パソコンやスマホが世に普及して、人々の行動を変えたことの一つに、わからないことをそれらですぐ検索するということがあります。たとえば何人かで話をしていて、昔のテレビの話になり、あのときのあの俳優って誰だったっけ、そしてあの人の息子がいまの誰それだよね確か、とかいうことを昔ならいいかげんな記憶を頼りにいいかげんな結論にたどり着いたりしてましたが、今は手元のスマホで検索すればバッチリスッキリ、私たち夫婦が最近心がけているというか、半分は面白がってやっているんですが、なるべく色んな物事に疑問を持って、そのことはパソコンやスマホで検索して解決しようと思っています。
そんな私たち夫婦が最近疑問に思って検索したこと、朝トーストにハチミツを塗っていたら、容器に1歳未満の乳児には与えてはいけないと書いてあるのが目にとまりました。ハチミツはなぜ赤ちゃんに与えてはいけないか、このことは何年か前に乳児の死亡事故があった際に私も初めて知ったんですが(ホントに知りませんでした)、改めてなんでダメだったかな、ああボツリヌス菌がいるかもしれなく、赤ちゃんはその菌にやられてしまうって訳か…でも国内の死亡事故例はどうやら過去に2例のみ、つまりはかなり不運が重なったケースのようですね。これだけハチミツが売られていて、これだけ人間が生まれ、これだけ子育てがいいかげんな世の中なのに2例のみ、いえ、世のお母さん(に限定してはいけませんね、時代的に。お父さんもね)たちがみんなしっかりしてると思いたいですが、たまたまハチミツのボツリヌス菌が悪さしなかったか菌がいなかっただけで案外知らずにハチミツを食べさせてしまってることもありそうと考えるのが妥当でしょう。赤ちゃんにはダメ、とただ知るだけでもいいですが、なぜなんだろうとかそれを疑ってみたり、人間は考えることも大事ですね。
昔ならわざわざ図書館に行ったり、辞書や百科事典をめくって調べなくてはならなかったことが、今は手元のスマホでいつ何時調べられる、考えてみれば良い時代です。図書館に行って調べるのもなんだか知的風ではありますが、調べる内容によってはただのヒマ人と見られるかもしれません。…ただもちろん、スマホで出てくる情報も、個人が書いているブログによるものなんかは大いに眉唾物ですので、その辺もやはり何を調べるかによりますね。まあ私は出版社の人間の端くれとして、ここに書くことの内容は正確であることを第一に心がけていますけどね。
そんな私のブログ、2月8日に書いた内容に修正、補足があります。まず、選挙広報ではなく選挙公報です。いつもまず妻(社長)に校正を兼ねてすぐ読んでもらうのですが、変換ミス、というか私の頭の中では広報と思っていたかもしれません。そして、(私が投票した)無所属で立候補しトップ当選した彼、なんと当選後自民党入りしました。自民党がダメとは言いませんが、彼曰く支援者には事前にその旨説明していたとか、いやあそれこそ選挙公報にきちんと書いてほしいですよね。世の中には検索してもわからないことも少なくないとは思いますが、彼はその思惑を隠すのが上手すぎ、私も一杯食わされました。いま、ネットでは彼の名を検索すれば批判の声が多く拾えますが…。