マナーという言葉がありますが、人によって解釈が違うことが多く、結局は単なるケンカの種になったり誰かをバカにするきっかけになったり、なかなか難しいものです。私の解釈では物事の本質を理解することがマナーだと思うんです。挨拶をすることもマナーですが、そこに形式を持ち込んだら逸脱だと考えます。挨拶の本質は相対する人を無視しないことであり、そこで発する言葉はよほど変なものでなければなんだって構わない、上司に対してちぃーっす!なんてのは少々変ですが、何も言わないよりはマシか、なんてあれこれ考えるのはちょっと面白くもありますね。ただきちんと挨拶することにこだわる人うるさい人は私は苦手です。
私が若い頃働いていたある書店では営業時間が長いので、勤務時間が午後スタートの社員でも出勤時はおはようございますと挨拶するというルールがありました。特定の言葉で挨拶をするというルールは変、会社として挨拶をルール化したらダメになると思います。挨拶は所詮はマナーであり、会社が挨拶や挨拶語すらをルール化したら社員は何も考えなくなり会社の言う通りにしか動かなくなります。ひいては会社の命令ならどんな悪事も遂行する犯罪者になります。それは極端な例ですが、会社の不祥事は社員が何も考えず会社の命令に従った結果、結末であるというケースも多いはずです。
マナーについて今回書きたいと思ったのは、先日ある公立病院から弊社商品を購入したいと見積依頼のメールが来た件によります。弊社の商品は一点あたりの単価が安く、その商品は一部45円(税別)なのですが、35部で見積をって、それ送料込みでも2000円足らずなんですけど…。私の考えるマナー違反はこのケースです。この見積依頼をしてきた人は病院の一職員として日々上司の指示をきちんと守って仕事をしているんだと思いますが、2000円の買い物でいちいち事前の見積を求められたら私の仕事時間はいくらあっても足りない、それを想像できませんか?他の病院はこんな見積依頼しないのはなぜでしょう?と私は見積を添付しつつも不満を返信しました(加えてここの病院は過去に何度か事前見積なく弊社商品を購入している)。その人曰く、今回は財源が違う(おそらく補助金の類)ので見積が必要なんですとのこと、私が管理職なら2000円の出費で補助金など申請しませんし(事務手続きが面倒ですし)、管理職ならポケットマネーで買う金額ですし(だから給料が部下より高いんですよ)、補助金を出す側だっておそらく勘弁してよと思ってるはずです。
しかしながら、世間で働く人の大多数は権限なきサラリーマンですから、日々上司から怒られたりせず淡々と終わればいい、簡単な仕事で時間が潰せればいいと思っている人も少なくないのが現実、でもせめてマナーは守りましょう…マナーとはしおらしく丁寧な言葉使いをして恭(うやうや)しく挨拶をきちんとしていればいいということではなく、仕事にあっては他者に時間を使わせないように気を使うことではないかなぁ…と思いますが今回の私の話は反感を覚える人もいるでしょうね。ルールに則(のっとっ)て補助金を申請して何が悪いの?こっちは注文してるんだよ?という方は私とは一生分かり合えない、仲良くはなれないでしょう。そういう人は(回転していない)寿司屋で好きだからと同じネタを何回も頼んだりするタイプの人では?…なんて、まあ今回はこのへんでやめときましょう。