昨日悲惨な事件が起きた。
milktubもランティスのデビューアルバムでジャケットを京アニさんが描いてくれたので、事件に対して他人事じゃない気持ちで推移を見守ってます。

憤りとかそういうレベルじゃない。
数年前に通り魔で犠牲になった南野さんの時と同じような怒りを覚えてます。

今回の事件で被害に合われた皆様が日常を取り戻せるように、そして亡くなられた方のご冥福をお祈りしております。

で、海外でクラウドファンディングが立ち上がったというニュースを見まして、国内でもやはりそういう声が上がって私の所にも問い合わせや相談を沢山頂きました。
CAMPFIREにも沢山そういったお問合せを頂いてるそうです。

災害支援などでクラウドファンディングの仕組みは寄付を迅速に届けるのに非常に素晴らしい仕組みではありますが、今回のケースの場合は皆さん、ちょっと落ち着いてくださいと言いたくこのブログを書いてます。

◯事件が起こったばかりで状況が把握できていない。
◯受け入れ体制が整ってない状況で義援金のクラウドファンディングを立ち上げても意味がない。
◯国内の場合、寄付になると税制上の問題が発生し、かえって迷惑をかけてしまう可能性も。
◯親切の押し売りになってしまう可能性がある。
◯そもそも京アニさんがそれを望んでいるのかどうか。

こういった理由の為、プロジェクトの開設などは現在見合わせております。
海外のプロジェクトの場合は、プロジェクトを立てた先は京アニさんの取引先でもあり海外特有の動きの速さ(ここは見習いたい)で多くのお金が集まってますが、国内でやる場合は「しかるべき筋を通して様々な状況を見てから」開始しても遅くないと私は考えてます。

事件の全容など解明され、もし京アニさんが支援を必要になった時に私はキュレーターとしてクラウドファンディングに関わる人間として私が出来る事を全力でお手伝いするつもりです。
だって私らのアルバム、らき☆すたのジャケットで売れたようなもんだから。

あと、とりあえず何かしないといられない!って人は直営で発送の手間がない、DLの商品などを買って支援するのが一番だと個人的に思ってます。

犯罪被害の支援を7年程やってますが、一番ヤバイのは風化してしまう事だと思います。
また素晴らしい作品を生み出せる環境を取り戻すのに相当な時間がかかるでしょう。
京アニさんの作品に救われたり、影響を受けた人達は長い目で応援をしてあげて欲しいと思います。

<追記>
アニメイトさんで募金活動が始まったそうです。
https://www.animate.co.jp/info/278030/