LINEブログという場?でこのブログを書いていますが、日本はLINEに翻弄されています。LINEという単語を何回も使うのも煩わしいので、以下Lと略します。
このLは韓国の会社が作ったツールですが、ここ10年くらいであっという間に浸透しましたよね。メールに比べて使い勝手が良いですから当然です。奥さんとのやりとりに「タイトル」なんていらねーってみんな思ってたはずです。写真撮ってすぐ送れたりするのも面白いですね。それが子供たちの間でイジメに使われる?…イジメとかそんなものは道具により発生することではない、みんなわかってるクセにすぐイジメ防止にはLを禁止しようとか言うんですよね。…そんなLですが、私たちの日々のやりとりはLの中国の子会社により保存され、彼らに閲覧されているかもしれないらしいですよ。そのことで日本のマスコミはひとしきり騒ぎましたが、各自治体が届出などにLをさまざま活用していたのもいったん止める流れになりそうです。でもこの日々溜まり続ける膨大なデータを眺めているヒマな中国人もいなさそうですけどね。セキュリティとはそんな油断が禁物なんでしょうが。…最近PCやスマホのメールにあなたのアカウントはロックされますとかお金あげますとか変なメールが来るのは私の情報も漏れてるからなんでしょうが、日本語が変だしお金いらないし(!)騙されるはずもありません。ところでウイルスソフトって働いてるんでしょうか。
Lに限らず、パソコンやスマホに入れた情報は誰かに見られる、漏れるというのは仕方ないものです。なぜならパソコンやスマホは人間が作ったものですからね。私のブログをもし中国や韓国の人がこっそり読んでいるとしたらむしろ嬉しいですよ。シェイシェイ、アニョハセヨ。…つまりスマホなんぞに見られて読まれてまずい情報は入れてはいけません。私もネット通販で買物することはありますが、怪しげなサイトで買わなきゃ良い話です。怪しさを判断できないならスマホをいじるのをやめるべき、私は現代の、とくに高齢者はネット通販はやめた方が良いと思います。やるなら騙されても文句を言わず諦めてください、残念ながらこれが今の世の中です。
少し前、東京五輪の開閉会式プロデュースのチームが、佐々木氏というCM界では重鎮の人がおかしな案を出してきた、その際のLがこれ、オリンピッグですって!ひどい!これはマズイ、佐々木氏は辞任…という話がありました(詳細は週刊文春で…)。日本では五輪に関わるチームもLを日常的に使っているということ(プランはダダ漏れだ!)、そして情報は中国や韓国の人が盗み見するまでもなく内部の人間が漏らすということ、これが現実です。パソコンやスマホまみれの現代において私たちは、清く正しく美しく生きるしかありません(←世の中が平和になったりして)。それが嫌ならスマホをいじるのはやめるしかない…。私はLの使用に躊躇しない、なぜなら後ろめたいことはしませんし情報漏れたって騙されない自信もありますから。大体Lなんて韓国のツールだし危なくて使えないよ!という意見もありますが(←それこそ差別では?)、アメリカやロシアなら構わない?国産のツールが広まらないのはなぜ?などなど問題は尽きませんが、結局大多数の日本人はLを使い続ける、良くも悪くも日本人的であり皆さん平和に生きているということですよね。