これから更新してきます「アレな話」シリーズは、「アプリ化計画」「オバフェス」のクラウドファンディングに支援してくれた方向けの活動報告に記載してた物を掲載してきます。
時系列に合わない部分もありますが、まぁそこはご愛嬌。

OVERDRIVE新作「MUSICA」の開発について赤裸々につらつらと記載した物です。


-----------------------------------------------------

現在キャラクターの大筋のデザインも完了しまして、衣装や私服なんかのデザインを原画担当作家が行ってます。
瀬戸口は相変わらずシナリオ執筆の毎日です。
ちなみに私は何やってるかというと、金策と各種楽器の設定なんかやプロモーションスケジュールの構築なんかですな。
現在このプロジェクトはコアメンバーとなる5名で動かしてます。

本作「MUSICA!」は過去作と比べても登場人物がめっちゃ多く、それだけに時間もかかる代物になってます。
「キラ⭐︎キラ」「DEARDORPS」がひとつのバンドのメンバーにスポットを充てたストーリー展開ですが、本作は「ストーリー展開によって組むバンドのカラーや音楽が変わる」を目指してます。

まぁバンドの人間関係いろいろあるからねー(タバコを吸いながら遠くを見て)

開発にあたって決めてる事がいくつかあります。

・音楽は脚本やゲーム部分が一通り遊べる状態まで作った後、一番最後に作る。
・声優によるアフレコも同様。

今回は前述の通り、「音楽性が変わる」って部分がデカイので、その時のキャラクターの心情や動き方なんかを最後の最後までストーリーとしてきっちり描ききったものを見てから作りたいなと。声優によるアフレコも同様で8割方、ゲームが完成して「一回ほんとに面白いかどうかをジャッジして作り込みor作り直す時間」を取りたいなと。ゼルダ方式というかなんというか。毎度の事ながら、同時進行で進んでいきデバッグもやるはやるけど最低限しか出来なかったりと、開発の進め方みたいなものを本来あるべき(と思っている)風にできればと考えてます。

というわけでキャラクターの根っこもだいぶ固まってきて徐々にエンジンスタートしてます。

とりあえず体験α版を作るまでは会社持たせないとな!

進捗あったらまたこちらで報告したいと思います。


あ、そうそう。公式ハッシュタグ作りました。ご意見あったら是非。

#musica_od


よろしく候。

でっかい病を連発で喰らい心身ともに壮絶にロクでもなかった2017年後半ですが、最近になってようやく復活したというか徐々に復調しております。

まずOVERDRIVEの新作「MUSICA!」
原画家さんを探してましたが、「この人と仕事したい!」という方とスケジュールがマッチングしまして、現在キャラクターデザイン真っ最中です。4月頃に新しいバンドがお目見えできそうです。

過去作「キラ⭐︎キラ」「DEARDROPS」「僕が天使になった理由」では、ひとつのバンドにスポットを当ててメンバー固定で物語が進行してましたが、本作では「ストーリーによってメンバー編成が変わる」という割と現実に即した感じでストーリーが進行する感じになります。なのでメンバーによって音楽性が変わったりする可能性もあるので、サウンドはシナリオが終わってからじっくり作ろうかなと。まぁ今回登場人物多い事多い事。OVERDRIVE立ち上げて10年が経過しました。祭りの最後を飾るにふさわしい物にすべく頑張ります!

続いてオバコレ。
昨年病気で2017冬をすっとぱしてしまいまして、期待されてた方には大変申し訳なく。
で、春物と夏物の両方を公開すべく鋭意制作中です。こちらもご期待ください。
ちなみにOVERDRIVE新作「MUSICA!」が来年春頃リリース予定なのでオバコレのラストも2019年で最後となります。(夏と冬)

オバコレ以降のアパレルはどうするの?と聞かれるんですが、趣味のアパレル作りに戻りまして不定期で良い物できたらリリースするって感じにしようかなと。696コレクションになるのかな。

続いて浅草NOWについて。
ニコ生の仕様が正直10年以上使ってて「改悪」といっていいほど変わってしまい、非常に使いづらくなってきました。696TVはまぁまだ余裕で戦えるんですが一般アカウントの浅草NOWは引越しを考えてます。
YOUTUBE LIVEに行くのかツイキャスに行くのか。まだわかんないですが今年中に新たな秘密基地の建設を考えてますゆえ浅草民はテストにつきあってくれるとありがたい。

milktubのライブについて
この半年で体力落ちたんで飯めっちゃ食っていろいろ戻してます。
3月30日に696TVで復活アコギライブやります。(内田稔と松本コーキが参加)
milktubナンバーで聞きたい曲あればtwitterで3/10までリクエスト受け付けますゆえ、ぜひ。
21時より放送予定です。


KnYkZmFqMh.50.40.jpg


仕事柄、アニソン歌ったりゲームのコンベンションに出展したりと海外に行く機会が多々ありまして、現地で日本のエロゲやアニメなどの、いわゆるジャパンカルチャー好きな海外ファンの人達と話す事が多かった訳です。



OF3X1b1wKC.50.28.jpg



曰く「日本に行きたいんだけどお金がなくて」という声が多かったので、当時弊社には日本各地をバンドで周ってツアーする話のゲームがあったので、その手の有名な観光地の背景画像が死ぬ程あったのと、「ガイドブックぐらいの値段で、ワイ等のシステム使って日本のカルチャーを疑似体験できるゲームを作ったら海外の日本来れない連中に喜ばれっかな!」という勢いだけのアイデアの元、「Go!Go!Nippon」なるシリーズを開発してリリースしました。



EWMtWAfKB7.50.23.jpg


ファミスタ方式で毎年行ける観光地などを増やし、少しずつVerアップして、おかげさまで累計20万DLを達成しました(価格が安いので数字の割にあんま儲かってないw)


で、今年の初めに制作会社から連絡があり「YOUは何しに日本へ?」に実際にゲームをやって日本に来た人がいるんで許諾いいっすか?(意訳)的な事言われまして「ぜひ!」って事で本日放送された次第です。



UcMhULVdjv.49.55.jpg



どんぐらい使われるか謎でしたが冒頭でガッツリ出てて軽く怯んだ。

実際に「こうなったらいいな!」って作った物で、実際に海外からこのゲームをプレイして日本に遊びにきてくれるなんて嬉しいじゃありませんか!



D4oKYlGFgO.50.10.jpg



クリエーターって単語あんま使いたくないけど、クリエーター冥利に尽きるってこういう事いうんかなってぐらい嬉しかったです。


作った物や考えた物で人の心を動かせるから、この商売やめられないな!って話。

ぜひワンチャンあればこのYOUにお礼を言いたいな。


「遊んでくれてありがとう!」って。


ちなみにここから買えます。日本語でも遊べますんでぜひ!

http://store.steampowered.com/agecheck/app/251870/

↑このページのトップへ