とあるニュースで見た
小学生が宿題をしたくないから不登校となってしまったというもの。。。 実は私も不登校となってしまった子の親を経験しました。

休みがちになっていたはじめの頃
子供に行きなさいと怒ったこともありました。

子供と真剣に向き合うのはなかなか体力いります。
疲れることもあります。

色んなお家それぞれのルールがあって
子育て方法もあると思うけど
親はいつまでも生きているわけじゃない。
いつか私たち親がいなくなったとしても
子供が生きていけるように自立させなきゃいけないと考えて日々子育てしているつもりです。

別に勉強がすっごい出来なくてもいい。
ただ
自分のやりたい事をするために
勉強が必要だった場合
勉強が出来ないことで諦めなきゃいけないという後悔はしないように。
と話してます。

うちの子が
完全に不登校となったきっかけは
私がもう行かなくていい。と言ったことでした。

子供と話して
すごく辛い思いをしていることを知り
私も子供も
色々方法を試みましたし、色々相談もしましたが状況を変えるのは難しかったです。

それまで休みがちにはなっていたけど
ちょこちょこ学校へ行っていたのですが。。。
ついに限界を迎えた子供はついにアクションをおこしました。

家出です。

死んでしまっていたらどうしよう。
誘拐されていたらどうしよう。
見つかるまで気が気ではありませんでした。

無事見つかったとき
生きていてよかった。
会えてよかった。
この子は
ここまでしてあたしに伝えたかったんだと。
わかった。
もう
学校行かなくていいよ。
と言いました。

そこから
家で一緒に妹のお世話を手伝ってもらったり
家事も手伝ってもらったり
ゲームを一緒にしたり
色んなこと一緒にしながら沢山話しました。

すぐに
元々の明るい我が子に戻り
良かったなと思ったけど、
今後将来のことか心配になりました。

社会に出た時に
集団生活ができた方がいいかな?とか
この子の世界を狭くしてしまっているかな?とか
色々悩みました。

色々な人に相談し
沢山調べて
市がやってくれている教室があって
出席日数にもカウントされるとのことで
通い始めました。

そこは毎日楽しんで通ってくれるようになり
笑顔も増えていきました。

その後沢山時間はかかりましたが
転校することができ
学校生活も無事送ることができています。

この子達もいつか大人になる。
自分の力で立って
幸せな大人になれるように
育児しなきゃと日々私は思う。

動画の子はまだ小学生で子供なので
まだまだ世界は狭い。
大人がある程度道を作ってあげないといけないのかなとも思います。
すごく堂々と発言できるし、賢い子だと思います。
勉強だけではない色々なことを学べる場だから
宿題をしたくないからという理由だけで
行かないのはもったいないと思うな。

#思ったこと。
#美奈子