(愛なんて ない いらない)

微塵に砕け散った
夜空の花火になって消えた
今でも思い出すのは
あの日の握ったあなたの指の柔

何度目かのデートで
あなたの態度が変わったの気付いた
気付かないふりして手を繋いで
あなたに楽しく微笑んでいたけれど

何度目かのkissで
kissの仕草が変わったのわかった
薄目開けてあなたを見ていたけど
怖くて必死でkissで知らないふりをした

なんて愚かなピエロ 絡まった糸の迷路

愛なんて ない いらない
見え透いた嘘だらけの本音ならば
最初から嫌いだと傷付いていたい
愛なんて ない いらない
弱い心 こんな自分なんて 愛せない
醜い顔ならばいっそ楽で生きられたのに

粉々に消え去った
燃やした本の灰になった
今でも聞こえるのは
あの日 耳寄せたオルゴール

初めて結ばれた夜は
あなたの優しさに怖さは消えて
怯えた瞳で背中にギュって
可愛くわたしは甘えていたよね

初めて喧嘩をした夜は
言いたくない事まで言って傷付けて
仲直りのタイミング逃して
一緒のベッドに居ても背中合わせで

なんて哀れなピエロ 絡まった鎖の手鎖

愛なんて ない いらない
嘲笑う偽りだらけの本心なら
最初からバカだね笑われていたい
愛なんて ない いらない
砕ける心 こんな自分なんて消したい
地獄に墜ちるのなら幸せだと微笑えたのに

愛なんて ない いらない
見え透いた嘘だらけの本音ならば
最初から嫌いだと傷付いていたい
愛なんて ない いらない
弱い心 こんな自分なんて 愛せない
醜い顔ならばいっそ楽で生きられたのに

愛なんて ない いらない
嘲笑う偽りだらけの本心なら
最初からバカだね笑われていたい
愛なんて ない いらない
砕ける心 こんな自分なんて 消したい
地獄に墜ちるのなら幸せだと微笑えたのに