出版を生業とする弊社、書籍やパンフレットを作っています。制作物、顧客に納品するのは紙に印刷したものです。そこで一番大事なのは誤植を出さないことです。…残念ながら一度や二度ならず出してしまいました。もしかしたら気づいてない誤植もあるかもしれません。人間である以上、誤植ゼロは不可能だと思いますが、私たち出版社の人間はゼロを目指して日々頑張っています。刷り直すとお金もかかりますしね。ゼロがいいに決まっています。この緊張感こそが紙の良さで、だからこそ正しい文章を書く技術が身につくと思います。一方でインターネット上の記事や皆さんのコメント、変換ミスが多すぎです。投稿前にもう一度読み直してみませんか。
コロナで何かと難しい今年、なぜかPCやスマホに変なメールが来ることが増えましたよね。私もキムタクからメールが来たり、クロームで検索50億番目なので1万ドルだったかもらえる人になったりしました。…日々おかしな文章になっていないかをチェックする私たち出版社の人間なら、メールの文面のおかしさでこれは詐欺の類いだとわかります。こないだ来たメールでは、「放っておくとあなたのアマゾンアカウントは永久にロック。」って、ちょっと笑ってしまいまいましたよ。私は矢沢永吉か、内田裕也か。…時を同じくして、広島に離れて暮らす私の両親から、パソコンから警告の音声メッセージが発せられているんだけどどうしようと電話がありました。マイクロソフトセキュリティアラーム?だとかなんとか、この警告を消すためには急いでこちらへ電話をしないとあなたのクレジットカード情報が漏れますとか、そんなわけないでしょう、電源を切ってしまいなさいと伝えました。高齢者であることが何らかの形で漏れているのは間違いないですが、このパソコンの怪しく危うい馬鹿馬鹿しさ、なんとかなりませんかね。もはや社会的インフラといってもいいのに、この一歩間違えたら大変な目に遭ってしまいそうな雰囲気、例えれば公道を違法改造車が信号無視して走ってるようなもんです。交通ルールと同様に通信ルールを定めてほしいですね。そして高齢者などデジタル音痴な人はパソコンやスマホなんかいじらない方が良い時代かなと私は思います。
菅首相はデジタル庁を新設し、ハンコみたいな古くさいアナログなものはなくす、マイナンバーだケータイ代値下げだと仰ってますが本当に今のままのインターネット環境に色々なことを託せるんでしょうか?ドコモ口座からお金が引き出される事件は結局解決したんでしょうか?昭和47年生まれの私たちベビーブーム世代が年老いて、超高齢化社会がこれからやって来ますが、インターネットで出来るようになることが複雑高度化すればするほど、使い勝手は悪くなり信頼度は低くなっています(ウイルスソフトって本当に役に立ってるんでしょうか)。詐欺被害に遭う中高年の人が増えるのは間違いないです。やっぱり紙にハンコ押したりするのがわかりやすくて良いし、騙されにくいと私は思いますし、世の流れはそっちに戻ると私は考えています。…もちろん印刷物の作成にはパソコンが必要不可欠なんですがね。