_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3506.JPG
そう。脂肪というのは
必要以上に自分を飾る存在。

太りやすい体質の人は
落ち込む必要がないのです。

あなたの身体はすでに
「充分、色んなものを私は持っている」と確信し、
それを分かりやすく表現している。

あなたが気づいていないだけで
あなたはすでに"持っている"のだ。

そこに気づかず、
あれもない。(パクっ)ほっ。
これもない。(ボリボリ)ほっ。
まだ足りない。(むしゃむしゃ)ふぅ。
まだ私はダメだ。(もぐもぐ)はぁ。
なんで私だけ。(ガツガツ)あぁ。


そして、身につけたのは
アクセサリーという名の「脂肪」。


装飾しなくて、いいのよ。
飾らなくても、十分魅力的なの。


最近私は
痩せたい箇所の脂肪に向かって

「これまで私の"無い"の代わりをしてくれて
ありがとう!もう充分有るから、大丈夫だよ!」
と心の中で話し掛け、

その部分をなでなでしています。

中山きんにくんのソフトバージョンです。笑

だって、長年私の"無い"を支えてきたのだから

そしたら、みるみる脂肪が消えてきています!!

「もうこのムチムチやだ!!」と言ってた時は
全然痩せなかったのに、本当不思議です。

でね、思ったんです。

先日、男性何人かに
「もう少し、ここを細くして〜、ここを締めたいの!」
という話をしたら

なんと皆、口を揃えて
「もう充分だと思うよ。もう痩せなくていいよ」
と言うのです。

いや、男子よ、いつも私に甘いだろ!
と思ったのけど、

よく考えたら、
「そうだよ、甘くていいんだよ」って思った。

昔から
「私の周りの人はみんな私に優しい」精神で
生きてきてるんだから。笑

そう。男性は女性が思っているより
細さよりも「女性らしい身体」が好きらしい。

だから、一粒ダイヤのネックレスくらいに
ワンポイト"ムチっ"とは
目を引くのかもしれない。笑

ジャラジャラ、ネックレスとは
もうサヨナラ。

これからは、小さな
一粒ダイヤのネックレスをつけて
シンプルに生きるよ。


GW、ぞくぞくと1dayコンサルの依頼
入っています。
まだ数枠、空きあります!

【ダイエットコンサル】
※ダイエット目的以外の人もおススメです。
「夏までに綺麗な私になる」
1day集中講座のお申込みはこちらから↓

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3503.JPG
昨年の夏の写真。
写真からも足が浮腫んでいるのがわかる。
今は殆ど浮腫まなくなりました〜。

・ダイエットしなきゃ!!
・甘いもの控えなきゃ!
・頑張らなきゃ!
・追い込まなきゃ!
・こんなデブじゃだめ!

こんな風に思っている人は
まだダイエットをしない方がいい。

その前にやることがある。

自己否定からのダイエットは
本当におススメ出来ない。

準備運動をしないで全速力で走ることと同じ。

アキレス腱がパーーーンと切れるよ。。

むしろ、自己受容(準備運動)がしっかり出来て
「YOU,今ならノリノリだから
ダイエットしちゃいなよぉ〜」

と某芸能事務所の社長のような感覚になって
初めてダイエットをスタートできる
タイミングなのだ。

だって、
・毎日辛いのとか無理じゃない?
・毎日サラダと豆腐とサラダチキンとか無理じゃない?
・毎日追い込むとかケイスケホンダしか無理じゃない?
・どうせ続かなかったら、また自分を責めるでしょ?

自分をこれ以上、
いじめる必要なんてないの。

しっかり、自分と向き合って
これでもかと自分を受け入れて、許して
心から自分に優しくして
好きなことさせてあげる。


そしたら、自然と食べ過ぎなんてなくなるのよ。
筋トレも、なーんにも苦しく感じないのよ。
イライラもしなくなるのよ。
自然と身体が締まってくる(本来の自分の姿)の。

それくらい、自己分析って大事。

ダイエットだけじゃなく
自己分析がしっかりできれば
何だって取り組める。何だって習慣化できる。
やりたいことが明確化する。

もう自己否定はやめなさい。
※謙遜や遠慮も自己否定の内よ。


自己分析は、一人で出来る人は
実はそんなにいないので、
是非、一度受けてみてね。
人生、変わるよ。
↓↓
【ダイエットコンサル】
※ダイエット目的以外の人もおススメです。
「夏までに綺麗な私になる」
1day集中講座のお申込みはこちらから↓



_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3507.JPG
なりたい未来がある時、
本当に未来じゃないと出来ないことなのかを
考えてみる。

例えば、
ダイエットをしたい人に
「痩せてどうなりたいの?」と質問する。

「痩せたらスカートを履いて脚を魅せたい」
と言う。

この場合、
・痩せて脚を出したい
・スカートを履きたい
の二つの「叶えたい」がある。

でも、
本当に未来にならないと叶わないことなのか?

スカートを履くことは
別に痩せてなくてもできる。
脚が細くなるまで待たずとも。

私はまずここで、
明日からスカートを家で履き
掃除でも家事でもしてみてもらう。

次に、近くのコンビニに行き、
人にスカートを履く姿を見せる。

恥ずかしいかもしれないが、
コンビニのお兄さんにどう思われてもいいだろう

あなたが本当に魅せたい人は
きっと別にいるはずなのだから。

今、この時点でスカートを履くことを
叶えれば、残りは"痩せる"こと1つ。

今、
実際にスカートを履いてる自分の脚を見れば
あとどのくらい痩せたいのか
具体的に見えてくる。

具体的にどれくらいになりたいのかが
ハッキリしていないと
方向性が分からず、人は動けない。

「SサイズのパンツとタイトなSサイズのTシャツを今年の8月に着れるようになっていて、
そのスタイルで、渋谷を颯爽と楽しそうに
彼と歩き、自信が持てたのでSNSにも載せる」

これくらい具体的であれば、
じゃあ、「今」どうすればいいのか分かりやすい。


パンツとTシャツだから、
・足のトレーニングを強化。頻度は週3日
・腕と背中も鍛える。頻度は週4日

・まず今の時点で入るパンツとTシャツを着て
ゴール(理想)までの距離を具体的にする
・人に見られることを意識することを利用して、今からSNSを始める
・渋谷を颯爽と楽しそうに歩くのは、今でも出来るので、実際に痩せた姿をイメージしながら歩いてみる

ここまで具体的に考えている人と
「いつか痩せたいなぁ〜、、、」と
ざっくり考えてる人、どちらが未来に近いかって
それはもう一目瞭然。

"いつか痩せたい"と"あぁ痩せたいなぁ"と
言っている人が
実際に痩せた所を私は見たことない。

「痩せてどうする?」をいかに明確にするか。

明確にしても、ワクワクしないのであれば
ダイエットのタイミングでは
ないのかもしれない。

何となく周りに
影響されてるだけなのかもしれない。
そんな時は他に自分の満たし方があるはず。

あなたは半年後(今年の9月)、どうなりたい?
今と全く同じ生活?
どんな服を着てる?
どんな表情でいる?
誰と居る?
何をしてる自分だったら「わぁ!最高すぎ!」って
言ってそう?


未来は自分から引き寄せて行こう!



今年の夏こそ、なりたい私になりたい人は是非↓






↑このページのトップへ