※アーカイブ動画の本編は14:44~になります。
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/project/information.php#live-area

「富士ばらまつり かぐや富士コンサート」[井出ちよのソロ][Season#3Neo]

●井出ちよのソロ(午前の部)
1.打ち上げナイトスカイ
2.ラノベ席
3.ラジオネーム
4.ギャル子大ピンチ!
5.T.I.F.
6.ぼんくら先生

●Season#3Neo(午後の部)
1.ほたる来い(わらべうた)
2.避難計画と防災グッズ
3.2037年のバレンタイン
4.3.11
5.八十八夜

※本来スタイルを分け、LIVE COMMENTS もそれぞれ独立した記事とするべきですが、一つのイベントで、インタビューも一回でしたので、「井出ちよのへのインタビュー」ということで、一つのLIVE COMMENTSにまとめさせて頂きました。

190513231139_1557756699.jpg
富士中央公園で、ばらまつりでした。

― 中央公園でライブしたことはあるんですか?

結構前ですけど、あります。

― いつ頃ですか?

13~14歳頃だったと聞きました。

― 3776がまだグループだった頃ですね。

はい。そして今日は二回やりました。一回目が井出ちよのソロで、二回目は3776。

― ステージは暑かったですか?

昼の方が暑かったです。直射日光がバリバリだったんで。

― 3776の時はそれほどでもなかったと。

まあ暑かったですけど、昼に比べれば、って感じです。

― 体力的にはどうでした?

ダメでした。

― どっちがですか?

どっちもです。

― でも最後まで声も出てたし、盛り上がってましたよね。

今日、知らない大人の人たちが座って観ててくれてたんですけど、その人たちも「T.I.F.」とかで手拍子してくれてたりして、ありがてえ、と。

― そう、この会場は客席がしっかりあったんですよね。富士川楽座や朝市でも不特定多数の方の前でライブしたりしていますが、そういう場所とは違って。

そうですね。ここはベンチが横並びにいっぱい置いてあって。

― なので、座ってじっと観ているような、知らない方も大勢いらっしゃいました。

いました。

― 良かったですね。地元の方でたまたま来られたような方もいて。

はい。

― では井出ちよのソロの方から話を聞きましょうか。先ほど話も出た「T.I.F.」が盛り上がったと。

それなりに。思ってたよりは盛り上がりました。振りを楽にしました。

― それで乗り切ったんですね。

多分いつも通りにやってたら、死んでました。

― どこを楽にしたんですか?

「ちよのの不思議―」ってところを、リズムはとりながら、飛んでるように見えるけど、飛んでない、いつもよりジャンプを減らした。

― あの歌は歌うの結構大変ですよね。振りも若干楽にしてもいいのかもしれません。

皆さんが「天才井出ちよのの不思議」って歌ってくれれば、マイクを向けられるんですよ。

― (笑)。「T、I、F」も言わなきゃならないから大変ですね。

だから二手に分かれて(笑)。

― 今回は、「T、I、F」のところは、知らないおばあさんとかも手を叩いててくれてましたよね。

ありがたかった。

― 「T.I.F.」は、こういう不特定多数の方が見られる会場でも、盛り上がるんですね。

皆が良い人だったんですね、きっと。

― 良い人だったからかどうか、MCで、皆は親戚だ、みたいな話もされてました(笑)。

(笑)。だと、思って下さい、と言いました。親近感がありすぎて、もはや親戚、という。ちゃんと学校通ってる、って言ったし、富士在住だし、親近感湧いたでしょ?っていう。

― なるほど。

親戚、って言っていいよ、という権利を与えました。

― わかりました。そんな感じで盛り上がった井出ちよのソロでした。

はい。

― そして3776。「2037年のバレンタイン」では、なぞなぞがちょっと飛んだように思いましたが。

マイクトラブルですかねー?(笑)

― 「目覚めて」の後に「起きて」と言ってましたが、同じ意味ですよね。

ねえ。思いました(笑)。

― 「八十八夜」の説明はちょっとくどいような気もしましたが。

「はあ?」と本当に首をかしげてる人がいっぱいいたので、二回説明しました。

― お茶の話でしたから、それこそたまたま観ていた地元の方なんかは親近感湧いたかもしれませんね。

親戚じゃん!って思ったと思いますよ。

― (笑)。でも本当、不特定多数の方が、途中で帰るでもなく、ずっと観てらっしゃいましたね。

なあ。

― 客席がある効果なんでしょうかね。こういった地元のイベントはどうですか?また出たいですか?

都合が合えばぜひ出たいと思います。

― では最後に一言お願いします。

ばらっていい花ですよねー。そいそーい。クスノキクスノキ、バラ、バラ、クスノキクスノキ、バラ、バラ、富士市民の花、バラ、バラ、そいそーい。

― ありがとうございました。

― 物販も終了後、会場駐車場にて。

190514212340_1557836620.jpg
IMG_7326.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/project/information.php#live-area 

↑このページのトップへ