月別アーカイブ / 2020年01月

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4819.JPG
おめでとうラブライブ!9周年!
おめでとうμ's!9周年!
ありがとうみんな

当日は、リハーサルで木皿プロデューサーの激励の言葉に涙し、
出番直前の客席からの歓声で涙を堪え、
2日目のえみつんの最後のMCで涙腺崩壊する、
だけど、楽屋ではずーっと笑いが止まらないμ'sのメンバー達なのでした
たくさんの挑戦を共にしたからこその絆は3年9カ月経っていても変わらず、あっという間にあの頃の私たちに戻っていました

ライブ中も、あの頃にタイムスリップしたかのようになんの違和感もなく、スッと園田海未役の三森すずことして存在することが出来たのが不思議
SSA&ライブビューイング会場で大きな歓声で迎えてくれたファンのみんなに、感謝の気持ちと懐かしさで胸がいっぱいになりました
ずっと好きでいてくれてありがとう

久しぶりに見た9色の光も、大好きなスノハレでオレンジ色に染まった会場も、
もう観ることは無いと思っていた景色がそこに広がっていて、夢なんじゃないかなって思いました

美しかった!!
私の青春が詰まってました

最初の数年は、ぜんぜん世の中に知られてなくて、諦めすら感じていたけど、
"みんなで叶える物語"の言葉通り、みんなの想い一つ一つが繋がって、気づいたらとてつもなく大きなコンテンツになっていたラブライブ!

奇跡ってあるんだなー、夢を持っていいんだと背中を押してくれた作品

本当にありがとう!

そして、おめでとう!


これからはもっとよろしくね

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4817.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4818.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4690.JPG
suzuko



舞台では初共演だったしょーたん!蒼井翔太くん。
アフレコやフェスで一緒だったりはしたけど、舞台だと、毎日顔合わせるからたくさんお話ししました♪

普段はフェアリーで天使なイメージのしょーたんですが、本番が進むにつれて、どんどん男らしく、人間らしく(!?)なっていって、凄い…!!トニーだ!!ってお姉ちゃん感動でした
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4620.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4404.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4615.JPG
ウエストサイドはとにかく、楽曲がどれも最高♪
どれも大好きなのですが、自分の出ていないところだと、トニーとマリアが歌う
One Hand,One Heartが特に好き…
2人だけの結婚式のシーン。
恋して幸せな2人なのに、なんか悲しくて泣けてくる…。
後奏で、これからの2人のことを想い不安になったマリアが立ち上がるのですが、そこでいつも涙腺が…

この時私はQuintetのためにもう下着姿なのですが、そんなことお構いなしに袖のモニターにかじりついて観てました。笑
教会のステンドグラスみたいな照明も綺麗だったなぁー

ちなみに、Quintetのときのバスルームの私の景色はこちら♪
F7Y5MymIci.jpg
リアルでしょ?

ブライダルショップもだけど、こんな作り込まれた世界の中で、アニータとして生きることができて幸せでした♪

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4621.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4072.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4057.JPG
クリスマスも年末年始も、このチームで過ごしたから、
今は少し心がぽっかり穴開いた状態だけど、
明日はいよいよ、
ラブライブ!フェス


思い出をしっかり心に焼き付けて、
次に向かって出発です
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2451.JPG
関わってくださった全ての皆様に心からの感謝を込めて…


suzuko

終わってしまった…!
「WEST SIDE STORY」season1

まずは、長い公演期間中、たくさんの方にご観劇いただきありがとうございました

私にとっては、10年ぶりのグランドミュージカル、海外作品!
誰もが知る不朽の名作!!

子供の頃から大好きだったミュージカルの舞台に、再び立てた喜び!!
声優の仕事をしていくうちに、いつの間にかそっと封印していた夢。その夢の扉をまた開けることになるとは…!!(大げさ?笑)
嬉しくて、懐かしくて、高揚感あふれる日々でした

オーディションの時には、受かるなら絶対マリアでしょと思っていたけど、まさかのアニータ!

愛、憎しみ、許し、
難しい役どころでした。
自分を取り巻く環境が変わったからこそ、時が経っていたからこそ、深められた気持ちもありました。

歌もダンスも難しかった…
約60年前の初演の頃から変わらないダンスのスタイルを守る使命を与えられた私達。
"America"も"Manbo"も!!
最高に難しかった
最高にやりがい感じたよ

日を追うごとに、10年前のバリバリにダンスをやっていた頃の感覚が蘇ってきて、筋肉も蘇ってきて、笑
良かったーーー!あの頃たくさんレッスンしてて!!と、昔の自分に感謝でした

麻美アニータさんやWベルナルドさん達と自主練したのも良き思い出

39回公演したけど、慣れるとか満足することは一切なくて、毎公演、真剣勝負!!
アニータの人生の一瞬一瞬を必死で生きました

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4579.JPG
キャストの皆さんも本当に素敵な方ばかりで、笑いの絶えない楽しいカンパニーでした!
プリンシパル以外のみんなはほとんどseason3に出ます!まだあと78公演やるなんて!…羨ましいぞ笑 がんばれーーー

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3630.HEIC
学生時代に母と観に行った劇団四季の「夢から醒めた夢」でヒロインをされていた樋口麻美さんと、今回は名誉のダブルキャスト
レジェンド級の先輩なのに、とても気さくで楽しくて、一緒にお茶したり、招聘版の公演観に行ったり…昼夜公演の時にお手紙くださったり…、何度心がキュンとした事ことか…
私の憧れの女性です
Wアニータとして同じ景色を見ることができて本当に光栄でした

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4609.JPG
アニータの最愛の人、ベルナルド
水田航生くんのベルナルドは紳士で、冷静!頼れる恋人!
普段の航生くんは明るい関西人!笑 
自然といつも周りに人が集まる!さすがSharks のリーダー!
初日のペアで稽古することが多かったので、ペアダンスやお芝居など、苦楽を共にした戦友のような存在

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4611.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4612.JPG
Sharksのみんな
ループトップのシーンは、ある程度自由が許されているシーンだったので、毎回少しずつ違うお芝居♪楽しかったなぁー
なんたって、ベルナルドとアニータが一緒にいる最後のシーンですからね。
このシーンが幸せであればあるほど、2幕が辛い…!
"America"は最高にテンションが上がるナンバー!笑
だけど、すっごいしんどいの!笑
毎回、袖にはけた瞬間に倒れ込みそうなくらい!
でも、それ以上にこのナンバーが大好きすぎる
踊れて嬉しい!歌えて嬉しい!

アニータで良かったと思う瞬間でした…

語り始めれば止まらないウエストサイドのお話、
まだまだお写真もあるので、それはまた後日更新しようかな

週末までは、とりあえず私をまだWSSの世界にいさせて


suzuko

↑このページのトップへ