10月15日 火曜日

今日は旦那が夜勤入りの日。
私はいつの間にやら昼寝で深く眠り込んでしまっていたようだ。

遠くから声が聞こえる…

「マコちゃん…マコちゃん…」

私はワケが分からなかった。
それでも続く、私を呼ぶ声。

私は寝ぼけていた。
腹が減っていたのだ。

私「ごはん〜🍚」

旦那「ごはんじゃないよ。(夜勤に行くから)車動かして。」

車庫には私の車が前、旦那の車が後ろに停めてあったのだ。

旦那よ、ごめん。
君が出勤したあと、おとなしく食事したよ。
菓子パンだけど。

でも怒らないで起こしてくれて、どうもありがとう。