流行に敏感な方からすると信じられないかもしれませんが、私のスマホはアイフォン5です。本体が小さくてズボンのポケットにも収まります。今月で丸7年使ったことになります。凄いでしょう。…何だかんだ言って、私はあまりスマホをいじりませんので動けばいいんですけど、電池は少々ヘタってきています。スマホケースは某100円ショップで奇跡的に売っていたので嬉しかったです。でも先日アイフォン13の販売が発表されましたが(←これでまた私のスマホの骨董品化が進みましたね)12に続きミニがあるようですし、ほら、小さいのも欲しいんでしょう?ついでに言うとあんまり出かけないせいか、私は毎月1ギガも使ってないようです。会社でも家でもワイファイありますしね。ユーチューブなどの動画とかもスマホでは見ないし、ゲームもやらないので今のアイフォン5が使えるうちはこれでいいかと思っています。
そんな私がやらないスマホのゲームで、何かゲームキャラクターを当てるためのクジ引きを、最近のゲーム用語でガチャって言いますよね。昔私が子供のころ20円入れてハンドルを回すとスーパーカーやウルトラマンの怪獣の消しゴムが入ったカプセルが出てくるアレ、ガチャガチャって言ってましたが、それに比べたらお金がかかるのといい歳した大人もやっているようですね。スマホでしか見られないキャラクターにお金を払うなんて私にはちょっと理解しづらい世界です。…子供のころの苦い思い出ですが、私が集めていた怪獣消しゴム、ある友人が家に遊びに来たら何個か無くなりました。私は自分の怪獣消しゴムたちで相撲やって番付つくって遊んだりしてましたから、たとえ数個でも無くなればわかるんですよね。人のものをくすねるガキ、ロクな大人になってないことでしょう…。
さて皆さん、親ガチャという言葉をご存知でしょうか。物心ついた生意気盛りの小中学生が使うスラング(俗語)として、最近ネット上で話題のようです。私はアイフォン5ユーザーですが新しい言葉には敏感でありたいと思っています。…子供は親を選べないという理屈からの言葉ですが、さて自分にとって親はガチャとして考えるとアタリかハズレか、なかなか下品な発想ではありますが、でも物心つけば人間誰しも感じることですから、目くじら立てるもんでもないと私は思います。世の中は綺麗キレイだけではありません…子供にとってアタリの親ってどんなものか、ハズレの親ってどんなものか、あなたはどう考えますか?経済的に余裕がある親がアタリなのか、貧乏はハズレなのか、否、子供にとってアタリの親はお金持っているかどうかは関係ないと私は断言します。もちろん貧乏が良いというのではなく、関係がないということです。…では何か?というと私は自分の考えるアタリはあえてここに書きません。それを考えてもわからないという人は、それこそ子供から見てハズレガチャの人間の恐れありかもしれません。ただ、子供にとってアタリ親になろうとして結局ハズレ親になってしまった、何も考えずともアタリ親になることもある、よくわかんないのが現実、なぜなら人間だもの(←とうに流行は終わった相田みつをの名言)。私たちは怪獣消しゴムではありませんからね。