「ゲーセンの筐体みたいなバッグがあったらイカス」

というアイデアの元、作り始めてはや幾年。。。
というか2年ぐらいかかってます。

このアイデアを形にするのに途方もない苦労と労力とコストがかかってますが、ここまで来たら後には引けないのだ。今のこのバッグに対する行動原理を下記にまとめてみた。

・MakuakeにしろCAMPFIREにしろ、ガジェットプロダクト系のプロジェクトってどっかの代理店や業者が中国や香港のメーカーが作った物を日本で売りさばく為にクラウドファンディング使ってるケースがめっちゃ多くて、正直最近面白みに欠ける。見てて浪漫があんまりねえんだよ実際。

・つーかそもそもKickstarterとかって「俺が考えた面白いもんを商品化したいから金くれ!その代わり試作品提供するわ!」というコンセプトが大前提だったはず。

・日本は中抜き商売が多すぎるので、もっと愚直で面白いプロダクトチャレンジが増えんもんかいな。

・それが今必要とされるMADE IN JAPANじゃねえの?

・あとJAPANで思い出したがクールジャパンな。ドブに捨てた44億円てなんだよアレ。そりゃてめえの金じゃねえんだから簡単に使えるわな。関わった奴や結果出せない奴を晒し首にしろよクソが。

という世間に対する個人的な怒りと鬱積の元、「ワイが考えたプロダクトで国内外をヒーヒー言わせたるわ!」をテーマに今日もDMM.makeに行ってきました。

8UAJvvZzBd.17.31.jpg


IR3sPNZC4d.17.36.jpg

Dmnhw6hnPM.18.02.jpg

bJdk4rSq_c.18.15.jpg


という訳でコンパネ部分がようやく完成。原理試作何回作っただろうか…。
(この時点で数十万円がかかってる)
皆様が買ってくれたり聞いてくれてるmilktubの印税はほぼコレに使われているのだ。

ちなみにBTとUSB給電がいけます。遅延はほぼ無いが気になる人はUSBで直刺しにすると良いかと。
WIndowsとAndroid対応です。(iOSもいけないことはないが正規サポートはしない。)

つーか最初は飾り程度で考えてたんですよ。レバーとボタンって。そしたらねー。なんかねー。
動いたほうが良いじゃんってなる訳ですよ。んで結果ご覧の有様でして。まさかの

「ハード開発」

ゲームのソフトは作ってきましたが、ハードの設計とかもうね。。。
milktub二人して「ゲーム作ってます!(ハードの方)」という有様。
ゲーム(ソフト)も作ってるけどさ。
(ちなみに一番星⭐︎光の現在の趣味はラズパイによるゲーム機作り)

V6DAGpouYq.41.19.jpg

という訳で現在はバックパックの方の改良をしてます。
主にWinタブをぶちこめるようにするのだが、電源周りと10.9インチ以上のタブレットが入ったほうがいいのかの改造中。コントローラーの方は決まったが、肝心のバッグ部分がまだまだ仕様が決まってない。

ちなみに販売方法であるが、100個まず作る予定。予価39,800〜45,000円ぐらいだと思うのだが、めっちゃ安く売る。定価が45,000円なら30,000円ぐらいね。感覚的に。販売方法はCAMPFIRE使います。

んで、安く売る代わりに条件として「Facebook上での非公開オンラインサロンへの参加」をつけます。

要は「ゲーセンバッグをよりよくする為のアイデア出しや感想なんかを協力してくれる方」に対して販売する感じ。80個は販売して20個はどっか会場借りてそこで実際に組んだりしてハッカソン的に品質向上会議をイベント的にできたらなーと思ってる次第。
(ちなみに参加しないでブツだけゲットもできるが、そういう輩にはサポートやアップデートは一切しない予定)

もうワイ個人のアイデアだけでは真の完成まで辿り着けんのや。。。。

その代わり、オンラインサロンの皆様には海外販売のデータや方法なんかも含めて細々とアップデートしたり議論したりするので結構楽しいと思いますぞ。