本日は新作作業ちょっと少なめ。
他の仕事(キュレーター)に割く比率が多い日になる。夜忙しいので早めに更新してみる。

よく「何種類も仕事やってられますね」と言われるが経営者、ミュージシャン、ゲームメーカー、アパレル、キュレーターと数多くの職種をやってますが、何年もこんな生活してるから慣れてしまい、日によって顔と業務内容が変わるのである。
(そしてマネージャーのモーリーに連絡ミスでめっちゃ怒られる羽目に)

俺ん中では全部繋がってるんですけどね。音楽やりたいからゲーム作って、ライブする為の費用稼ぎにアパレル作って、それらを円滑にする為の費用稼ぎにクラウドファンディングのキュレーターをやって。。。とまぁ繋がってるんですよ。

今回のこのコラム(?)を掲載するにあたって「OVERDRIVEは潰れてしまうの?」と問い合わせをいただきましたんで、これに回答したいと思います。

「潰れねえよwwww」


であります。


どっかの頭に拳銃突きつけて「お金ないと死ん(倒産)じゃいます!だから支援して!」ってCF企画やるようなトコと一緒にすんじゃねえと。(あの企画支援した人には悪いが俺はCFの使い方として否定的な意見を持っている)

今回の作品がラストになる理由ってのは大きく分けていくつかあります。


・スマホの課金ゲー全盛となり、既存の買い切りソフトが時代遅れになりつつある。

・今更課金ゲーを作ったり対応するノウハウと意欲があんまない。
・精神的、体力的に1本制作するのがキッツイ。

元々、数年前から「作れて後数本だな。。。」と思ってたので、ある意味予定通りな感じかと。
書いてて思ったが千代の富士の引退理由みたいだなコレ。

あと、今回こういう形で企画をぶち上げてんのは、この業界によくありがちな「応援してたブランドが突如解散」「ある日公式サイトに行ってたら404Not Found」「いつのまにかなくなってた」というのがすげえええええええええええええええええええええええ嫌だったからです。

だってさ、何年か真剣に追いかけて自分の時間やお金を使ってきた物や対象がそういう終わり方だと悲しいじゃない。

俺だって好きなバンドがそうなったら嫌だもん。(AV女優とかはこういう感じよくありますよね)

2006年に立ち上げたOVERDRIVEですが、エロゲバブルが終わってから独立したもんで、まったく恩恵に預かれませんでしたが、それでも10年以上「自分達が面白いと思う物や事」を可能な限りこの世に送り出せたのは、応援してくれたファンの方のおかげでありまして、終わると決めたならファンの皆さんには最後まで楽しく「この10年間は無駄じゃなかった」と思って欲しいんですよね。そら気合のかけ方が違いまっせ。

なので今回の企画もよくありがちな「雑誌で新作の制作発表!」みたいな形式はあえてとりませんでした。
もうシレっと出してじわじわファンの中で認知してもらって一緒にいろいろ考えて楽しんでもらえればって思ってます。

まずは「俺等(俺とパトロン)だけで楽しんで、そっから他の人にもその楽しさもお裾分け」と考えてます。

盟友でありますminoriのnbkzさんの名言で「エロゲは発表から発売後プレイして文句垂れるまでが8,800円」というのがありますが、それの拡大解釈版といいましょうか、こういう形でユーザーやファンの方と一緒に企画のスタートからものづくりをできる時代になったってのは非常にナイスな事だと思います。

なお、今回OVERDRIVEの最後の作品つーてますが、爆裂売れたり爆裂評価が高くて「ファンディスク的なもん作れや!」って話になったら、そん時に瀬戸口なんかと一緒に「どうしようか?」って考えます。ただOVERDRIVEからのオリジナル作品のリリースは基本的にありません。楽器や、アニメ、家庭用なんかの話もまったく考えてません。

そもそも「キラ⭐︎キラ」ん時だって、発売後のファンの熱を受けて動いた経緯があるので、この業界、そういう派手な事を先に仕込んで上手くいってる企画を見た事ないのでまずは「MUSICA!」をかの有名な「やめないで配信(※)」の如く皆さんに突き刺さる物を作るほうが先決かなーと。

<(※)参考リンク「やめないで配信」>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2048470

「ゲームはもう作らないの?」って言われると「作るよ」と答えます。「MUSICA!」の他に「Go!Go!Nippon」を東京オリンピック特需に向けて完全新作で作り直したいのでw(まぁこれは商売っつーか趣味で作る感じになりますな)
世界に向けて自分の作ったモン遊んで欲しい欲求はめっちゃあるのでコレはやります。
あとは頼まれれば企画を手伝ったりと、ゲームとは関わり合いは持つつもりです。だって俺ゲーム大好きだし!

<ハッシュタグを見て>
なんか過去の「アレな話」読んで覚悟に感動したってかいてあるけど、バーロー!こちとら普通にゲーム買うよか高額な金額出してくれ!って言ってんのと変わんねえんだから、いつも以上にしこたま真面目に考えなかったらアカンでしょ!OVERDRIVEの看板と、日本最強クラウドファンディングキュレーター(自称)の看板かけてんだから!w

ちなみに「MUSICA!」の納品責任はきっちり負うし、内容も俺等が思う最強で最高な物をお届けするが、買った人の面白え面白くねえまでは責任取らん。(万人が面白いと思う物かどうかはそりゃ個人の判断だからな)

そこはこの企画に乗る方が「BET」する部分なので、だから「体験α版やって判断してちょ」と今後口を酸っぱく言うつもりである。

以下、ハッシュタグを見た意見へのレス。

https://twitter.com/kurehaluri/status/974423596998148096
まぁ過去の支援者数を鑑みるにこんぐらいありゃ大丈夫かなって数字を設定するつもり。
例えば696設定にして完売しなくてもOKですし。特定のコースだけ事前に「このコースは完売したら追加するかもしれんで」って書いておく対応ってのもアリかなと。後出しはダメだけど最初から可能性示唆しときゃOKって考えです。


https://twitter.com/hosue3/status/974424646937329664
バランス大事ねw
先に乗っかっちゃうのも手だけど、必要な情報は取捨選択してコントロールするのもアリですぞ。


https://twitter.com/kurehaluri/status/974419864155668480
バナーとかってもう古いのでSNS拡散用に動画作るから、それを各自自分のトコに掲載してもらう感じにしようかな。
SNSのアイコンとかは良いアイデアなんで取り入れます!


https://twitter.com/ken__ma/status/974344136705810432
基本サントラとかTシャツとか設定資料集系のは無制限にしようと思ってます。

のちにこのゲームを知ってはまった奴が「うわーん!サントラ手に入らないよー」とか泣き言を言った時にパトロンが内心「フッ…情弱め。(パッケージを手にしながら)」とドヤれるのもパトロンのメリットだと思ってます。
なのでサントラのパッケージ音源化は今回のクラウドファンディングのリターン限定にしてあとは配信系に回す予定です。
SpotifyやAmazonなどの音楽ストリーミングサービスでOVERDRIVEの音楽聴けるようにしてますんで。

https://twitter.com/senolisyu/status/974317775450615810
こちらも同様にオバフェスDVDについては数量無制限で考えてます。
逆に書くと「この機会じゃねえと手に入れられない」って事ですね。あと作るのにお金がかかる(「アレな話#3参照」)ので、20,000円コースぐらいからのリターンに組み込もうと思案中。金額はあくまで思案中だからな!
「オバフェスDVDだけのコースを!」ってのは却下だ。ゲームの開発資金を集める為のネタだからな。その代わり中身はクッソ気合入れて作って永久保存版にして俺は死んだら棺桶に入れて葬式に流してもらうレベルの物にする予定だ。
このDVDはファンの為というか、半分ぐらいは自分の為に作るからだ。


https://twitter.com/yama_koh/status/974471847075921920
久しぶりにやってみっか!とはいえ発売後or主題歌公開あたりぐらいからだな。
そもそも主題歌って概念がこのゲームに合うかどうかまだわからんけどね。そういう固定概念も打破してえな。
仮に主題歌作って公開するようになったらコード譜つけて公開したるわ。んでYOUTUBEあたりに投稿してもらい、投票制で優勝したら白いギター出したるわ(このネタわかる奴は超おっさん)


というわけで今日はここら辺で!

本日は楽器屋をひたすら走り回って設定用の資料集め。
「キラ⭐︎キラ」知っててくれる店員さんとかいて、写真撮影とか非常にスムーズに進む。
以前は一から説明しなきゃいけなかったのだが、やっててよかったバンド物。


で、ギターのカタログ欲しかったんだけど、今はメーカーどこもあまり作ってないんですって。
なのでバシバシ写真撮ってきた。

ドラムのカタログだけ山程もらったきた。これでBeams(OVERDRIVE謹製架空のドラムメーカー)の商品ラインナップが増えるであろう。

DEARDROPSから「描くのが大変すぎる」という理由で、楽器系は3Dモデルで作ってます。
なので実際に買う必要があるんだが、今回一目惚れしたメーカーの楽器が廉価版が出ておらず現段階で会社の予算で資料として買うのに躊躇する価格なので、どうしたもんか頭を抱えてたりする。おそらく男の12回払いが炸裂するであろう。

前もこんなんだったなー(遠い目で)

さて、twitterハッシュタグ「#musica_od」へのご反応本当にありがとうございます。
めっちゃ見てます。1時間に5回以上必ずチェックしてるぐらいです。皆さんの声で背中を押されてますゆえぜひ感想や意見などつぶやいてください。必ず見てますゆえ。(ナイスなものはFAVってます)


でいくつかあった懸念点について記載します。

(1)開発日誌について。
これはリターンとして組み込みます。おそらく全コースのリターンにつけます。
毎日とは言えないですが頻度高めで記載できればと思ってます。読み物として意識して執筆するつもりです。

(2)高額プランの限定数について
今回調達したい金額が過去最大規模の金額なので、在庫数はふんだんにご用意予定です。
こっから話30%で聞いて欲しいんだけど、例えば

6960円コース:ゲーム(パッケージ)開発日誌閲覧権(限定数:無制限)
10,000円コース:ゲーム(パッケージ)とTシャツ、開発日誌閲覧権(限定数:無制限)
15,000円コース:ゲーム(パッケージ)とTシャツ、サントラと開発日誌閲覧権(限定数:無制限)
39,696円コース:(あれやこれやついて)(限定数:696セット)
69,600円コース:(あれやこれやなんやかんやついて)(限定数:696セット)

みたいに696を基本に考えてます。これより上の高額コースも考えてます。
例えば、「本編の主人公名を自分の名前にするワンオフ」物とかね。要はその権利を獲得したパトロンの為だけに名前収録するとか。もうエロゲーマーの究極ですよ。一回やってみたかったんだが需要あるんだろうか(価格によると思うが)

当然リターンのディスクは手焼きのDVD-ROMになるからそこに原画家に書き下ろしのイラストかいてもらって、通常のパッケージも別途もらえるようにするとかね。まぁこのコースが一番高いだろうけどw こういうのは作業の工程に限界があるので数量は5とか10になると思われる。69万円コース?見積もり出してないからまだわからんけどね。

基本普通に支援する方の最大値は69,600円でこれでもか!ってぐらいリターンの内容も豪華にするつもり。
なので最大限支援するぜ!って人はこのコースをご期待くだされ。

あ、くれぐれもかいておきますが、このコースを必ず支援しろって話じゃないからね。プロジェクトページが立ち上がった際によく読んで自分ができる範囲でのご支援をお願いします。マジで。


とはいえここら辺の事はまだ俺の脳内で考えてることなので、タイトル正式発表後にニコ生で例によって皆の意見を元に決めていきたいと思います。なのでこれで大騒ぎするなよ?30%だからな?(しないと思うけど)

あと考えてる特殊なコースとしては、「劇中に出てくるバンドのネーミングライツ」に対してパトロンを募ろうと思います。
DEARDORPSのハイエナみたいなの。当然審査はするつもり(本当に活動してるのかどうかとか名前やばくないかとか)
このコースは基本10万円以上で考えてるけど、リターンは上記に書いた15000円〜20000円ぐらいのリターン内容を4つか5つ送る感じ。要は「バンドで金出し合って自分達のバンドをゲームに登場させたい気合の入った奴等」に対するコースだw
譜面なんかはこのコースにだけつけると思う。まぁカバーしてくださいな的な感じでね。

こんな感じでこういうの欲しい!ってわがままあったらタグつけて呟いてください。異論反論大歓迎だ。
取捨選択して取り込みたいと思うので。

(3)予備資金投げ銭について
このツイート見た時、涙出るぐらい嬉しかった。本当にありがとうございます。
でもね、ダメなんですよ。今回の企画でこれやっちゃ。

俺が普段、キュレーターで他の案件のプロジェクトオーナーに担当になる条件として問うてるのは、「自分の企画に自分で金を一部でも出す気があるのかどうか」なんですわ。そりゃ「体験版作るのにCF使います!」って言ったらある程度集まるだろうし、それも不可能ではないんだけど、俺が思うこの業界におけるクラウドファンディングの使い方って「ここまで自分達で作りました!この先に興味あったり遊びたかったら支援してください!」ってのが筋だと思うのね。

「アレな話#02」でも書きましたが、今回のOVERDRIVEはエロゲ業界におけるクラウドファンディングのフラグシップになりたいと思ってます。なので今の段階は俺が借金しようが何しようが自分達でボロくても作りたい物の方向性を示唆する体験版的な物を皆さんに提示して、そこでその作った物の価値で勝負したいんです。だから気持ちだけ受け取っておきます。ありがとうね。

だから今回2プロジェクトに支援してくれたパトロンの皆さんに提示するのって「体験α版」って感じなんだよね。背景もBGMもどっかで聞いた事あるし、声も入ってねえけどキャラクターとストーリーだけはかなりわかる範囲で作るのが「体験α版」。で、プロジェクトが達成してある程度の時期が経過して初めて正式な「体験版」になると思う。可能か限り仕上げるけど限界は正直あるので。

で、今回の新作でOVERDRIVEとしては最後であり、クラウドファンディングでの資金調達もそこそこデカイ金額になる為に保険をかけた。これ書くかどうか迷ったんだけど、まぁぶっちゃけて書くって決めたから書くね。

今、顧問弁護士に頼んで公正役場言って遺言状作ってます。要はクラウドファンディングでプロジェクト成功した後に、俺がもしなんかで死んじまって皆さんの元に「MUSICA!」がお届けできないなんて事態になった日にゃ死んでも死にきれないので、キチンとしかるべき処理をして開発が最後まで円滑に行われ、皆さんの元にお届けできるようにするつもりです。

あとCAMPFIREは保険に入ってるので、俺が死んでプロジェクトが立ち行かなくなっても支援した金額の8割ぐらいはパトロンに戻ってくるのでご安心を。要はサクセスしたら意地でも完成させて遊んでもらうって話だ。

無論、死ぬつもりもなけりゃ、完成後に温泉旅館貸し切ってスタッフと関係者集めて派手に打ち上げをやる予定なのであと100万年ぐらいは生きる予定ですけど、まぁ去年大きな病気したんで保険つーかね。じじいでもねえけど若くもない。そんな中途半端な年齢45歳。(なお100万年後はビーカーの中に脳と目とチンコだけついて生きる予定)

俺は自分が考えたり作った物を世に出せないで死ぬ事の方がよっぽど嫌だわ。
と、そんな感じの覚悟で今回の企画に挑んでます。
要は「プロジェクトがサクセスしたら死んでも完成させる」を実行するって事です。


(4)オバフェスDVDについて
これ先にかいておきます。
DVDの製作予算だけで500〜700万ぐらいかかります。
まぁ4時間たっぷりMC完全収録、音声再編集、ブックレットなどモリモリで豪華にするので。
あと2枚組だし。下手すりゃ3枚行くレベルなんで。

「一般発売して欲しいです!」
「別でCFすりゃいいじゃないですか!」

って声があがると思うので先に書いておきますね。

◯「MUSICA!」プロジェクトが成功した場合、パトロンにとってのリターン商品にするので一般発売しません。

を公式見解と思ってください。

プロジェクト不成立だった場合は、MUSICAプロジェクトは断念します。
理由は「市場から求められてない」と判断するからです。めちゃくちゃ残念だけどさ。

今回の「MUSICA!」プロジェクトはあくまで「ゲーム開発の為の資金調達」であり、「DVDの為の物ではない」って考えなので、より多くの支援を集める為の特典としてオバフェスDVDを位置づけてます。そりゃ大事なライブだし思い出深いし、今見ても確実に泣いちゃうし、こういう使い方どうよ!?と言われると「ぐぬぬ。。。」となる部分は正直多少ある。

でもね、アレはもう過去にあった貴重で素敵な出来事で、今回のプロジェクトは未来を切り開いて、また皆とバカみたいに遊ぶ為に作る物として考えてるので、まぁ「MUSICA!」が不成立だったら一般発売の為のCFしてもいいかな?ぐらいで考えてます。

今回、この2プロジェクトに支援してくれたパトロンの皆様には可能な限り本音でぶつかりたいと思ってます。
OVERDRIVEとしては最後だしさ。

引き続き、「#musica_od」でのご意見ご感想、反論異論アイデアなどお待ちしてます。
俺ァ最後まで君達とこうやってものづくりをしたいのです。

今日も新作「MUSICA!」の作業。

原画家さんのレスポンスが非常に早く、キャラクターの修正が一晩あけて的確に返ってくる。
微細な修正にも全力で答えてくれて、この作家さんと仕事できて良かった感を早くも噛みしめるなど。

そんな中、昨年、癌で倒れて数ヶ月仕事にならんかったおかげで社長の最大の仕事である「資金繰り」に奔走している。

周囲からは「休みなされ」と言われるが中小企業のタコ社長が二ヶ月寝込むと会社がえらいこっちゃになるので、早々休んではいられないのだ。少なくとも体験版を完成させ資金調達のプロジェクトが終了するまで会社とスタッフに迷惑をかけないようにするのが目下最大の仕事である。

非常にクローズドな場所でのコラム(?)なので、ぶっちゃけ書いちまうが最近、皆さんもご存知のメーカーが数社程私の所に、様々な相談に来た。大半が資金難でクラウドファンディングを使いたいという相談だ。みんなケツに火がついてて売り上げも下がってる中、ひとすじの光明をこの仕組みに見出してるんだが正直遅えよと。

なんでこんな事書いたかというと、この19年程世話になり様々な体験をさせてくれたエロゲ業界の今の仕組みを今回の「MUSICA!」で一部ぶっ壊したいと考えてるからだ。デストロイですよ。デストロイ。

エロゲ業界のメーカーの大半は、資金調達を銀行からではなく流通からしている。(銀行から借りてるトコもある)

景気の良い時はMG(ミニマムギャランティー)つって先に売り上げを一部保証してたりもしたが、パッケージが売れない昨今、当然の事ながら流通も体力がなくなりメーカーに貸し渋るようになる。もしくは貸す金額がクソ下がる。

ちなみにOVERDRIVEのタイトルの開発費は1本4000万〜5000万円はかけている。(1/3が音楽のコストなのは内緒だよ!)
タイトルの開発に関わる人達に最低限キチンと支払ってキチンと生活を保証して自分達が良いと思う物を作るには、それなりにコストはかかる。

昔はこれぐらいの金額はポーンと出してもらえた。他のメーカーは知らんが過去の実績があるのでこれぐらいは出たのだ。今は多分1/3もでないと思う。それでも昔と同じようなクオリティーを求められて、売れなければ借金で倒産まっしぐら。そもそも売り場も少なくなって、DVD搭載してるPCだってノートPCに限れば昔より少なくなっている。

要は、いろいろな意味で完全に時代に取り残されてるんだよね。エロゲ業界。

参入障壁が低い分、事業計画書や資金繰もろくにできねえバカみたいな奴が経営者として参入してきて客を舐めたツケを放置したままバブルを謳歌した結果、時代の流れに取り残されてヒーヒー言うてんのが今だと思っている。当然私にもその責任の一端はあると思ってる(額にブーメランが深々と刺さりながら)


世のメーカーは「ユーザーのために!」つって声高らかに言ってるが、結局作ったゲームを卸すのは流通で、その先に小売があり、ユーザーがいる。こういう図式の為、メーカーにとってみると本当は流通が客なワケですよ。

違法DLやスマホゲームの台頭、それ以外の要素も多々あり、ゲームやCDなどのパッケージビジネスは無くならないにしても、昔みたいな感じではもうできないと思う。すでに崩壊している。

だからこそ、新しい仕組みでもなんでも使って、直接自分達が作った物を遊んでくれそうな人達にBETしてもらえるかどうかを直接問うてみたかったのだ。これが自分がクラウドファンディングを使う理由です。
ビジネス用語でいうと「BtoB」から「BtoC」って奴ね。

販促とは言え、ユーザーに同じタイトル何本も買わせたり、店の我儘でカロリーやコストのかかる書き下ろし特典を作ったり、売る努力がまったく見えない流通にヘーコラ頭下げるのも全部嫌だ。

なので、今回のOVERDRIVEの「MUSICA!」はある種、我々の最後の花火というか既存の古い商慣習全てに歯向かって、反骨精神で10年間、我々のタイトルを愛してくれたり、興味を持ってくれたユーザーの元に直接届けるというのをテーマとしている。

誤解がないように書くが店舗をないがしろにしている訳ではない。散々世話になったしね。一期一会の出会いだってある訳で、お店がなくなったら困るもの。んで一般発売時には「頑張ってくれたり過去に世話になったお店」にはめっちゃ好条件で卸すと思う。具体的に書くと仙台のシーガルさんや北海道のMKさんとか。ただ今までのように「全部の店に卸す」はしない。こちらで選ぶつもりだ。やる気のねえトコに卸したってしょうがねえんだから。潰れちまえよそんな店。そういう部分で今回流通を使うつもり。

違法DLにしてもあんなもん無くならない訳で、僕天の時に散々やらかされて倒産寸前までいったので考え方を変えた。

クラウドファンディングを用いて、開発費の大部分を調達できれば一般発売時の金額をエロゲ価格の8800円にする必要すらなくなる訳です。きょうびsteamでゲーム買ったって8800円しねえんだから。エロゲ価格って今の時流に合わない金額だと思ってる。

海外海賊版対策については、MangaGamerという海外販路を10年前に立ち上げて、海外版のリリースをできる環境を作れた。その為、ある程度の被害は抑えられると踏んでる。

このコラム読んでる人はご存知かと思いますけど、クラウドファンディングの仕組みについてもこの数年でおそらくエロゲ業界一詳しく件数をこなしてる自負があるので、おそらく他がやるようなアホなことはしないとは思う。

長々書いたのでまとめると「MUSICA!」は

・パッケージは基本CFでのみゲットできるようにする。
・プロジェクト達成後の一般発売は基本的にダウンロード発売になる。
・当然パトロンはいち早く遊べる。リターンに同梱予定の不思議なTシャツ着てプレイするとより幸せに。
・浮世の義理で世話になった店舗にはパッケージを数量限定で卸す。
・その際に一部CFのリターンを流用する。(乗り遅れた方への救済措置も兼ねてます。サントラとか資料集とかそういうの。他は出さん!)
・パトロンは先行投資みたいなもんなんでリターンは支援金額に応じてめっちゃ豪華にする。
・オバイブ10thフェスのDVDはリターンに組み込みます。一般販売予定なし。2枚組全曲全MC完全収録予定。

って感じ。

こういった取り組みを私より下の世代のメーカーや他のメーカーが積極的に一部でも取り入れてくれたら、もっと面白いと思う物や、挑戦的な物が世に出やすくなって、エロゲ業界もまだまだ面白くなる余地があると思うんですよ。


いろいろな案件担当してる私がいうのもなんですけど、クラウドファンディングだって日本に入ってきてまだ5年とかで、これからどんどん形変えてくし、この仕組みは最高だ〜!!と盲信もしていない。あくまで「便利に使えそうな道具」である訳で。たまたま自分のやりたいことのニーズにマッチしてるから使ってるけど他に良い物があったら即飛びつくと思う。

最近仕事してお会いする若手の方で「bambooさんの作ったゲームをやってこの業界きました!」って人が増えた。
自分がOVERDRIVEを作った時が30代前半で、当時40代ぐらいの先輩経営者にめちゃくちゃ助けられた。

僕天騒動の時に会社畳むかなーと思ってた際、「まだbambooはこの業界に必要だから」と赤字分の数千万を俺に貸してくれた先輩経営者にまだ借りを返してない。(のちにアパレル売りまくって借金は全額返済した)

今後、この業界でアイデアを形にしたいまだ見ぬクリエーター達に、「こんな方法もあるよ!」という道を少しでも示せればと思ってます。

作って客から金を取る物だ。面白くて当然だ。その期待に添えるように死ぬ気で挑む。
それ以外の所でも、OVERDRIVEを愛してくれた皆さんと最後の日までエキサイティングな要素を日常にちょっぴり加えれるようにスタッフ一同大事に「MUSICA!」を作りたいと思います。

#musica_od

でtwitterに感想書いてください。リターンの要望でもいいよ!

というような開発日誌をリターンに加えようと思うけどどう?w

↑このページのトップへ