毎年クリスマス時期に有志でやってるチャリティーライブがあります。
ジョイスマスってイベントです。詳しくは公式サイトをご参照ください。

http://joysmas.sakura.ne.jp/index.html


ちなみに今年のクリスマスはジョイスマスのライブがありません。
理由はいろいろあるんだけど、やはりクリスマス時期の開催ってのは繁忙期なのもあり、なかなか足並みが揃いずらかったり、いろいろな方の善意で成り立ってる訳でして、それに頼りっきりってのも歯がゆい物もあったりします。

んで事件から数年が経過し、裁判も終わったように見えてしまい、大きな事件でも記憶から風化してしまう期間に個人的に入ってると思われます。言うまでもなくまだまだ事件の傷口の深さは関係者には深くて、それでもそれを乗り越えて日常を取り戻していかなければならかなかったり。。。

で、話はライブに戻るんだけど、やはりこの時期に遠方から来てもらったり、行きたくても時期が時期だけに行けないんだよね。。。という方も沢山いらっしゃいましてここらで一旦方向性の舵を切り替えたほうがいいなという結論に達した訳です。
そんなこんなで考えた挙句、長期的に楽しく支援する、してもらう在り方ってのを考えてみた。

んでドワンゴの方に協力して頂いてこんなチャンネルを作りました。

http://ch.nicovideo.jp/joysmastv

ジョイスマスチャンネルです。

696TVの運営してみてわかった事もあったのでそれを取り入れた。
こちらの番組は基本有料配信の番組にします。この番組の有料会員の売り上げは手数料(ドワンゴさんのね)差っぴいて全部ご家族に行くようにしてます。

このチャンネルでジョイスマスとして協力してくれてるジョイまっくすポコや、木村世治さん、サトパーさん、ジャッキー道斎やその他いろいろなゲストの方が月1ぐらいでライブやったりトークやったりする自由な場所として利用して、なおかつ今までのジョイスマス通りに彼らも会員として月額この番組に500円払うという感じ。

そんな訳で2018年はこちらで長く楽しく支援をしつつ普段できないような事に挑戦してきたいと思います。

さしあたってまず第一回目の試験配信をしてきますのでお時間ありましたら是非おつきあいください。
21時からの配信です。







昨晩日課のCAMPFIREのプロジェクトをチェックしてたらこんなプロジェクトを見つけた。

https://camp-fire.jp/projects/view/52086




現役の高校生がギャルゲを作る!という企画。
まぁゲームの開発のプロダクトって最近増えてきてて「おっ?」と思う物はその中でもごくわずか。
冷やかしレベルでプロジェクトページを見たらちょっとびっくりした訳だ。

キチンと自分達の言葉で自分達のやりたい事をプロジェクトページ内に記載し、そしてそれに対してプレゼンする。数多くのプロジェクトを仕事柄見てるけど大人だってキチンと書けない人が多い中で、驚くぐらいレベルが高いプレゼン内容だったと思う。ちゃんと体験版作ってるのも高評価。

なんか嬉しくなってしまい、足長おじさんとなりうっかり69,600円の支援をした。

コレ何が良いって、彼らがやってる事自体が既にギャルゲのネタみたいな話でして、それ自体が青春群像劇みたいな感じな訳ですよ。枯れ果てたおっさんから見るとすごいキラキラしてるの。うわ、こんな青春送ってみてえ!みたいな。

いわゆる世に出てるギャルゲの脚本はおっさんのシナリオライターが書いてる訳で、そりゃ現役の高校生の感性から見たら違和感を感じてもおかしくはない。大概のオタはそれをそのまま飲み込んでそのおっさんライターの書いた脚本を楽しむんだが、この子達は「だったら自分で作ろう!」と立ち上がった訳だ。この時点ですげえドラマだよね。

10代で「自分達が作りたい物を世に問うてお金を集めて作って返す」って事を体感できるのってすげえ羨ましい。15、16歳の頃の自分の行動を照らし合わせると…頭の良い子はすげえなってw

今のご時世自分の作りたい物を作る方法や作った物を流通させたり発表させたりする場所ってはいくらでもある訳で、その中で若さを武器にこうやって自分達のやりたい事を形にする為に声を上げるというのは非常に素晴らしい事だと思った訳です。

正直ゲームの出来についてはなんも言わない。やりたいようにやってほしい。作りたいように作ってほしい。それを生み出す為の苦労や失敗なんかも経た上で自分達の作った物を世に送り出してほしいなぁと。
ただ空中分解で出せませんでした!ってのは無しな。その場合はおっさん修羅になるけどw
(開発日誌みたいなのをメンバー持ち回りで詳細に記載したリターンがあったらより嬉しいけどね)

美味しんぼの海原雄山も言うてましたが、丹念に見守った鶏が最初に生み出す卵ってすげえじゃん?って話な訳だw それを美味しく食べれるかどうかはこれからの話だけどさ。

ただおっさんはちょっとしたお金を出す事によって彼らがゲーム制作を通じて描く青春群像劇の中にパトロンというモブとして参加させてもらえる事にちょっとした喜びを見出している感じ。

クラウドファンディングを生業としてるが、今回この企画はキュレーションも担当もしとらん。
衝動的に支援しちゃってまして久しぶりに支援する楽しさみたいなのを堪能してます。

今の「モテない男子高校生が作るギャルゲ」を「モテない男子高校生が大活躍するギャルゲ」を作ったおっさんは完成を楽しみにしてる次第であります。

退院してから10日が経過した。
排尿時の痛みはMAX10だったのが5ぐらいまで落ちたので回復を実感できてるが、なにぶん排便時に力むと傷口開くんじゃね?的な怖さと力んだら痛みが8ぐらいまで出るのが嫌な感じ。

虎舞竜の「なんでもないような事が幸せだったと思う」って真理だよなぁと。

あらゆる普通にやってた事ができなくなるってのはそれだけで不自由であり、ストレスを感じてしまうようになる。病気って嫌だねぇ。

本格的に仕事できてっかと言われるとまぁこんな体で遠出もできないから、それはそれで不便だったり先方に迷惑をかけてしまう事も多く、何よりも12月が仕事にならんから売上どうすっかなぁ。。。と経営者的に途方に暮れる日々であります。

身体が資本って口ではいうけど実際にダメージ食らって何もできなくなるとより、その言葉の重みというか意味を考えるようになる。とりあえず飯をガシガシ食ってるので体力的にはだいぶ回復した。

あとは焦らず尿道の痛みさえ出なくなれば完全復帰だ。

今日は大安吉日なので滅多に買わない年末ジャンボの宝くじを買ってみた。
当たるといいな10億円。

↑このページのトップへ