「試験的に地元の屋外で行うライブ」[Season#3Neo]
1.温暖湿潤山ガール
2.洞窟探検
3.さくらさくら
4.時空ラブレター~アフター大噴火の世界の君へ
5.八十八夜

― できた、ってことですね。二回目が。(注:→一回目参照

はい。できちゃった。

― 今日の調子はどうでしたか?

ちょっと喉の調子悪のすけでした。

― いろんな曲をやりましたよね。

そう、一部(一回目)と二部、被ってないです。曲。いっぱいレパートリーあるね、って言われました。

― まあそれくらいのレパートリーはあるとは思いますが、でも、持ち歌の全部は今できないですかね。

無理です。「富士山の成り立ち概要」とかデネとか。

― デネ?

デジタルネイティヴ。

― (笑)まあ元々そんなにやってない曲ですよね。

とか、「観覧逃げ」とかもできない。ラップもできない。「東京~」もよく覚えてない。

― 「在京完結型及び全ての在宅に捧げるバラード」ですね。ところで本日の「時空ラブレター~アフター大噴火の世界の君へ」ですが…。

はい。

― 最後階段をずっと登っていきましたね。あの曲を屋外でやる時ってどこかで座って寝るというパターンもあるじゃないですか。今日は…。

はい。寝れない、って思いました。

― なぜですか?

曲を繋げてやる時は、晒されたところで寝てもいい、ってルールなんですよ。

― そうなんですね。

ただ今日は一曲ずつ繋げずにやったから、奥の方へ。なんか山に帰ってった、みたいなニュアンスで…。

― でもその山の方にも人はいたんですよね。

そんなにいなかったですけど。

― 横から観ている親子がいませんでしたっけ。

何してんのかなー?みたいな顔では見られましたけど(笑)。私からしてみたら、山に帰るところなのにー、って。

― でもその人からしてみたら…。

ゆっくりノシノシ歩いてきて、きもーって思ってたでしょうけど(笑)。

― でも確かに曲が繋がってない場合は見られている場所で寝るんじゃなく、どこかに去る必要があるのかもしれません。次の曲が繋がってたら、次の曲が始まったタイミングで起きられますもんね。繋がってなかったら、どこかのタイミングで自力で起きないといけない。

でも後ろの方に帰りすぎちゃって、いつ曲が終わったかわからなくて…。

― 今日はあと、屋外で大きな音でやるために、発電機も使ってたんですよね。発電機は後ろの方にあったから、発電機の音で曲がよく聞こえなかった、とかもあるんじゃないですか。

発電機の音めちゃでかいです。「温暖湿潤山ガール」が聞こえないとは思わなかった。

― 最初の曲で登場するところですね。なるほど、発電機の音という問題は確かにありますね。こういう場所でライブするのも課題は山積みでしょうけど。今日はたくさんのお客さんが訪れていました。交通の便もいいところですしね。

来月もここです。

― そうそう、今月から毎月第二日曜に地元でライブをやるという話ですが、来月もここでやるんですか?

はい(笑)。他に良い場所があったら変えますけど…。なかったら、ここかも。

― 大きな音のライブも問題なくできましたもんね。

文句言われなかったし。

― 文句言われるまではここでやる感じですかね。

いいんじゃないですか。

― 客席の草がどうたらという問題もありますね。来月はもっと茂ってますよ、とか言われてる方もいました。

確かに一か月経ったらそうですよね。あそこ…刈っていいかな?除草剤…。

― この水辺の楽校の別のポイントでやるという方法もありそうですが、今日ライブした場所はステージみたく少し高くなってて、客席からステージが見やすいんですよね。

はい。

― この水辺の楽校でやるならこの場所がベストなのかな、という気は確かにします。草はありますが。では最後に来月に向けての抱負などをお願いします。

来月も頑張るぞーおー。そいそーい。がははは。

― ありがとうございました。

― 二回目の物販も終了後、駐車場にて。

※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:https://m3776.com/information/#live-area

「試験的に地元の屋外で行うライブ」[Season#3Neo]
1.登らない理由があるとすれば
2.旅ふぉとセレクション
3.八合目にゃまだ早い
4.避難計画と防災グッズ
5.A∩B
※「どこでもライブ」スタイルにて披露。

― お疲れさまでした。

すわす!

― ライブは久しぶりですよね。でも12月にやったんでしたっけ?

はい。

― その時ぶり、って感じですか。

はい。田んぼ。

― 12月は田んぼでゲリラ的にリハビリライブを行ったということで。その時が本当に久々という感じだったんですね。

でも衣装をこうやって着てライブをするのは今日が久しぶりです。

― なるほど。12月の田んぼの時は適当な服だったんでしたっけ。

適当じゃないですけどねー。

― 失礼しました。あの時はあの時で…。

素敵な(笑)。それよりその時は土だったんで、バシバシ踊れなかったです。

― 今日は一応ちゃんとしたステージということで。

ちゃんとしたステージ(笑)

― どういうステージだったか教えて下さい。

石です。石の上でやりました。

― 石。コンクリートですよね。どんな環境だったんですか?

川。川とゴルフと階段です。

― 朝はゲートボールをやってる人がたくさんいましたね。

グランドゴルフって言ってました。違いはわからないですが。

― そのグランドゴルフ会場の横の川べりでライブをやったと。どうでしたか?川を眺めながらライブをした感じですか。

川は見てないです。草むらにいるハイカー(注:3776ファンの総称)を見ながらやりました。

― お客さんは草むらからライブを観てたんですね。

そうです。みんな足が痒いって言ってました。

― 今日のライブはこれが一回目ということですが。

一回目は苦情が来るかどうかというテストで、行脚スタイルでやったんですよ。

― 簡易PAシステムのアコースティックスタイルですね。

それで苦情が来なかったら二回目を普通の音響でやろうね、って話で。多分できる。

― 苦情が来なかったということですか。

はい。グランドゴルフの人たちもニコニコして。

― でもあの人たちライブ前に帰りましたよね。

帰るからもう知らないよ、みたいな顔して帰りました。

― ともかく他の一般の方もいらっしゃるような場所なんですよね。二回目も無事できるといいですね。

みんなに多分できるよ、とか言っちゃったんで。

― まずは一回目無事に終わって良かったですね。では最後に一言お願いします。

二回目も頑張るぞーおー。

― ありがとうございました。

― 一回目の物販終了後駐車場にて。

※LIVE COMMENTS で使用させて頂いている、LIVE写真を募集中!
詳しくは公式サイトインフォメーションページにて:https://m3776.com/information/#live-area

月刊井出ちよの2022年5月号、注文受付開始しました。
2022年5月号の注文受付は5月20日(金)24時まで。

・「月刊井出ちよの」内容詳細:https://lineblog.me/minanaro/archives/13280918.html

「月刊井出ちよの」は日本在住の方なら誰でも簡単に注文可能。登録やログイン等面倒な操作は不要。ご注文お待ちしております。

↑このページのトップへ