広島県ではなく私の実家のある広島市だけになぜか緊急事態宣言を出すか出さないかという話がありました。広島県全体では緊急事態宣言を出す基準値を満たしていないという理由らしいのですが、だったら例えば千葉県の房総半島の南の方とか埼玉県の秩父あたりとか、京都府や兵庫県の日本海側あたりや、福岡県の大分県や熊本県に隣接するあたりなどは緊急事態宣言外としてはどうかと思いますが、誰もそんなの本気で考えていないでしょうから、まあいいんですけどね。元広島市民としては唐突で疑問に思いました。
その広島県に、広島市に360度ぐるっと囲まれた府中町という町があります(県東部には家具で有名な府中市もあります)。広島市に緊急事態宣言を出すなら地理的にこの町も緊急事態宣言下に置かないとおかしな話ですが、菅首相や西村大臣は府中町の形をおそらくご存知ないと思われます。クルマのメーカー、マツダの本社があり、日本一人口が多い(5万人)町です。また広島市民が大挙して訪れる巨大なイオンモールもあります。広島市に囲まれていながら頑として合併を拒んできた、なぜならマツダがあり税収が豊かだから、という歴史もある府中町です。私が小学生の頃広島市は政令指定都市に昇格、移行したのですが、当時広島市は人口が100万人に満たず、その府中町を吸収合併したいのは当然ながらやはり話はまとまらず、ならばと標的にしたのは広島市西隣の五日市町、面白いものでこの町が当時日本一人口が多い町で、10万人近くの町民が住む広島市のベッドタウンでした。そして当時の五日市町議会は合併賛成派と反対派で激しく対立、議会でなぜか発煙筒が焚かれたりして、滅茶苦茶な様相を経つつ結局は広島市と合併しました(現在広島市佐伯区です)。めでたく100万人都市に悲願の仲間入りを果たした広島市、その市民だった私たち家族ですが、生活は当然何も変わりませんでした。市民が毎日普通に働いて給料を得て、高い税金や社会保険料を払っているのに、議員の方々は発煙筒を焚いていれば報酬が得られるなんて馬鹿げた話です。
…私たち国民は数字ではありませんし、町の良さは人口によるものではありません。自然災害や事故、今ならコロナで何人が亡くなったということが報じられますが、その際に1000人なら大変だ!1人ならああ良かった、とは言えません。一度に1000人亡くなることは衝撃的ではありますが、1人亡くなることより1000倍重大なわけではなく、誰だって亡くなったら悲しい、寂しいのは間違いありません。大事なことは数字の大小ではないということは忘れずにいたいと私は思いますが、政治家や役人の皆さん、大きくて切りの良い数字、例えば東京でコロナ感染者が1日1000人を超えたとかどうかとか、そんな数字にこだわりとらわれ過ぎです。
ましてや、感染症対策において日本のちまちました行政区分を基準にするのはあまりにも無意味です(海外から見られる数字は日本全体の数字だけです)。日本の知事や役人の皆さんの意向、興味関心は自分の属する都道府県に税金が取れる人間を増やしたい、でもコロナ感染者は排除したいという、その程度なのがみえみえ、広島市長に府中町でコロナ患者が増えたら広島市の病院で引き受けるかどうか尋ねてみたいところです。