私は高校生まで、厳密には大学入学前の1年間の浪人生だった頃までを広島市で過ごしました。小学生のときはよく平和学習、主に原爆についてのことを学校で教わりました。夏休み中の8月6日は登校日でした。とはいえ新興住宅地の新設小学校だったので、市内の他の小学校に比べたらそういった平和学習はやや控えめだったのかなと思います。古くからの町の学校だったら実際の被爆者の話を聞くことがあったりしていたと思いますが、私の学校は本読んで感想文書くくらいでした。残念ながらはだしのゲンという漫画が一番印象に残ってますね。でも綺麗ごとばかりを描いてはいないはだしのゲンは一読の価値はあると思います。
北九州市小倉に移り住み始めて3回目の夏ですが、北九州はちょうど広島と長崎の中間にあります。長崎への原爆投下前には小倉が標的だったけれど8月9日当日視界が悪かったので予定変更したという逸話もありますが、それはさておき、九州に属する北九州にいますと、原爆記念日の報道は広島より長崎に重きを置いているのを感じます。思えば、広島での平和学習も長崎のことってやらないんですよね。広島で育った人は広島への原爆投下時刻が8時15分であることは知っていますが、長崎が何時何分かと問われたら案外わからないと思います。私はこのたびわかりませんでした(11時2分です)。東京の人などはその時刻って知っているものなんでしょうか。
日本では8月になると戦争反対、原爆反対とあたかも蝉が鳴き始めるかのようにマスコミは報道をしますが、私たち一般の国民は戦争を始めたりはしません。いつも戦争に前向きなのは国家であり政府であるのは明らか、平和学習は政治家こそが1年中毎月毎週やるべきです。先日のオリンピックの余韻がまだ残る9日の晩、NHKスペシャルを何人の政治家が見たでしょうか。広島と長崎への原爆投下後、アメリカは残留放射線をせっせと秘密裏に測定していたらしいのですが、あまりの原爆の悪い威力、悪影響が明らかになり、国際的な非難を受けそうになると最終的に軍隊の幹部が出した答えは、放射線は残っていないという嘘八百です。長崎市の西山地区という集落は原爆の直接被害は無かったのに、その後のいわゆる黒い雨を浴び、実際に住民は体調を崩したり亡くなったりした、そしてアメリカの調査隊は放射線量が高いこと(地形的に放射線が溜まりやすかった)を把握した、しかしながらアメリカは住民に避難を呼びかけるのではなく、観察を続け人体への影響を注目していた…。そして日本政府もそれを知りながら公表すればパニックが起こるからという訳の分からない理由で事実や因果関係を認めなかった、つまりはアメリカの原爆は悪い武器ではないという主張に同調したということです。政治家というものは都合の悪い事実は隠す、私はこの点において戦争を反対すべきものとして扱うのが正しいと思います。政治家が始めた戦争で被害を受けるのはいつも国民ですが、政治家は責任をなんやかんや言って逃れます。昨年の4月、奇しくも当時の首相安倍氏はコロナは第三次世界大戦であると言いました。世界の政治家たちは責任からどうやって逃れるかばかりを考えてなければ良いのですが、コロナを戦争とか思っているんなら国からのコロナ情報も眉唾ものかもしれませんね。今年のお盆休みもみなさんお元気で!