弊社が入ってるビルの屋上は喫煙スペースになっており、各フロアの喫煙者が来るのだが、稀に会うおばちゃんが反ワクチン派の人らしく、喫煙スペースで持論を展開してた。
触らぬ神になんとやらってのと自分のスタンスは「主義主張は俺に迷惑かからなきゃどうぞご勝手に」なので、それは構わんのだが、「竹内さん打つんですか?」と聞かれたので「基礎疾患あるので打ちますよ」とやんわり回答したら、まぁキーキー言われた。
「はぁ」と受け流そうと思ったけど、ちょいちょいしつこいので「コロナかかって周囲の喫煙癖&基礎疾患持ちは軒並みICU行きになってて、下手すると死んでたかもしれない人が多かったんで、なんもしなくて死ぬの嫌ですもん。ダメージ緩和できる可能性あるなら打ちますよ」と答えたら
「ワクチンは政府より上の陰謀なんですよ!」
と真顔でキレられた。
回答に対するレスになってねえ!と思ったが周囲に陰謀論者っていなかったからリアルで見れて感動してしまった。
なんか俺のスイッチが入ってしまい、
「やはりユダヤ系が動いてるんですかね…」と神妙な面持ちで聞いたら「いや、アメリカ系なんですよ。」と、そこから陰謀トークで盛り上がるなど。
おばちゃん曰く「GAFAを取りまとめる存在が今回裏で動いてる」そうです。色々突っ込みたいがぐっと飲み込む偉い俺。
別に陰謀でもなんでもいいけど、ワクチン打って5Gに繋がったり、回線なくてもメールチェックできたり、Googlemap使えたり、BT繋がったりしたらめっちゃ便利なんでぜひ試してみたい次第です。

ここ10日間程、毎日大量の鼻血が噴出しておりいささか心配になる。
今日も打ち合わせ中に噴出してしまい、取引先に心配をかけてしまった。

乾燥しているからなのか、なんかしら別の病気なのかが気になる。
このスパンで出続ける事も過去なかったので流石におかしいな…と思い明日病院に行くことに。
何もありませんように。

合宿レコーディングと人間ドックでポリープ切ったので2週間筋トレを休んだら、悲しくなるほど体力が後退していた。やはり週2ペースでがっちり継続しないと、すぐに落ちてしまう模様。
悲しき中年の体力よ。。。

いまアルバムの仮歌を13曲ヒーヒー言いながらレコーディングしてんだけど、鼻血が喉で固まって喉がイガつくんだよね。よもや鼻血如きでこんな苦労するとは思わなかった。

2017年に膀胱癌やってから、毎年人間ドックに行くようになった。

それまでは会社でよくある区の健康診断ばっかりだったのだが、スタッフが癌で亡くなった際にあまり信用できなくなり、有料の人間ドックに毎年行く事にしている。
ちなみにウチのスタッフにも年10万円を上限として会社支給で人間ドック入りを強制しとる。

昨年はコロナ禍で行けなかったので2年ぶりに行ってきた。
一泊二日の徹底的コースに入って現状の自分の体のパラメーターの数値化が目的だ。

大腸の内視鏡検診は麻酔があるから眠ってる間に終わってしまう為、そんな怖くも痛くもないのだが面倒なのはポカリのクソ不味い版の下剤。




このクソ不味ドリンクをコップ1杯15分かけて飲み、それを十回ぐらい繰り返さねばならない。
昔に比べたら飲みやすくはなってるんだろうけど、常温だといまだにクソ不味いのでいつもキンキンに冷やしてから飲んでる。(こうすると多少飲みやすさが上がる)

良薬口に苦しとは言いますけど、プロテイン業界を見習って、少しはフレーバーに気を遣って貰えないもんだろうか…と毎度思ってる次第です。2リットルも飲むんだからさ!ヨーグルト味とか!ココア味とか!あるでしょうよ!!!「あの下剤、めっちゃ美味しいよねwww出ちゃうけどwww」みたいなネタにされるぐらいの!フレーバーとテイストでお願いしますよ!

あとこれ飲んだ後のオナラは相当気を使う。
オナラが出るか実弾が出るかのスイッチを他者に委ねてる感じがたまらなくスリルであるが、そんなスリルはできるだけ味わいたくない。今回も危なかった。そういう趣味の人達の気持ちが少し理解したが、俺は無理だなと思った。

んで胃カメラ。
あの野郎だけは毎度の事ながら辛い。自分は口からを選ぶことが多いのだが、喉の麻酔をされた瞬間に死刑台に連れていかれる感覚になる。やられてる最中はもう無心になるか、現実逃避の為に色々なことを考えた。「触手系のヒロインの気持ちってこうなのかな。。。」とか「今まで食べた雲呑麺最強決定戦!」とか、もうそんな感じで心を身体に置いておくと辛いしかないので人生で一番逃避をする瞬間が胃カメラ。

必要だからやるけど、できればやりたくない筆頭だよなぁと思ってたら、世の中には胃カメラ愛好家がごく少数存在することにビビった。

今回大腸検診で、将来悪さしそうなポリープを数カ所切除した。悪即斬できるのは良いよね。
一泊二日でヘトヘトになって帰宅途中に三浦建太郎先生の訃報を聞く。
ベルセルクが未完のままになってしまった…。

超人的な描き込みの漫画で、作者コメントでも身体を削っての作業が垣間見れたので、なんだかおぉん…となってしまった。売れてる作家は出版社にとってドル箱なんだから、健康診断を無理矢理でも出版社持ちで強制させれんもんなんですかねぇ。

作者逝去で作品未完なんて作者も読者もそれを取り巻く周囲も誰も幸せにならんし。
世の中に蔓延るどうしようもない連中を贄にゴッドハンドに転生して先生復活して続き描いて欲しい。

イチ漫画好きとしては残念すぎるって言葉しかありません。

↑このページのトップへ