「ミュージックモア レコードストアデイSP」(テレビ出演)
※3.11をパーティ会場にて披露。トークでも番組に参加。

IMG-4034.jpg
― 今回は通常のライブではなく、テレビ生放送出演ということで。

ミュージックモアスペシャル。TOKYO MX TVです。

― どういう内容の番組だったんですか?

レコードストアデイということで、RSD3ミニのお話をしに来ました。

― ちよのさんはじめ、いろんな方が出演されてたんですよね。ライブもやったと。

はい。ライブやりました。

― 番組を見させて頂いてましたが、声が若かったですね。

若く歌いましたね(笑)

― パーティ会場みたいなところだったんですよね。

はい。ちょっと広くなっているところで。

― パーティ会場のお客さんはどんな感じだったんですか?

手拍子してくれたりとか…。

― レコード関係者の方々のパーティだったとか。

そうですね。お偉いさんとかが。

― パーティ会場には有名な方もいらしたんですよね。

はい。ハリセンボンの箕輪はるかさんとか。すごい近くにいました。

― テレビ生放送ということで、何かいつもと違うことはありましたか?

カメラがすごい近くて、いつ目線を送ればいいのかわかんなかったです。

― でも、目線送ってましたよね。

一応。

― そして、トークもありました。

はい。クリス松村さんと、森田さんという方とトークさせて頂いたんですけど、RSD3ミニの説明と、3776の説明をしました。ざっくり手短に。

― 生放送でテレビ出演って初めてですか?

そうです。手が震えてたとご指摘まで頂きましたから。

― 本当に緊張してたんですか?

そりゃ、するでしょう。

― どうですか?またテレビ出たいですか?

うーん…。いっぱい仕事が来たら困りますけど…。ま、来ませんけど…。今日みたいな感じだったら…。

― わかりました。では最後に一言お願いします。

すごく緊張しましたが、今後も何かしら出られる機会があれば、手は震えないようにしたいと思います。そいそーい。

― ありがとうございました。

― 放送終了後、楽屋にて。

IMG_7076.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/information/#live-area
(今回は一般の入場不可だったため、スタッフ撮影のスチール写真のみ使用しています)

「RECORD STORE DAY 2019記念3776インストアライブ」[Season#3Neo]
1.さくらさくら
2.2037年のバレンタイン
3.八十八夜

190415022308_1555262588.jpg
新宿HMV record shopさんにて、RSD3ミニのインストアライブでした。

― RSD3ミニ。良く言えましたね。

完璧ですよ。

― MC中ではMSDとかLSDとか言って…。

いや?言ってませんよ(笑)

― ともかくそんなRSD3ミニのインストアイベントだったんですが、3776モデルに同封されている3曲をそのまま披露したわけではないんですよね。

そうです。「さくらさくら」はやりましたが、その他の曲はグループ時代の曲だったりLINKモードの曲だったりして、今日この場ではできなかったのでね。「2037年のバレンタイン」と「八十八夜」をやりました。

― ではライブのお話から聞きましょうか。

「八十八夜」は、声が出てました。なぜなら、「八十八夜」でしめる。しかも3曲だけだったんですよね。これは最後に喉を使おう、と、いつもできないことをやりました。贅沢に使いました。

― ああ、声を、ですね。だから声が出たと。

そうそう。

― 「2037年のバレンタイン」はどうでした?

あんまり覚えてないです。

― 最近テーマになってる、Cメロの、変拍子から戻るところですが…。

最後が…。

― 最後の小節だけ若干ずれてたようですね。そこまでの三小節はうまくいってたみたいなので、おしかったですね。

はい。

― まあ、ちょっとずつできるようになってる、ということでしょうか。

そうでーす。

― ところで、RSD3ミニの3776モデルですが、この店舗に仕入れられた50個は完売したそうですね。

素晴らしいですね。

― 3776モデルについて教えてもらえますか?

富士山の形をしております!

― 貼られているシールがそういうデザインなんですよね。ところで、RSD(レコードストアデイ)とレコードの日に、3776はアナログレコードを出し続けていますよね。

ね。

― 2016年のRSDの「八合目にゃまだ早い」の7インチ以来。

ああ、そうですね。

― これからも出し続けたいですか?

ね。大変なんですけどね。

― では最後に一言お願いします。

頑張るぞー。レコードストアデーイ!RSD3、それはレコードストアデーイ!えい、えい、おー!そいそーい。

― 何を言わんとしてるのかさっぱりわからないですが(笑)。ありがとうございました。

― 特典会も終了後、控室にて。

190413235111_1555167071.jpg
IMG_7073.jpg
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/information/#live-area

「火曜エクステンデッド#9」[Extended]
1.湧玉池便り
2.即興曲
3.ニュートラル
※Extended機材第一世代、通称「Extended Type A」にて披露。

190411213339_1554986019.jpg
ああ…。やりましたね、本当に。

― 音程がうまくいかなかったみたいですね。

昨日ね、歌一回も失敗しなかったんですよ、リハーサルで。

― 「ニュートラル」の、コーラスのところですよね、ルーパーに録音する。

サビのところのコーラスの低いところの音程を、私はどういう風に覚えてるかというと、地声で一番出にくいところを出すと大体合ってるという考え方で、昨日は全部ピンポンだったんですよ。

― やはり、日によって違うということですかね?そういう覚え方だと、うまくいかない。

最初地声でやったのに、最終的に変な裏声になって。

― というわけで、いきなり「ニュートラル」の音程の失敗談になってますが…。

これがやっぱりね、ドキュメンタリーというか、リアルでいいんですよ。

― 「ニュートラル」もレパートリーの一つとして安定してライブできるようになるといいですね。

ねえ。

― さて。本日はどういう機材のタイプだったんですか?

タイプAです。初期タイプ。

― 即興曲のリズムとテンポ決まるのに時間がかかるんですよね、タイプAは。

かかりましたね。井出が段取り把握してないのもあってね(笑)。

― テーマは何だったんでしょうか?

四月ですね。あとは、過去を恨むというテーマで。みんなの闇が伝わってきたので代弁しました。

― それは四月と関係あるんですか?

そうですね。新学年とクラス替えに関わって。

― あと、虫が好きなやつはダメだ―!みたいなことも言ってましたね。

ダメだとは言ってません(笑)

― また同じ話になりますけど、過去に虫捕りイベントがあったじゃないですか。参加された方は全員虫が好きだから参加したものだと認識していましたが。

きっとあの人たちは街の変わり者です。(会場笑い)

― 即興曲の出来はどうでしたか?うまくできましたか?

ああもう今日も絶好調でしたね。

― 何か新しいことにもチャレンジされましたか?

今日はね、細かい音を、まるでボイスパーカッションをしているように、二つのトラックに分けて入れました。

― アンサンブルの妙、みたいなところですかね。「湧玉池便り」はどうでしたか?

サビのところの音程が違うかも?と思ったんですが、それは(アーカイブを)見返したいと思います。

― 毎回アーカイブを見返したりしてるんですか?

…あ、してますよ…。

― わかりました(笑)。では最後に一言お願いします。

というわけでみなさん、これからもニュートラルをやる機会があるかもしれません。今日より上手だったら完璧ですので、よろしくお願いいたします。そいそーい。

― ありがとうございました。

― 配信直後の公開インタビュー。
※アーカイブ動画の本編は8:47~になります。
※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:http://m3776.com/project/information.php#live-area

↑このページのトップへ