今日はブログたくさん書きました。
最後なので、見てほしいです。

私には夢があります。その夢の話をさせていただきます!わざわざゆうことではないけど聞いてもらえると嬉しいです

私の将来の夢はスターダストでマネージャーをすることです。この夢のことをみなさんがどう思うか分かりませんが、この夢を叶えたいのには理由があります。

元から私はテレビを見るのが好きで、小さい頃から、ずっとテレビを見ていました。そして、いつからか将来は芸能のお仕事に就きたいなと思っていました。もちろん表でテレビに出るのではなくてディレクターなどの裏で支える仕事をしたいのです。それがあって、テレビに出てる人を調べたりしてたらスターダストの人がとても多くて、そんな大きい事務所で働きたい!頑張ってる皆さんや、忙しい皆さんが少しでも楽になれたり、1日1日を楽しかったと思えるように私がしたいとおもうようになりました。今自分が元気をもらっている人たちに恩返しをしたいし、自分がしていて、心から頑張りたい、楽しみたいと思えるような仕事を私はしたいから、事務所に入ろうと思います。
超特急やEBiDANを好きになったのはそれからです。
だから、好きだから近づきたいとか思われると思うし、ファンの度が過ぎるとか思われると思うけど、そんなことは絶対にありません。
ファンの方になにを思われるか分からないし、LIVEとかたくさん行ってやっと覚えてもらう人だっているのにそんな人たちに申し訳ないし、会いたくても会えない人だっているのにと思うとほんまにこの夢を見るのはやめようとも思ったりしました。
でも、こんなんで夢を諦めるのならそれは最初から夢って言わないし、そんな簡単に諦めきれません。
誰になんと言われようが私は諦めません。それを、愛す。に行った時に決めました。こんなに頑張ってる人たちを支えたいと心から思いました。
だからだれに悪口を言われようがそれをちゃんと受け止めます。そして、そこからまた夢に向かって突っ走っていきます。

夢は見るより掴み取れ
私はこの言葉が大好きです。この言葉のように夢を見るだけでなく、絶対叶えます。

なので、どうか応援していただけると嬉しいです。応援してくださる人がいるだけで私の支えになります。よろしくお願いします!

何回も言いますが、だれがどう思うと私は諦めません。

何回も同じこと言ったし、長くなってすみません。これが私の伝えたいことです。
これからもブログでこの夢のことを書きたいと思うので、どうか暖かく見守って下さい。

ではまた
じゃねばーい


もう過ぎちゃいましたが、
11月17日(土)神戸 ワールド記念ホールにて、「BULLET TRAIN CHRISTMAS ONE MAN SHOW2016 愛す。in Wonder Land」
行ってまいりました!!!!!!!!!
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0936.JPG

前日に8号車さんにいっぱい話を聞いて、質問いっぱいして、なんとか当日を迎えることができました笑笑
当日もバタバタしながら出て、電車乗って行く途中でコンタクトを忘れ、お父さんに届けてもらい、電車乗り換えの時に、ホーム出なくていいのに、1回出てしまい、合計で5個ぐらい電車遅らせ、なんとかつきました!
グッズ買うのに、4時間ぐらい並んだけど、なんとか売り切れずに買えたし、会いたい人にも会えたのでよかった!!!!
(会ってくださった方ありがとうございました!)

会場入った瞬間、結構近いやん!ってなって安心しました笑笑始まる前にゆーすけのペンライト落としてしまってやばいっ!ってなったけど、終演後隣の方が拾ってくださりなんとか返ってきました!ありがとうございます🙇

ネタバレになるので、あまり内容は話せませんが、とにかくやばかった。。。。まだLIVE乗車するのは二回目だけど、ずっと心に残るLIVEになると思う!!!
まず、始まりもみんな可愛すぎるし、大好きな曲で始まるし、私の聴きたい曲全部歌ってくれたし、途中撮影コーナーあったし、(ここはもう出てるから大丈夫かな?)アンコールはあれがあって、私は真ん前でみんなみれて、ゆーすけとたかし以外はレスもらえて嬉しかったし!!!
まぁ、また代々木終わってからでも書きましょうか!!笑
とりあえずすごかったです。。。

神戸こんなに楽しめたから、代々木行く方にも同じ気持ち味わって欲しい😆😆😆
本当に楽しかったよ!!最高の思い出になると思う!!!
なので、絶対楽しんできてください♡
私は代々木はみんなのレポを待つだけ、、、

まぁ、とにかく、17日を超特急と一緒に過ごせてよかった!!!

あとで、もう1回ブログ書きます!
ちょっと真剣な話するので、見ていただけると嬉しいです☺️心が優しい方に見てもらえることを願います!!!

ではまた!
じゃねばーい!!!

↑このページのトップへ