18年前に「グリーングリーン」ってタイトルを作った際に当時では目新しいMADムービーでオープニング作ったんすよ。クリエーターのたむも当時米国に住んでたから「ハリウッド(周辺に住んでる奴)で作った」つー触れ込みで、当時にしてはプロモーションの破壊力高いと踏んでリリースして驚異的な再生数で「ヤベェ、これは勝ったわ」と思ってたら、同時期にデビューしたminoriってメーカーが『BITTERSWEET FOOLS』ってタイトルリリースしたンですが、その映像が素晴らしくて正直「ぐぬぬ」となった訳ですよ。





その映像作ったのは後に「君の名は」で世界的ヒット飛ばした新海さんで、雑誌(ラズベリーだっけかな?)でワイと映像作ったたむとnbkzさん、新海さんで対談したり(ちょっと自慢)

自分的にはminoriってのはプロデューサーも作品もピーキーなメーカーだなぁと思ってて同業他社のグッズ見ても当時とんがってたワイは「ウチのがすげえ」と思ってましたが、minoriのだけは「ぐぬぬ」となる出来な物が多く、結果ワイの家のタンスにある服のほとんどが自社製品かロティカのTシャツ、minoriのTシャツになった

営業に行っても何処の店行っても必ずminoriの足跡があり、「この店には来てないだろ」って最果ての店にもポスターを自ら貼りに巡業をカマしており、ここでも「ぐぬぬ」となった事がある(今にして思えばグルメツアーの途中で営業してたんじゃないか説が)

BGMフェスって業界ブランド集めてフェスやった時も軍師としてnbkzさんに色々助言もらったり、ingressやボーリングで遊んだりと公私共に遊ぶようになり、地獄BBQにもほぼフル参加で、人のメーカーのファンに自社のファンが買えないような限定グッズを売りつけ、その売り上げを寄付で置いていき、最終的には自動的に招待メーカーとしての地位を獲得するという漢気を毎度見せてくれた。

ブランドとしての存続云々はnbkzさんやスタッフが決めた事だから特に言う事ないんだけど、当時一方的にライバル視(笑)してたワイとしては同じ時期にデビューしたブランドがなくなってしまうって事に対しては、やはりちょっぴり寂しい。自分トコも次で看板降ろすつってる癖にw

おそらくFalloutみたいな世界になってもnbkzさんは何かしらやって生き残っていくと思ってるのであまり心配はしないがw

何はともあれ18年間お疲れ様でした。
引き続きよろしくお願いします。

http://www.minori.ph/minori_rotld.html