どうも、旧正月のお店の空いてなさっぷりに日本帰国を決めたダブルウィッシュ シンスケです。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2569.JPG
全て閉まってます。こちら、2017年1月28日、旧正月の元旦です。

目の前の道路も見てください!
ほとんどバイクがないでしょ???
これは驚くべきとこなんです!いつものホーチミン市内はバイクだらけなんです。
日本の正月と同じく、田舎に帰るのが普通みたいです。

僕は日本人の元旦のように過ごしてみようと思い、初詣に向かいました。神社は見たことないので、お寺に行くことにしました。(ここら辺、無宗教なので、臨機応変です)
ゴーストタウンと化したホーチミンですから、余裕で向かってると、
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2566.JPG
人、大量におるんかい???!!!!
かなりの数の方が初詣へ来てました。ヴィンギエム寺(永厳寺)の中に入って見ると、
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2565.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2558.JPG
凄いっす!溢れ出てます。中にバイクで進入する人も!
こりゃホーチミンに人がいなくなるは嘘で、絶対数は減ったもののかなりの人がいるってことですね!

そして、中に進んで行くと、日本のお香や参り方とは少し違いますが、皆さん仏様にお参りしてました。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2560.JPG
印象としては、6割参拝、2割飲食、2割記念写真撮影といった感じでした。
どこでも写真撮るのが好きなのがベトナム人です。
そして、さらに進んで行くと、僕は驚きの光景を目にするのです!!!!!
除夜の鐘的なのも叩くために皆んなが並んでるのです!
「おい、シンスケ、何に驚いてるんだ?除夜の鐘を叩くのが年越しの時じゃないからか?」
なんて思ったあなたは、ベトナム検定初級で落ちます。
なぜ驚いたかと言いますと、
並んでることにですよ!!!!
ベトナム人基本的に並びませんからね。それで何度注意したことか。コンビニのレジ、施設のチケット売場、駅の切符売場。。。数えたらきりがありません。
これを見て「並べるんじゃねーか!」って思いましたもん。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2575.JPG
それにしても、手前の女性、後ろの人にキレてますね。なんかされたんですかね。。。
除夜の鐘の先頭も見てみようと思い、行ってみると、
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2564.JPG
あ、手で押すタイプ?!
ちょっとびっくりしました。
日本だと下がってる紐か縄みたいなのでやるんですが、手で投げるタイプでして、彼岸島(漫画)の師匠を思い出しちゃいました。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2568.JPG
本堂は美しく、とても神々しかったです。日本で修行されたお坊さんが1970年代に作ったそうで、まだ新しいようです。
さぁ、帰ろうと思い、出ようとすると、
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2571.JPG
アオザイを来た子供発見!!!
日本では今となっては少なくなりましたが、お正月に着物を着る、というご家庭もあると思います。ベトナムでもこのように伝統的な服装アオザイを着るようです。
郷に入れば郷に従えです。僕も着て、一番の繁華街グエンフエ通りまで行ってきましたよ!
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2529.JPG
なんかいいでしょ?!
ベトナムの元旦を僕も楽しむことができました。
ここでまとめますと、元旦の日本との共通点は
・都市には意外に人は残ってる
・初詣に行く
・伝統的な服装を着る
でした。
それでは最後に明らかに日本とは違う部分を見てお別れしましょう。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2577.PNG
着ぐるみが写真撮影で顔を取るです。

日本じゃお目にかかれない光景。
こういう部分を楽しみにベトナムの正月を体験するのもいいですね。
それでは、また次回。

応援の意味も込めてLineスタンプ購入にご協力下さい。
https://line.me/S/sticker/1440616