下関市に彦島という本州とは至近距離ゆえ昭和12年に人工的に繋げられた島があり、その島の公設海水浴場の横の沖に向かって突き出ている堤防に先日釣りに行きました。今回で3回目なんですが、その突堤の付け根部分に「老朽化のため立ち入りお控えください」との看板がありました。前回10月に来たときはなかったので最近付けられたと思われるのですが、そこは散歩に来る地元の人もポツポツいて、皆さんいぶかしがりつつも引返していきます。私たち夫婦は簡単に跨げるロープを越えて釣りをしましたが、いささかの居心地の悪さは否めませんでした、と書きつつも気にしませんでしたが。私は行政の仕事というものは、こういった施設を税金で作った以上、維持するべき、立ち入り禁止というルールを決めたならもう少し説明を加えるべきだと思います。…私の見立てでは欄干が錆びて腐食していることが原因ではないかと思いましたが、これだけ大きな2004年開設の施設がたったの17年で使えなくなるなんて納税者としては納得がいきません。昨日、下関市のHPから老朽化の具体的箇所と今後の予定を質問しておきましたが、さて回答があるでしょうか。私は北九州市民なので無視されるかもしれませんが、私は行政の事なかれ主義は許せないタチでして…これから冬のオフシーズンに修繕工事が行われるはずと私は信じています。彦島を本州と繋げた頃の行政の意欲に負けてはいけません。私は閉鎖してしまえば事故は起きないと考えるような人が行政職に就いてはいけないと思うんですが、最近の世の中はなかなかどうして、そんな行政におあつらえ向きの、ルールは守るのが当然と思考を停止する人も多く、それはどうかなと思うところです。
さて、オミクロン株ですよ。あの尾身氏の名前が含まれている面白さはさておき、岸田首相はここぞとばかりに勇ましく全世界からの入国禁止を発表しましたが、でも日本人なら1日3500人の入国を認めるとか、そこが中途半端ではありませんか。なぜ外人はダメで日本人ならOKなのか、結局は島国根性の排外主義、外人はなんとなく信頼できないという意識が日本人にはありますよね、アナタも私も。でも日本人だけがウイルスを持ち込まないなんて理屈はない訳で、本気で本当にオミクロン株をシャットアウトしたいなら何人たりとも入国させなければいいのに、それをしないのはやっぱりどこかポーズなんですよね。ところで私はコロナの深刻度合いについては未だに懐疑的です。本当にコロナってこんなにも警戒しなくてはならない病気なのか、常に疑問を感じています。なぜなら感染予防対策がどこか非科学的だからです。飲み会が4人までならOKで5人以上はNG、旅行での来日はNGで仕事ならOKなんて、そんな訳ないでしょう。そもそもそんなに恐ろしい感染症ならみんなが自発的に対策をするはずなのに、言われるからやる、ルールが決められたから従う、お金もらえるから店を閉める、そんな感じではありませんか…。
コロナを広めないためという名目で、色んな組織が勝手に定めたルールで色んな人が立場を危うくし非難されました。ゴルフの石川遼氏、相撲の朝乃山関などなど…私はそのコロナ対策ルールの妥当性を問うべきだと常に考えています。彦島の突堤の立ち入り禁止もそう、民主主義とはルールを粛々と守ることではなく、ルールがおかしいと感じたらおかしいと声をあげられることだと思うんです。