「MUSICA!」の作業進捗あれこれである。
ディレクタと瀬戸口とワイでキャラクターの色彩設定会議など。
大筋の色味はすめちゃん先生が作ってくれたが、これを美術頭が実装用に落とし込み、
いわば原作者チェックみたいな感じの作業。

tiH3vGdxYw.42.22.jpg

エロゲの塗りって時流によって流行り廃りがあるんですが、しばらく業界離れてたしで何が流行ってんのかもアレなので、すめちゃん先生の絵が最大限生きる方向でキメたりました。

V9_Ip1gsgI.51.10.jpg

個人的にはパキっとしてるほうが好きなんだけどねー。

PeQeYrZZu2.50.53.jpg

どうでしょうかね。



んでもって「クラウドファンディング支援要請用体験α版」をちょっとだけ公開した。
「何それ?」って人用に解説すると「クラウドファンディングで支援を募る前にワイ等が何を作りたいか、どんなストーリーなのかを軽く吟味する為の体験版」と思ってください。いわゆる普通の「体験版」ではないです。キャラとストーリーがある程度ジャッジできるようにする為の物なのでBGMとか背景とかは既存作品の使い回しであります。
皆さんがご期待しとる「体験版」は「企画が成功して発売が近くなったら」リリースする感じになります。

んでこの「体験α版」ですが、もうしばらくしたら公開しようと思います。
公開順は「オバフェス、アプリのCF支援者」がまず先行になります。次はLINE@に登録してる人と順次公開予定。ある程度遊んでもらってからリターンについての議論に入りたいと思います。
(いきなり体験α版を広くリリースすると企画の前後関係がわからないで「なんだこれ!未完成品だ!」とギャースカ騒ぐ奴が絶対出るから、ある程度企画の意図を事前に説明した連中から順次公開してくって話)

プロジェクト開始予定は5月末ぐらいを予定してます。
(5月末〜8月中旬まで募集予定)

以下、「#musica_od」のレス。



既存のキャラゲーの方が売れたり流行ったりしてんだろうけど、瀬戸口の脚本を最大限に生かすのであれば、ノベル形式が最適解だと思ってます。よくある画面UIはOKであります。

本来はマーケティングとかいろいろな要素からするとアウトなんだけど、今回は最後の作品なので「うるせえよバカ野郎。俺はコレが一番おもしれえと思ってんだよ」をコンセプトにお客さんの意見は「なるほど!」と思う物には素直に従い、そうでない物は「ほーん」という態度という感じで取り入れたいと思います。

お知らせでございます。

先日ブログでお伝えした通り、長きに渡る独身生活に終止符を打ち
4月1日に入籍をキメ、13日の金曜に式をあげるという
なんとも私らしい日に結婚式を挙げてきました。

京都で。

そう!有頂天家族の舞台である、京都は下鴨神社で式をあげたかったのである。
世界にも類を見ない聖地巡礼ならぬ聖地婚礼をキメる主題歌歌手。

それが俺、milktubのbamboo。

deYqghg6AZ.25.12.jpg

式自体は親族だけで厳かに終えたんですが、
ふと境内を見ると…なんと!
下鴨神社さんの粋な計らいで、下鴨4兄弟がお出迎えしてくれました!
(次男はどこにいるか謎だが、きっといるはず)
めっちゃ嬉しい!!ありがとうございました!

BDの下巻を頂いた時、パッケージが矢一郎の婚礼イラストで
いいなぁ…と思ってたんですが、妻にわがままを言い
実際に自分でやってみた次第。

hXEkFWfmYC.01.04.jpg

昨年の大病した際も壮絶に支えて頂きまして、
多分この人がいなかったらマジで死んでたんじゃないかなと。
そんな病気の百貨店みたいな私と結婚してくれるなんてありがたい話やで。。。
(ちなみに妻は声優とかアーティストではなく、一般職の方なので顔出しはしないのである)

1期の主題歌『有頂天人生』が決まった際に
ツアーや営業のついでに、何度か下鴨神社にお参りしたんですが、
参拝の度に、アニメや曲のヒット祈願と
「できたら結婚できますように」ってお願いをしてはいましたが、
まさか自分が下鴨神社で式を挙げられるとは思わなかった。

効果テキメン過ぎでしょ、下鴨神社!

そして!
なんと、この式を挙げた下鴨神社で、
6月3日に有頂天家族2のイベントが開催決定しまして、
そちらに出演する事になりました。

…式を挙げた場所で、自分が歌うとは思わなかった。

商売繁盛の効果もあったのか、下鴨神社は。




そしてお知らせ・第二弾!
milktubの久々のライブも決定しました!

『バンブー45歳、尿道受難からの復活祭』

出演:ニューロティカ/milktub
開催日:2018年8月25日(土)
場所:下北沢ReG
OPEN:17:30
START:18:00
チケット:3,780円(税込/1D別)

チケットは下記よりお求めください。
・http://milktub20180825.peatix.com
・ニューロティカHP
※入場順は、milktubPeatix&ニューロティカHP予約同列1番からの入場になります。
【4月19日追記】
チケット販売方法が変更になりました。後日プレイガイドでの販売となります。
既にご購入いただいておりました皆様には大変申し訳ございません。


タイトルが火の玉ストレートなライブですが
通算2,000回目のライブを目前にした、大先輩ニューロティカと
久々に2マンやったります!

長きに渡った尿道受難を終え、復活一発目のライブです。
ぜひ遊びに来てね!


あと札幌でアコギライブも決定しました。

『milktub Acoustic Live 2018 in Sapporo』

開催日:2018年7月29日(日)
場所:札幌サーハビー
出演:AG&Vo bamboo(milktub)/AG: 松本晃貴
OPEN:16:30
START:17:00
チケット:3,240円(1D別)

チケットは下記よりお求めください。
http://milktub20180729.peatix.com

前日の28日には、ingressの札幌アノマリーもあり、
一部界隈が盛り上がってる中で久々の札幌アコギ旅です。

アコギ覚えてから初めてツアー回った地が札幌でして、
3年前に比べたら、相当パワーアップしたお姿をお見せできるはず

当時はギター覚えたてで、セットリストにブルーハーツのカバーとか
入れてましたが今回はないよ!

久々なんでかなりたっぷりやる予定です。
ぜひこちらも遊びに来てくださいね!


OVERDRIVEの新作『MUSICA!』の方も順調に進んでます。

キャラデ最終版_雑統合.jpg

すめちゃん先生の主要キャラデザもだいぶ進んでまして
(上記画像が全キャラではないのがミソ)
この登場人物達がどんな物語を紡いで行くか、
ぜひ皆さんに見届けてほしい次第。

今月末には動いてるトコ見せれるかなーって感じです。

という訳で、公私共に気合を入れ直して
「ゲーム」「音楽」「アパレル」という
我がロックンロールエンターテイメント道を邁進していきますゆえ、
引き続きご期待、ご愛好の程よろしくお願い申し上げます。

ゲーセンにあるアストロ筐体が好き過ぎて個人的にバッグにしてみた。

3bEOPF9KfI.41.19.jpg

ちなみにコレで試作Ver4ぐらい。2年ぐらいかかってます。
デザインはまだこれから。骨組みと原理試作って感じ。

eO0oQ9s3XN.44.29.jpg

コンパネ部分は独立して動くように設計してます。
給電はUSB給電で、WindowsとAndroidに対応してます。
iOSは規格が厄介でコストが高いので今回は見送り。(動かなくもない)
というかiOSのゲームでコンパネ必要なのってある??
もちろんBTも搭載で有線で繋いでも良し、無線で飛ばしても良しです。
タブレットの大きさは10.8インチまで対応予定。steamのゲームやるのに向いてそう。

uMf4ec6ndn.03.13.jpg


本日はDMM.akibaにお邪魔して原理試作を元にあれやこれや議論。
今日のテーマは「プレイ時の安定性」である。コンパネ部分がゴツいので、そこそこ安定性があるが、より安定してプレイができるようにいろいろ試行錯誤しとります。

K8xyWw1u_b.21.01.jpg

仕切りの試作品。
いろいろバリエーションを作って、コスト面、安定性、耐久性などについて議論。

eO0oQ9s3XN.44.29.jpg

バックインバッグみたいな感じで特殊ケースを入れるVer。
これめちゃくちゃ安定性があった。

RCUm2Bu5Ai.39.35.jpg

カメラバッグみたいに仕切りをつけるVer
バッグとしての機能性をあげるのと、コスト的にはこっちだが安定性が上記のバッグインバッグ方式よりも若干安定性に難がある。

実際作ってみないとわかない物ですなぁ。

sg1aYgeXRs.00.26.jpg
xkwsPBbqkX.00.17.jpg


背負うとこんな感じ。
今回の議論でさらに改良部分がでてきた。
次のVerで黒/赤のデザイン版でほぼβ版になる物を作る予定。

年内にCAMPFIREを通じて試験販売します。定価は45000円を切るぐらいで考えてたが、試験販売は限定100個ぐらいで1万円ぐらい安く買えるようにします。29,800円〜34,800円とか。

その代わり、いろいろとアンケートに協力してくれる人が前提だ。
いわゆる人柱といっても過言ではない。
なぜかというとまだパーフェクツな物ではないからだ。
(だってもはやバッグっていうかハードウェアじゃんこんなの)

あとハッカソン形式でAKIBAのDMMのイベントホール借りて実際に30名〜50名ぐらい集めてみんなで組んでみるイベントとか考えてます。その場でいろいろ感想聞けるし。

これらの試験販売のデータを元にさらに改良を加えて、Kickstarter辺りで世界のゲーマーに向けて喧嘩を売ってみたいと思います。








↑このページのトップへ