もう少しで平成が終わり年号が令和になりますな。
世の中は色々と新元号になるって事で街を歩くと令和に託つけた色々な商品が発売されたり、セールがあったりでなんとなく賑やかであります。

正直な所、年号が変わる事についていまいちピンと来ていない自分がいる。
昭和から平成に変わる時、中学3年生だか高校1年生の時で、テレビはそれ系の報道や番組自粛でまぁつまらん事つまらん事。

当時の代表的な娯楽であったレンタルビデオも軒並み借りられちゃって今考えりゃいささか不敬ではあるが、この騒動早く終わらんかなぁと思ってましたが、それぐらいのインパクトがあったので、なんというか時代が変わった感がありましたが今回はあまりそういう感じがしないのは当時の印象が強かったからかもしれません。

今年46才の我々は子供の頃は明治時代に生まれた人がぼちぼちいた世代なので、「明治、大正、昭和と来て平成の4元号制覇してる年寄りヤバイ」みたいな事を当時話をしてた記憶がありますが、この先何十年後かに次の天皇陛下が崩御したら、「昭和、平成、令和、◯◯の4元号制覇してる俺ら年寄りヤバイ」になるのかなーとか考えちゃう訳です。それまでに自分が生きてる可能性が低いと思うけど。

平成でよかったなーと思うのは戦争が国内で起こらなかった事。
国の方向としてはどっち行ってんだか正直わからんけど、内戦や戦争が起こらなかった事ってのはやはりすごい事だと思いたい。

国の象徴という仕事が途方もなく想像もつかないような仕事ではあると思うので、ご退位後はご自分の時間を自由に過ごして頂きたいなーと。

しばらくはまだ平成の延長上で過ごす令和元年でしょうけど、せっかくの機会なので何か目標を建てようと思って色々考えたけど、特に思い浮かばなかった。
楽しみにしてたアヴェンジャーズのエンドゲームを平成最後の映画にするか、令和最初の映画にするかちょっと迷ってるぐらいですかね。

ってな事を考えつつゴールデンウィークに開発室で久々のブログを書いた次第。

「令和」もどうぞよろしく候。