ギターウルフってバンド名はそりゃもう知ってたし、広江礼威先生の名作「ブラクラ」にも出てる訳でどんなバンドかもおおよそ知ってたが、多分おっかねえ人で怖いバンドなんだろうなーと思ってた。ライブもYOUTUBEでチラッと見ただけだし、音源も持ってなかった。

知人の紹介でセイジさんがCFの説明を受けに会社に来たんだけど、来るまで「なぜゆえギターウルフが???」と思ってた。

実際に会った時に、革ジャン革パンのサングラスのあの出で立ちで会社に来て、色々とCFに関するレクチャーをすんごい真面目に聞いてくれてて、あと想像以上に誠実で実直な、そして火の玉ストレートな性格に当初受ける気がなかったキュレーターをセイジさんから「お願い出来ないか?」と言われて「やります」って言っちゃってた自分がいた。

ロティカのあっちゃんもそうなんだけど、人を惹きつける力を持ってる人ってのは良くも悪くも愚直なまでにど直球だったり、ストレートな生き方をしてて、かつ不器用な人な人が多いのかなと。

言い方良くわかんないけど、なんかしてあげたくなったり、力貸すぜ!って不思議な気持ちにさせるのが俺にとってのロックスターの定義の一つなんだろうなーと、この記事を見て思った次第。