新しい首相となる自民党総裁は岸田文雄氏に決まりました。私の実家は広島市西区で選挙区は広島2区、岸田氏は広島市の中心地の広島1区で1996年からずっと当選している衆議院議員です。来月の衆議院選挙の広島1区はこれでおそらく前回選挙と同様に対抗馬は共産党のみとなるはず、投票率は一体何%くらいに下がるんでしょうか。そこはちょっと興味深いですね。自民党は衆議院選挙が無投票にならないようなんとか候補者を立ててくる共産党には感謝した方が良いですね。選挙に勝ったという形をもらえますし。
前回ここで私は岸田氏について三世議員のおぼっちゃまで何も出来ないでしょうと書きましたが、それでも広島の衆議院議員ですから、今回立候補した4人の中で支持するとしたら岸田氏です。首相となるにあたって、岸田氏は自己紹介する機会も増えると思いますが、私はあまり広島カープとお好み焼きが好き、みたいな典型的広島人をアピールしないでほしいです(本人は東京出身ですしね)。まあ、もうしちゃってるんですけど、それってなんかベタ過ぎてつまらないのと、広島という町を薄っぺらく感じさせるんですよね。…岸田氏には首相として働くにあたっては広島への利益誘導なんて全く考えず頑張ってほしいです。世界に向けて核爆弾についてどういう態度をとるのか、私含め広島市民はそこに注目していると思います。そこが歴代首相と変わらないならガッカリですよ。自民党の改革とかそんなのは岸田氏には多分無理ですし、期待されてないでしょう。
ところで、岸田氏はお見合いで結婚しているとのことです。奥様の裕子氏は広島県三次(みよし)市生まれで、東京女子大卒業後は広島で一番の大企業マツダで役員秘書をしていたそうです。…この経歴は首相夫人として広島人の心をつかみやすい、つかみはOKってヤツですよ。三世議員の岸田文雄氏が岸田家で大事に育てられたことがうかがえます。家柄というものがある家に生まれたら、多少の人権軽視というか、人権非尊重は仕方ないですよね。おかしな恋に落ちて変な人と結婚するとか言い出さないように、周りの大人たちがきちんとしているお見合い相手を見極め探してくる、非合理的なようですが個人より家柄が大事だからこそ息子や娘にきちんとした相手をあてがう、そしてきちんとしている相手に釣り合うよう我が子もきちんと育てる、結果的に悪いようにはならない、それは岸田夫妻が証明しています。私はそこにある種合理性を見出しますが、あなたはいかが考えますでしょうか。
…人権非尊重の象徴的存在といえば日本の皇室ですが、眞子様が変な人と結婚します。私は秋篠宮夫妻と宮内庁職員は眞子様を大事に育てなかったんだと思います。天皇家に育ちながら眞子様は30歳までの結婚にこだわったそうです。私は何歳までに結婚したいというならお見合いすれば良かったのにと思うのと、皇室が自由な子育てと恋愛をよしとするなら、衰退の道を行くと思います。…私含めて一般庶民の皆さま、家柄など無い育ちで良かったですね!お金持ちは大変!ですよね。でも日本がいま衰退しているとしたら、それは私たちが自由に生きているせいかもしれないとぼんやり思います。