営業部長日誌と名付けて、私は弊社HP内にこのブログを書いていますが、書く頻度は月に3、4回なので実際は日誌ではなく、看板に偽りあり…だからって特に不都合不具合があるわけでなし、そのまま今回も書いています。
このタイトル・看板といったものは世の中でどのくらい忠実なものなのかと考えると、まず今なら各地の緊急事態宣言というタイトルですが、実際は各スポーツの決勝戦が無観客とはいえ実施されたり、大相撲が始まったり、あんまり緊急事態っぽくありません。そろそろ入試も実施されますし…交通機関や物流、ゴミの収集を止めるくらいの状態が緊急事態だと私は思います。もしも1日のコロナ感染症数が10万人、あるいは新規重症者が1万人を超えたらもう病院も受け入れ不能でしょうから、私も警戒しようと思います。その新規重症者1万人というペースでも、日本人全員が重症者になるには1万2千日、つまり32年かかります。重症化しないのならそれは風邪の一種、無症状なら風邪ですらない、私はあくまでも重症化と確率を重視しますが、そう考えると案外気楽に思えませんか?実際の今の1日の新規感染者数は5千から7千人、新規重症者数は多い日で1日30人程度ですから、このペースなら日本人全員が重症者になるには32年の330倍、10560年かかりますが、さて本当にいま緊急事態なのでしょうか?
まあ、それでも私は現代社会の中で生きていかなければなりませんから、外出時にマスクは必ずしますし、旅行も会食も控える、自分は無症状の感染者であり、他人に移してしまうかもという危機感を持ち、コロナ罹患を避けねばというごく常識的なマトモな日本人の振る舞いをします。でも内心はコロナが怖いなんて思ってませんから、これこそが私という人間のタイトルを偽っている真っ最中ですね。悔しいけど仕方ないです。
しかしながら、食事に無頓着で太っているしタバコも吸うし高血圧、脂質異常、高血糖etcの状態…という40代以上の方はコロナに感染した際の危険度は高いかもしれません。私は外食をしてはいけないとされる今こそ(みなさんヒマですよね)、きちんとした食事をし体調を整えるべきではないか、人間が生活を見直すチャンスではないかと思います。医療を崩壊させてはいけないと本気で思うなら、コロナ以外の病気やケガもしないようにしなくてはいけませんよね。コロナで日本中の医療機関が頼れないのなら、私は健康体であることを心がけます。自分が健康なら医療機関が崩壊しcloseの看板を出していても生きていけます。
先日の8日、夜10時からの報道ステーションに菅首相が出演するというので見ていたら、生放送のニュース番組なのに収録による出演でした。生放送ではない報道番組とは看板を偽ること甚だしいですよね。生放送でなければ、あ、この発言はまずいか、いまの無しでやり直し、なんてことができますから、聞く側の国民の緊張感もなくなるんですよ。コロナ対応については私は菅首相一人に多くを求めるのは気の毒とも思いますが、せめて生放送で素直に率直に自分の言葉で物を言わないと、一国の首相の看板が泣いている、あなたは本当に首相なのかと国民は本気度を疑っています。…菅首相は本音では私と同様にコロナを怖いと感じていないのかもしれないですが、コロナは怖いものという看板を掲げたのも菅首相ですから、どうしたものでしょうね。時が過ぎるのをただ待つしかない、案外これですよ。