とりあえず、ブログはちまちま続けられているようです。僕。
さて、本題。

かなり難題なニュースです・・・

楽天モバイルが一番の売りにしていた「1GBまで0円」が終了してしまうようです。。

僕は、IIJmio、楽天、povoを契約しているのですが、楽天はLinkを使えば通話無料なので、通話に関しては非常に助かっていました。
ただし、新プランはLink経由で今まで通り通話料無料、Link経由でなければ15分まで通話無料となるそうです。

で、最低限で運用すると
今までだと・・・「1GBまで無料」+「Link経由で通話料無料」=0円 で運用
これからだと・・・「3GBまで1078円」+「Link経由で通話料無料」+「15分まで通話料無料」=1078円 で運用
と、なるので「1078円」という金額に悩ませられます。

では、じゃあ一方的に解約したほうがいいのかとなると、個人によってはそうではない可能性もあるし、したほうがよいこともあります。

僕が契約しているIIJmioとpovoの組み合わせだとこのような組み合わせができます。
IIJmio SMS 2GB:820円 + povo 5分通話かけ放題:550円=1370円
これだと楽天より明らかに高いですね。
IIJmio eSIM 2GB:440円 + povo 5分通話かけ放題:550円=990円
楽天より安くなりました。
また、日本通信とpovoの組み合わせだと
日本通信「合理的SIM」1GB:290円 + povo 5分通話かけ放題:550円=840円
これは楽天より安く運用できます。
さらに、組み合わせではなく、もうすこしデータ量を抑えるとOCNモバイルONEが、550円でデータ500MBの10分通話代付となっています。
ただし、事務手数料やらSIM発行手数料などが高いのでご注意を。

他にも、世の中にはたくさんプランがあるので、よ~く調べることが大切だと思います。

ということで、楽天の通話料を考えて移行となると、povoが良いのかなあと個人的に思います。
事務手数料、SIM発行手数料かからないし。

それでも、楽天は1078円で「データ3GB」+「Link経由で通話、SMS無料」+「15分通話無料」+「メールアドレス」なので、とてもお得だと思います。
何せ、auの3Gケータイ使っていたユーザーが楽天に移行はいいかもしれないですね。

ですが、まだ楽天は自社エリアが完全ではなく、基地局建設も難航しているようですし、通話・通信の安定さは、若干不安定であります。
まぁ、「1GBまで0円」なんてやって赤字で、基地局建設やその他通信設備工事も進まないだろうなぁ。あんまり工事先延ばしにしてると、総務省に怒られちゃうしね。そりゃ、0円廃止するわね。
また、「1GBまで0円」は電気通信事業法に引っかかる(0円ケータイがなくなったのもそう)から廃止のようです。
(移動機に関して、0円は禁止で、ドコモのhome5Gは移動禁止となっているので、量販店などで0円売りができるのです)

あと、500MB、1GB、2GBのプランはこれから5Gの普及によりトラフィックの量が増え、バックグラウンドだけで消費してしまう可能性もあるようです。
ですので、低容量のプランはこれからなくなってしまうかもしれないのが怖いなぁ。

携帯料金は安くなったけど、結局また振り出しに戻っちゃうのかなぁなんて心配もなくはないです。
また、楽天がなくなっちゃうとかは悲しいなぁ。。
どうなることやら。


GWも最終日ですねぇ〜
僕は全っっっっく関係無かったですが(-_-;)
というか、まだまだコロナが怖くて遠出する気も失せますが。。

さて、この間インテルNUCにChromeOSFlexを入れた記事を書きました。
まぁまぁ快適に使用できていて、安定版はまだだろうなぁと思っていたところ、
先日安定版がこっそりリリースされていたようで、安定版に変えてみました。

ChromeOSの設定を開いて、「ChromeOSについて」をクリック

「詳細」をクリック、「チャンネルを変更」で「Stable」を選択



その後、Powerwash(初期化)を行うと安定版になっているはず。

開発者版だと、何気ないところでエラー等不具合があり、少々困ってました。
履歴を見ようとしたら、エラーで開けない。。

流石に安定版にしたら、見れるようになったのでホントよかった。

ただ、安定版にしても不具合があってですね...
それが、YouTubeを見ようとすると、すぐに再生が開始されない。

再生される時と、されない時があって、最初ネットワークの不具合を疑いましたが、違いました。
映像出力はthunderbolt - DisplayPortで、スピーカーのないディスプレイを使用しており、これが原因だったのです。
GoogleでYouTubeがすぐに再生されないと検索すると、スピーカーと関係があることが多くかかれていたので、試しにテレビにHDMIで繋いだら、その不具合は全く現れることはありませんでした。
このNUCのthunderboltは映像出力には適してないよう(ドライバー必須)で、HDMIを使ったほうが良いみたい。。

そんなこんなで、ChromeOSFlexに安定版がきたよという記事でした。
とりあえず、不具合はわかったので一件落着。
また、なにか不具合あれば追々書こうかなと思います。

では、さよなラ・ラ・ランド~

この間のAmazonタイムセールで、欲しいと思っていたオーディオ類がお安くなっていたので購入しました。
そのレビューです。

1.JSHiFi Shadow 銀メッキ バランスリケーブル (MMCX - 4.4mm) 
僕はcayin N3Proとintime雅を愛用しているのですが、アンバランスのままで(十分左右分離が良いけど)使用していたのですが、せっかくN3Proに4.4mmのバランスが出ているんだから、バランス接続を試してみようと近頃思っていました。
何気なくAmazonを漁っていたら、このリケーブルが丁度セールを行っていたので、ポチリました。
前々からコスパが良いと評判で、気になってはいましたが、相性というのも不安でなかなか購入に戸惑っていました。
価格はなんと、、1500円ちょい。。
通常だと、1800円程度で購入できるそうですが、安すぎる。

梱包は最小限。まずこの点が素晴らしいですね。
JSHiFiさんは、こういう所をコストカットして低価格を実現しているそうです。
世の中SDGsを推奨しているのに、過重梱包がまだまだ多すぎだよなぁ。
早速、intime雅をリケーブルしました。
外観は結構合ってるんじゃないかなと思います。
ケーブルが太くていいね。ただ、若干硬いかな。しゃーないけど。
N3Proに繋いで聴いてみました。
おお、ボーカルが前に出てきてる。
ちゃんとそれぞれの楽器が鳴っている。
高音も滑らかになったように感じます。
低音は、丁寧に鳴っている感じ。
ただ、中音域が雑に聴こえるかなぁ。
音源がそもそもクリップしてる可能性が高いのが多いもんなぁ。
ハイレゾでもaiko、宇多田ヒカルとかは大丈夫だけど...
まぁ、要するに”ニセレゾ”があるってことですね。
intime雅には元々、φ3.5mmのM奏を使用していました。これも流石intimeと思わせる音質で(ケーブル単品で約6500円)、M奏の方が中音域を丁寧に鳴らしていた感じします。
しかし、相性が悪いということではないし、左右分離をしっかりと感じれますので、1500円という価格でも十分な音質だということを実感させられました。
今回は、2000円以下のリケーブルを購入しましたが、もう少し価格が上のリケーブルもあるようなので(2倍くらい)機会があれば、手を出すのもアリかなと思いました。

2.PALOVUE ポータブル ヘッドホンアンプ 「AMPSTAR」(lightning - 3.5mm)
Amazon.co.jp: PALOVUE ポータブル ヘッドホンアンプ Hi-Fi ミニ ポタアン MFi 認証済 Lightning 端子 to 3.5cmジャック iPhone iPad iPod対応 A2M デュアルコアアンプ MCU DSP DAC ADC ライトニング オーディオアダプター PA1 Ampstar ブラック : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、PALOVUE ポータブル ヘッドホンアンプ Hi-Fi ミニ ポタアン MFi 認証済 Lightning 端子 to 3.5cmジャック iPhone iPad iPod対応 A2M デュアルコアアンプ MCU DSP DAC ADC ライトニング オーディオアダプター PA1 Ampstar ブラックを 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
www.amazon.co.jp
外出時、FiiOのM3Kでハイレゾ、iPod touchでSpotifyと音楽を聴いているのですが、iPodにイヤホン直差しが若干嫌なんですよね。
オーディオ好きの方だったら、同感してくれるかと思います。
そもそも、スマホにイヤホン直差しで聴くなんてあまりしたことがないです。
僕はSpotifyを高音質で聴くための手段に戸惑っていて、AndroidのDAPは結構高いし、安いAndroidウォークマンは電池持ち最悪らしいし。
それならば、ワイヤレスにすればとなると、またイヤホン自体も選び直すようになるし。
と考え、自分は数年前に買ったiPod touchで聴くしかないかぁとなったわけです。
iPod touchで聞いているうちにやはり音質の悪さを感じるようになってきて、丁度セールしていたLightningのアンプを購入しました。
こちらも、通常価格は約9500円なのですが、セール価格の7500円程度で購入できました。

PALOVUEはアメリカ・カルフォルニアの新興?オーディオメーカーらしく、このアンプは結構売り切れているようです。
もちろん、MFi認証済。
D/AはCirrusLogicのアンプを搭載しているようです。
iPod touchに接続してみました。

それほど邪魔にならない程度の大きさ。
逆に、この大きさのアンプで音良くなるんかな?と疑う感じです。
実際に聴いてみました。

イヤホンは、これもまたintimeの碧2です。
iPod直差しより断然音圧が上がりました。
また、音域も広くなったように感じます。
ただ、音源もSpotifyということもあってか、めちゃくちゃ音質向上したという感じではないかも。
iPod直差しよりはマシかな、という程度です。
言ってしまえば、イヤホンの相性かもと考えられます。
とりあえず、音質は若干改善したので良かったです。まぁ、外出時に聴くのに十分かな。
9500円の価値は、結構意見が分かれそう。
まぁ、安く買えたんで良かったですけどね。

今回は、リケーブルとLightningアンプをセールで買いましたが、なかなか良い買い物でした。
ただ、低価格のやつ買っちゃうと、もっと上のランク…とか言って沼にハマっちゃうんですよね。
オーディオ沼は怖い。。

明日からのGWにじっくり楽しみます。。
またまた三又又三でw〜

↑このページのトップへ